FC2ブログ

ECHOES

2015.11.30.Mon.20:54

け身であるMさんだが、状況に飲み込まれることを言い訳にいつもは大胆になれた。だが、そこはやはり聖域に近いものを感じていて、確かに今はOの家族などいるはずもなく、ただの建設現場にしか過ぎないのだが、そこに自分が足を踏み入れることで、卑猥なシミを付けてしまうような、そんな錯覚を覚えていたのだ。それほど多くはないが、Oの子供と戯れたり、妻と話をしたこともある。その記憶がまざまざと甦ってくる。

もっとも、彼女自身、両親のいない自宅や、彼氏である私の部屋で、堂々とOと交わっていたのだから、その辺に躊躇はないはずだったが、なぜかOの家族となると意味が違ってくるらしかった。おそらくはOもそのことをわかっていて、敢えてMさんを誘っているのだ。結局は抗しきれずに、Oに手を引かれるまままだ木の匂いの残る建屋の中に入っていった。

グズグズしていると周囲の家の者に見つかる可能性もあったので、仕方なく小走りに中に入ったのだが、やはりそこは来てはいけないイメージがあった。まだ床材が敷かれておらず、太い梁が並んでいるが、柱はしっかりと部屋を支えていて、壁も一応ははめ込まれてあった。独特の木の匂いが鼻を突く。細かい木くずが足元にうっすらと積もっていて、作業途中の製材された木が隅に積まれてあった。

懐中電灯を点けたOは、Mさんの手を引きながら、部屋を一つずつ案内した。まだ階段はきちんと作られておらず、二階には行けなかったが、キッチンやリビングを一つ一つ見て回った。柱で囲まれただけではMさんには想像がつきにくいが、Oの中ではもう入りの点いた風景として見えているのだろう。ぐるりと一回りして、入ってきた場所に戻ってくると、Oは懐中電灯消して、薄暗がりの中でMさんを見てまたニヤリと笑ったのだった。





オマハ 田村真穂 リベンジポルノオレのオチンチンワールド・ワイド・デビュー







スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

SO INTO YOU

2015.11.29.Sun.10:00

手の将来庭になるであろう広場にクルマを駐めると、やはり足場になっているトラスの間から、広く開かれた間口が見えた。おそらくリビングから庭に直接降りることが出来るようになるのだろう。そこから庭に面してウッドデッキのような作りの片鱗も見えていた。完成すればきっと、南向きのその場所の日当たりは最高になるに違いない。Mさんはそういう家事的な視線で作りかけの家を見上げていた。

Oはエンジンを止めるとクルマを降りた。そこが建築中のOの新居であることはMさんは理解していたが、なぜそこにやってきたのか、目的はまだ飲み込めていなかった。そこを見せて自慢したいだけでないことは、薄々感じていたが、それよりも、そこはOの家族のスペースであり、いわば不倫相手であるMさんが足を踏み入れて良いのかどうか、迷う気持ちもあったのだ。

なかなか降りてこないMさんを察したのか、案内するよ、と助手席のドアをOが開けた。でも、と躊躇するMさんに、完成すると来られなくなるだろ?と言ってニヤリと笑ったのを見て、MさんはぼんやりとOの意図を察した。自分の恋人の家ならともかく、結婚を果たしているOの家庭の強固な繋がりを思わずには居られない。そうするとよけいに降りられなくなったMさんの手を、Oは強引に引っ張ってクルマから降ろしたのだった。

その日も二人で屋外プレイを楽しんだ後で、Mさんは黒の膝丈のワンピースの下には何も付けていなかった。マーキングのようにその場で脱いだまま置いてきてしまっていたのだ。しかも、まだ彼女の体内にはOの勃起の感触と、注がれたザーメンが淫靡なうずきを伴って蟠っていた。そんな身体で、家族のスペースに足を踏み入れるのは、相当罪作りな行為ではないかと、Mさんの足は竦んでいたのだった。





オマハ 田村真穂 リベンジポルノオレのオチンチンワールド・ワイド・デビュー





望月加奈



Far Side of The Moon

2015.11.28.Sat.12:02

外の新興住宅地、といった趣の区画整理をされたそこは、未だ人家もまばらだったがそのどれもが真新しい雰囲気を醸し出していた。そういう団地のような塊が、いくつか連なっていて明らかに宅地を造成している途中、といった趣がまだ色濃く残っている場所だった。工事用車両も所々に於かれてあって、そこを縫うように走る道だけが目だって綺麗で、浮き立って見えていた。

