FC2ブログ

LIVIN' IN THE CITY

2015.11.01.Sun.17:54

間をかけてようやく辿り着き、ベランダに出る戸を開けると、外の喧噪が一気にMさんの耳を賑わせた。ベランダの周囲は外から見えないように高いコンクリートの壁になっているが、天井は吹き抜けで遮るものはない。近くを通る幹線道路を走るクルマの音が、すぐそこに聞こえるのだ。少し遅い時間だからか、トラックが走り去る方向がやけに耳に付いた。

壁一面に施されたイルミネーションは、陳腐なものだったが何色もの色がひらめく様は確かに目を惹かれた。Mさんが男と繋がったままベランダに出ると、その七色の光が肌を照らした。肌と言っても、ちょうど捲り上げられたスカートから覗くMさんの尻から下だけが晒されているに過ぎない。男はその明滅する壁に背中を向けるように身体を返して、やっとMさんをじっくりと味わうことにした。

ベランダには狭い上に観葉植物や、ちょっとしたオブジェが飾られていて、あまり自由に動けるスペースはなかった。本来そこに出て行く目的で作られたものではなかったからだが、そのせいでくつろぐような机も椅子もなかった。自然とMさんを立ったまま犯すことになり、その身体を支えるには、窓ガラスに手を付けるのが最も簡単だった。男はその通りに、Mさんを室内を透けて見るガラス戸へと向かせた。

手は男の手に握られ、仕方なく上半身をガラスに押しつける。顔から胸にかけてを全面曇りのないガラスに押しつけると、ひんやりとした感触が伝わってきて、火照ったMさんには心地よかった。だが、いっそう男の勃起を受け入れている下腹部が熱く脈動するのを、意識せざるを得なくなる。それをいっそう煽るように、男はずんずんと重い打ち込みを次第に早めていった。





長町穂乃香 荒木奏美 仲居さんの性サ-ビス







スポンサーサイト
[PR]

[PR]

COME TONIGHT

2015.11.02.Mon.10:55

ろから貫いたMさんの身体をさらにガラス戸に押しつけるようにしながら、男は少しずつ前へ前へと躙り寄っていった。それが、究極まで来ると、Mさんは半身をガラス戸にぴったりと着けたままほとんど立ち上がるようになっていた。Mさんは身体だけでなく、頬までガラスに押しつける。満員電車に押し込められたような気がする。そこで男は腰を引いて、一度勃起を抜いた。

男はそれなりに締まった身体をしていたが、やや背が低かった。Mさんよりも少しだけ高いぐらいでほとんど同じ背格好といって差し支えなかった。するとMさんがほとんどまっすぐに立つと、男は背伸びをしないと奥まで届かないのだった。Mさんはそのことを知っていて、足を開いて男に合わせていた。だが、繋がりを解かれると、男を求めて誘っているような格好に見えてしまう。

そんなMさんの羞恥には気づかず、一度勃起を引き抜いた男は、自分の思うままくるりとMさんを自分の方に向けると、彼女の片足を持ち上げるようにもう一度近づいた。そうしてやや傾いたMさんの身体を勃起で支えるようにして、もう一度繋がった。片足立ちのMさんがバランスを崩すように倒れ込もうとすると、それを捕らえて自然と男は深く彼女を貫くことになった。

男はやや腰を引いてピストンを再開した。抱き付こうとするMさんを腰の辺りで抱えて少し距離を置く。そうしてうつむくと、Mさんの中に出し入れされる勃起の様子がよく見えた。それをMさんにも一緒に見るように促す。それは男の性癖の一端ではあったのだが、そのことにやっとMさんは思い出した。促されるまま、自分の中を行き来する勃起を見ながら、男の本当の興味の中心を思い浮かべていた。





長町穂乃香 荒木奏美 仲居さんの性サ-ビス







HOW DO YOU LIKE IT?

2015.11.03.Tue.22:01

ち上げられた片足を脇に抱えるようにして男はMさんを突き上げ続けた。その視線は、繋がっている一点に集中して注がれていた。妃裂に出入りする勃起の姿を見るのが、男の癖だった。勃起の動きに、妃裂の肉ビラが歪み喘ぐ姿が、男の興奮を最高潮に誘うのだ。時折Mさんの表情を見やるが、それは、その苦悶にも見える顔を楽しんでいるのではなく、彼女も同様にそこを見ていることを確認するためだった。