その一角にクルマを向けると程なく、建築途中の二階建ての住居が見えてきた。気の梁に外壁だけが貼り付けられただけで、直方体の箱を立てたような最近よく見かける作りをしていた。Mさんはそれを見て、Oが新居を建設中だと話していたことを思い出した。夕暮れがかなり深く降りてきていて、ヘッドライトにその全貌が浮かび上がったところで、まさしくそれが新居だということをOMさんに告げた。

両隣にはもうすでに完成して住人が入居した家が建っており、窓からは明かりが漏れていた。Oの新居だけ暗がりの中に沈んでいるが、もう壁には建材がはめ込まれていて、一応の全貌は見えていた。建物の周りにはまだ足場が組まれているが、一応玄関になるであろう場所には、中に入るためのスペースが覗いていた。Oはそのまま敷地にクルマを乗り入れると、裏手に回った。

ボックスタイプのファミリーバンが充分通ることの出来る道があり、それを駐めるスペースも十分な広さだった。建屋もそうだが敷地自体が結構な広さを誇っていた。これから周囲に人家が建ち始めると、この家も埋もれてしまうのかも知れないが、敷地だけは二世帯住宅を建てても良いぐらいに広がっていて、それもおそらく念頭に置かれているのだろう。だが、今はその広さが周囲のとの距離を強調しているだけだった。





オマハ 田村真穂 リベンジポルノオレのオチンチンワールド・ワイド・デビュー







PEAK

2015.11.27.Fri.22:13

下駐車場のトイレというのは、二人には定番のスポットになったようで、あちこちセックスをするためだけにクルマを乗り入れていたらしい。なるべく綺麗なトイレを探したようだが、そう言うところは無駄に広くそして照明が明るかった。だが、刺激というものは、一度大きな衝撃を手に入れた後は、あまり持続しないもので、二人の露出熱、屋外セックスの熱は次第に冷めていった。

というよりも、それほど拘らなくなっただけで、二人の興奮が収まらなくなると場所はどこでも良くなった、というのが正解だった。近くにホテルがあれば入るし、見当たらずに逆に人気の無い場所があれば、そこで二人は繋がった。そういう目をMさんもOもいつの間にか鍛えていて、セックスの舞台はあらゆる所に存在しているように見えた。

屋外でのプレイスポットを探し求めていた時期の、ある意味打ち止めのような格好で、結果的に最後の場所として選んだのは、二人らしくなかなか興味深い場所だった。二人の関係性と、お互いの嗜好が合致した究極の場所と言って良かった。私の部屋、という場所から離れて少し経った頃で、背徳感に飢えていた時期だったのかもしれない。その場所を、あえてOが用意したのだった。

その日は、Mさんの両親が不在で、Oは部屋に泊まり込むつもりだった。またしても出張の言い訳で、土曜日の昼間から二人は会っていて、当然昼間は屋外セックスのドライブに出かけていた。探し回ったがその日は、また前に一度試した場所に落ち着き、いくらか物足りなさを感じていた。その帰り道、Mさんのマンションにたどり着く手前で、Oがいきなり思い出したように、その場所にMさんを誘ったのだった。





オマハ 田村真穂 リベンジポルノオレのオチンチンワールド・ワイド・デビュー







HIGH ON LOVE

2015.11.26.Thu.02:55

放的になるのが、天井のない場所でのセックスの一番の快感ではあったが、それを最も堪能したがったのはMさんの方だった。たいていそういう時は立ったままバックで繋がることが多いのだが、その時顔を見上げて見える、空の高さや何も遮ることのない光景は彼女をそのままどこまでも高みに連れて行ってしまうような、そんな感覚が好きだった。逆にOは、スリルとの引き合いで必ず衣服を着けていた。二人して全裸になることは滅多になかったのだ。

結局そういうシチュエーションは皆無だったのだが、二人が繋がっているところを誰かに見つかった場合、Mさんのあられもない姿だけが晒される、という想像がOの嗜虐を刺激するのだった。つまり本当は、見知らぬ誰かに覗かれている方が、より興奮を誘うことをOは自覚していた。だから、そのことを強調するようにOは勃起だけを露出するようになり、一方のMさんは、決まって全裸でそれを受け入れるようになっていた。

地下駐車場のトイレでも状況は同じで、Mさんはまずその中で身ぐるみをはがされ、何も付けない姿でOに貫かれた。抵抗は示すが、声を出すことは出来ず、結果Oの行為を了解したことにされてしまう。そうやってどんどん剥かれていくのだ。話し声が聞こえると、薄い扉一枚隔てて全裸の女がいる、という事実に、Oはひどく興奮を示した。そして、同様にMさんも被虐の本性を突かれていつも以上に勃起を締め付けた。