半ば強制されて自分の股間を見つめているMさんも、そうすることによって男がヒートアップしてきていることを感じていた。Mさんのそこは陰毛が刈り取られていて、よけいに出入りする様子があからさまに見えている。それが、男がMさんを好む理由のひとつでもあった。彼女自身、自分の中に出入りする勃起の姿を見るのに拒否感はなかったが、それよりも直接身体に感じる快感の方がずっと深く、いわば見なくても充分悦楽におぼれることが出来るのだ。

しかし、男は見ることに執着していて、結局Mさんとの交わりでも、ずっとそれに終始するのだ。そして、一度目の頂点は、瞬く間にやってきた。空から降ってくるような外の喧噪に混じって、ヤケにくっきりとした輪郭を持って、イキそうだよ、という男のつぶやきが聞こえてきた。未だMさんの快感は中途半端だったが、そのことは口にせず、ただし線で男を見やる。その切ない視線に男は気づかない。

最後に、見ていてくれよ、というかすれた声がして、Mさんの中から勃起が引き抜かれた。Mさんは言われた通りに再び股間を見る。と同時に、直立したように見えるそれの先端から、噴水が飛び出してくるような射精が行われた。勢いと量は、なかなかに雄々しいものがあり、それを干渉するのはMさんもイヤではない。その吹き飛ぶ精液の姿を、しばらくの間、Mさんはただ見つめ続けることになった。





長町穂乃香 荒木奏美 仲居さんの性サ-ビス








BABY BLUE

2015.11.04.Wed.00:12

人の間に生えた肉の管から、白い噴水が飛び出してくるような光景に気を取られている内に、Mさんの下腹部は男のザーメンに汚されていた。スポイトをきつく握りしめたような噴射が何度も続き、それは高く舞い上がった後に、Mさんの肌に付着した。支えのない勃起は思うままに痙攣を繰り返し、矛先を彼方此方に向ける。Mさんに降り注ぐのと同じように、飛沫が男の方にも飛び散っていく。

精液が降りかかる度に、Mさんはその熱い感触に、敏感に身体を揺らした。それを支え続けていた男の手が緩むと、ようやく彼女は両足を床に着けることが出来た。裸足でコンクリートを踏む感触がして、初めてそこがベランダだと云うことを確認したような気分になった。集を塀に囲まれて屋外という気はしないのに、足元を小さな凹凸が押す感覚に秘めた場所から躍り出てしまった羞恥を感じた。

それからMさんは肩を抱かれてまた室内に戻った。元来た道を辿るようにエントランスまでいくと、その向こうのバスルームに入った。今度は男が先頭に立ち、手を引かれて普通に歩いた。瞬く間に衣服を脱ぎ捨て、シャワーで互いに汚れた身体を洗い流して、二人はまたそこで抱き合った。密着した下腹部には、いっこうに衰えない男の勃起の感触がくっきりと伝わってきた。

シャワールームは広く、バスタブと洗い場がちょうど半分ずつの面積に分かれていた。足を伸ばせるほどのバスタブと同じ広さがあると、そこで寝転んで身体を擦り合わせるのにも充分だった。むしろ、立ってその場を使うのがもったいないほど、洗い場は広々と感じられた。だが、男はMさんをそこに立たせたまま、自分だけがしゃがみ込んだ。いよいよ、男の性癖が発揮される時が来たのだ。





鎌田那菜 山野上葵 大塚るな







WINDY

2015.11.05.Thu.06:59

々としたタイルの敷き詰められた洗い場の真ん中に、Mさんは一人立たされ、その足下にしゃがむ男が彼女を見上げた。男はMさんの膝の辺りに触れて、その足を開くように促した。されるままMさんは少しスタンスを取って足を開いて見せた。下を向くと、これから起こることに期待を募らせ、満面にイヤラシい笑顔を浮かべた男の顔が見えた。嫌悪は感じないが、だからといってそれをすんなりと受け取ることは難しかった。

男の手は膝から太股をあっさりと撫で上がると、股間に息づいている妃裂の部分に触れた。さっきまで男の勃起を受け入れていたせいで、半開きのそこからシャワーの雫が垂れ落ちていた。男は伸び上がるようにしてその部分に顔を近づけた。鼻先が妃裂に触れる。Mさん自身はそのまま唇で愛撫されたり、舌で舐められるのを欲した。決してそれはMさんの本意では無いが、身体を開いた以上は快感に導かれることを望んだのだ。

鼻息がMさんの妃裂に吹かかり、ゾクゾクとする感触に身もだえた。だが、男はそれ以上近づこうとはしなかった。視線の先に大きく妃裂を据えたまま、男はひたすらその姿を鑑賞した。鼻息や、その表情に明らかに興奮しているのは分かるが、決してそれ以上触れようとも、何かを与えようともしなかった。Mさんにとってはもどかしい時間が続くことになる。快感を得ることなく、ただ見つめられるのはもっとも恥ずかしくて居たたまれないことなのだ。

そんなMさんの本心など察する気も無く、男はそこを瞬きも忘れて見つめ続けた。執着と言って良いほど、男はオマンコそのものに惹かれていたのだ。ただひたすらそこを鑑賞することに、云いようのない興奮を覚えるのがその男の癖だった。まるで芸術作品を値踏みするキュレーターのようなそぶりで、肉の複雑な形状を男は詳細に視線で舐め回し、そして一人興奮を覚えるのだった。





鎌田那菜 山野上葵 大塚るな





沖野るり フルHD 無修正動画 AV女優


Daydreamin'

2015.11.06.Fri.18:33

くの男達がMさんのオマンコに惹かれてはいるが、それはあくまでも肉の感触で、だから多くの男達が彼女と繋がろうとする。だが、その男はMさんのオマンコそのものを鑑賞することに、言いしれぬ興奮を呼び覚まされるのだ。もちろんそれは性的興奮に違いないのだが、唯一触れようとしないのが異質だった。触れることを忌避に近い感覚で戒めているのは間違いなかった。

初めてMさんと交わった時、他に何人か、彼女にまとわりついていたが、その男だけは股間に張り付いてひたすら鑑賞の目を向けるだけだった。他の男達が手あらん限りの手管でMさんを攻めている最中でも、男は特等席に座って干渉するだけだ。時折手を伸ばして肉ビラを広げてみたりはするが、それはあくまでも視界を広げ、細部を確認するためのもので、Mさんに快楽を与えようとする仕草ではなかった。

同様に、二人きりになってもその時間を男は必ず確保した。そして、あの時と同じように、Mさんのそこを褒めた。男によれば、今までに見たことのあるオマンコの中で、Mさんのそこは一番美しいらしい。どこがどうということを説明されても、あまりよく分からないのだが、バランスが良いらしいのだ。もっとも、その男の癖に嫌悪を感じるのはMさんだけではないようで、あまりじっくりと見つめることを許されたことはないらしい。

それを受け入れてくれるのがMさんだけで、後はもう完全に男の趣味の世界なのだが、Mさん自身も褒められて嫌な気はしない。だからそのまま見られることを受け入れているのだが、彼女自身恥ずかしさがないわけではなかった。本当を云うとみられるのは得意ではないのだが、それも度を過ぎるといつしか羞恥が快感を呼び起こして、どこかおかしくなってくるような感触にとらわれるのが不思議なところだった。





鎌田那菜 山野上葵 大塚るな







Morning Dew

2015.11.07.Sat.22:14

ることで興奮を誘われるのは、男女問わず当たり前のことだが、接触よりもそちらに重きを置くのはどこかで歪んでいる。Mさんはそんな風に思っていたが、その男だけは何となく納得をしていた。もちろん、最終的に射精を迎えるのは同じだからなのだが、そこに至るのに、視線を重視するのはその男が顕著だった。見えないことにあからさまに嫌な顔をし、見ることが出来れば至福の表情を浮かべる。

もっとも、あくまでもそれは男の趣味の世界で、実際にセックスを拒否しているわけでもなく、どちらかというとそちらもテクニシャンで、タフな方だし、Mさんは見られるだけでなくちゃんと快感を与えられている。視姦という趣味以外は、どちらかというと男には惹かれる部分が多い。Mさんを満足させるのに、十分な器量を備えているのだ。そうでなければ、きっと連絡先などは交換しないだろう、と思うのだ。

そして、セックスの部分をMさんの方は重視していることを、男も知っている。それに応えることに男は人並み以上に誠実だと思うのだ。でも、彼自身にセックスに長けているという自覚はあまりなく、さらりと他人が至れないところまでいけてしまっているのが、おもしろいとMさんは思っていた。サラリとMさんを絶頂までに至らせてしまうのだから、意外に視姦趣味以外の部分では、相性が良いのかもしれないとさえ思っていた。

じっくりとした視姦の後始末は、やはり射精に至るのだが、そこで自らの手で済まそうとしないことはわきまえている。男にすれば、良いものを見せてもらった御礼に、Mさんと繋がり、一緒に快感の頂点を目指す、ということらしいのだった。それを許してくれている数少ないパートナーがMさんで、彼の中では特別な存在になっている。そのこと自体、Mさんは悪い気は無く、結局誘われればついて行ってしまうのだった。





鎌田那菜 山野上葵 大塚るな