状況だけで頭がボッとするぐらいに熱くなり、Mさん自身はその時のことをよく覚えていない。ただ、ひどく興奮して自ら敏感な部分を虐めて、何度もそこでイキ果てた。その度に猥らな声が漏れそうになるのを、自分の指を噛んでこらえて、気がつくとうっすらと血が滲んでいたほどだった。それでも荒い吐息に隠れて、努力が無駄になることもある。しかし、扉のこちら側でも、実はその外の様子を想像するしかないのだった。





オマハ 田村真穂 リベンジポルノオレのオチンチンワールド・ワイド・デビュー





佐々木絵美


SLIDER

2015.11.25.Wed.19:11

外にセックスの舞台を探し求めるのにも慣れてくると、次第に過激なシチュエーションを求めたくなってくるものだ。夏が終わりに近づくと、MさんとOもその倦怠にも似た空気を感じ始めていて、危ないラインを越えようとするような場面が次第に多くなってきていた。そもそも、二人が逢っていること自体、危険の中にあるのだが、それ故にセックスでの繋がり強固で、欲望が留まることなく膨らんでしまうのだ。

そのうちの一つが、Kを誘ってのプレイだったのだが、それもアクセントとしては限界があった。屋外プレイをKに自慢するように見せかけて、巧みに彼を誘い出してコトに及んだのが、場所も一度二人が繋がった場所で、さらなる刺激には物足りなかった。場所が屋外に変わっただけで、相手にKが加わってもそれほど代わり映えはしなかったのだ。そうすると、次第に場所が人気の多い場所へと近づくことになった。

それが危険なことだという認識は、二人の中にもちゃんと逢ってさすがに実行は昼間というわけにはいかず、結局、また夜の闇に紛れることが多くなった。それでも、一度はOの仕事場の近くの地下駐車場に昼間、クルマを駐めて、そこからトイレに赴き、個室で息を潜めて繋がったこともあった。Oは営業車で来ていて、さすがにその中では無理だった。Oはそれでも善かったが、Mさんが懇願してやっとトイレという逃げ場所を見つけ出したのだ。

繁華街が近いせいで、クルマの出入りはけっこう頻繁で、それに伴って人の往来も盛んだった。時折外で用を足す音が聞こえ、当然話し声が聞こえたりもした。おそらく、二人のプレイ場所としては最も人気の多い場所での繋がりだったのだろうが、屋外の開放された雰囲気には遠く及ばず、それがMさんには物足りなかった。それでも充分にOは興奮して、いつもよりも勃起の硬度を増していたのは感じられたのだった。





オマハ 田村真穂 リベンジポルノオレのオチンチンワールド・ワイド・デビュー








BLUE MOON

2015.11.24.Tue.23:01

肩での露出写真は、昼間の明るい陽光が射していて、Mさんは眩しそうに目を細めてカメラの方を向いている。他にもO以外の者が撮ったであろう昼間の露出写真はあるけれど、その写真が一番、周囲に普通の光景が映り込んでいるのだ。Oがその奇跡を呼び起こしたのか、偶々だったのかはわからないが、何れにしろ、そこに行かなければその写真を撮ることは不可能で、そういう意味ではOが幸運を引き寄せたのだ。

それと比べると、昼間でも例えば木々の間に潜んだり、プールサイドで戯れに乳房を見せたりするのはおとなしく見える。ただ、画像に残っているのは、だいたいがMさんの姿だけで、その前後に何が起こっていたのかは想像でしかない。まさかそのまま路肩でことを起こしたとは思えないが、その写真がもっとも大胆だったとしても、それにルイする危険な遊びはもっと繰り広げられていたはずだ。

とにかく、Mさんの露出癖は男達に促される格好にはなっているが、どちらかというと彼女自身にその欲求が強い気がする。私とつきあっている時も、その片鱗が見え隠れしていたのに今になって気づく。誘われたわけではないが、人気の無い場所に来るとそういう雰囲気を彼女が匂わせるような記憶はあるのだ。人目につかないことを条件しながら、開放的な姿になることをどちらかというと求めていた。

私に勇気が無かっただけのことで、普通にMさんは屋外でセックスすることを考えていたのかもしれないが、結局彼女の期待には応えられなかった。その代わりにODさん達が彼女の欲望を満たしてやっていたのだから、その結末は当然なのかもしれないと今になって思うのだ。常識に囚われていては、きっとMさんを満足させることは出来ないのだと、今になってやっと実感として私は感じている。





松本真紀 高尾裕子 久保田沙耶