FC2ブログ

Hummingbird'68

2015.11.08.Sun.13:00

賞時間はじっくりとした長いものだったが、時々は指で触れて肉厚の唇を左右に掻き分けて、内奥のピンク色の鮮やかさを堪能したり、蠢く襞からにじみ出る露を舌先で舐め掬ったりした。接触があるとMさんは身悶えしてしまうのだが、その間隔がずいぶんと空いてしまうと、その反応もひどく敏感に大げさになってしまった。視姦趣味というものに対するいくらかの偏見はあるが、身体はお構いなしに感じる時に感じてしまう。

結局、Mさんも自身の妃裂を鑑賞する男を見下ろすように、やはり視線で追っていた。男の動きを目で追っていないと、感覚だけに任せてしまっていては身が持たないのだ。諦めなのか、自分の中に相反する欲望があるのかはわからないが、見られるというもっとも苦手な行為が、時々快感にすり替わる時がある。そんな感覚に囚われるのは、もしかするとその男だけかもしれないと思ったりもした。

飽きることは無いと思われた視姦プレイだったが、そのうちに場所を変えたくなり、またやはり繋がって果てたいという願望もわき出してきて、やっとバスルームを出て、ベッドに向かった。不思議とそれは男もMさんもほぼ同じ時にその想いがわき上がり、身体を重ねた故の阿吽の呼吸のような間隔だった。しかしベッドに映っても最初はMさんを仰向けにして足を開かせ、その間に潜り込むようにして、新たな照明に浮かび上がるそこを鑑賞するところから始まった。

ただ、ベッドに場所を移すと、Mさん自身がたまらなくなって、つい挿入をねだってしまっていた。視線に重きを置く男も、それを否定しているわけでもないが、やはり繋がってもそこを鑑賞したがった。妃裂が肉棒に蹂躙される様を見るのも、男には相当の興奮を催すのだった。干渉がその間隔により深みを与える。偏愛するそこが陵辱されることに至福を甘受するために、十分な視姦は必要なのだ。





鎌田那菜 山野上葵 大塚るな







EAR

2015.11.09.Mon.04:10

かが言っていたが、女は耳で欲情し、男は目で欲情するらしい。そういう意味では、その男は素直に雄本来の欲望に素直だったわけだが、その中でもMさんを特別には感じていたらしい。それは自然とMさんを褒める言葉となって発せられ、彼女も雌本来の欲望を満たされていたわけだ。興奮を言葉にすることに躊躇がないのは、その男の好ましい特徴でもあった。辟易する食事時の猥談も、時と所を変えれば快感をもたらすのだ。

形だけでなく、感触も最高だから、と男は完璧、という言葉を何度も使って、Mさんを褒めた。言葉に煽られて、Mさんはいつしかその気になって、男を受け入れている。繋がるとそれはより顕著になり、言葉だけでなく息づかいの荒さでもそれは表れた。Mさんにとって、男の勃起は取り立てて特別だという感じはしなかったが、素直に反応するその一つ一つには、興味をそそられた。

結局、総合的に見て二人のセックスは、ノーマルよりも多少は欲望に忠実で、その分淫乱に堕ちていた。だから、お互いに興奮を覚え合って、何度でも繋がりたくなるのだった。少なくとも、男の方にその願望は強く、二度目の射精をMさんの妃裂の周辺にぶちまけてしまった後、ひどく残念そうな顔で自分の放ったものを見下ろしていた。それでその日がお開きになるのを惜しんでいたのだっだ。

いい加減な時間になって、Mさんの方からそろそろ送って欲しいと頼むと、男は惜しむ反動でまた勃起をして見せたが、それ以上は進めないことも自覚していた。欲望に忠実だが、男は我が儘だというわけではなかった。Mさんの意向を無碍にしない紳士的な態度は、当たり前に持ち合わせていた。また二人で、今度はただ汗を流すだけで留めたバスルームを出ると、名残惜しそうだったが、そそくさと帰り支度を始めたのだった。





元祖リベンジポルノ もりすむmorisoon datsuzaru 香川の肉便器 [写真集][IV] 真紀(20070705-202906)のアルバム Winnyつこうて彼女とのハメ撮り画像を流出!「真◯ちゃん」 一高の真紀ちゃん 高知大学水泳部リベンジポルノ 元祖リベポ 森高七海 椿花鈴 藤井彩 大槻みなみ 高橋みき 相崎琴音 仲里愛 美鈴マヤ 一ノ瀬あきら 牧本千幸 つかもと友希 長澤リカ 小坂めぐる 姫乃未来 平山ユカリ 片山なつき 片山さつき 浅岡沙希 佐々木涼 ミムラ佳奈 春乃はな 山下久美 北野りか 桜井春奈 大貫のぞみ 小川英美 真島裕美 早乙女唯 葉山瑶子 紺野ひより 瀬戸ひなた 綾瀬メグ 平山たかね 中谷あいみ 橋本美歩 平瀬りょう 青山ゆい 松田亜美 倉橋ケイ 佐々木しのぶ 菅原朱実 新山かえで 萩森真紀 夢見あい 持田茜 来栖りお 相沢桃 真田春香 佐藤友里 神谷りの 藤森ねね 大塚ひな 手塚みさ 姫野愛里沙 広田マミ 高木未来 叶未来 秋野リサ 千秋誠 千秋真琴 谷口マキ 谷口真樹 君島玲 西川くに子 美鈴令子 美鈴麗子 仁科真琴 福永あや 葉月優 みずきあんな 高瀬七海 中谷あいみ 橋本美歩 大塚みなみ 森口絵美 森口恵美 羽島眞子 観月和奏 三沢幸恵 矢沢るい 綾波奈穂 寺島幸代 堀北亜美 夏目るな 園原みか 袖希絵里 坂下真紀 脇坂まき 三ノ宮飛鳥 川愛加奈 兵藤晶子 辻元なつみ 辻元清美 中山祥子 綾波あすか 佐々木怜 本木ひなよ 愛嶋リーナ 白咲ひなの 純名もも 水樹あやめ







Quiet Dawn

2015.11.10.Tue.04:10

日の地方都市の夜は、郊外に限らずクルマの姿はまばらで、実際にホテルからMさんのマンションまでの行程は、スムーズなはずだった。それを、後続車がいない時を見計らって、男はひどくスピードを落として運転した。未だに夜が終わることを惜しむ気持ちが強かったせいだ。それは戯れの延長に見せかけていたが、どこかに何かを置き忘れて、それを思い出すような行為に見えた。

といっても二人の繋がりは突き詰めればセックスだけの関係で、会話よりも行為の方が先行していた。だから、口説くよりも実際に興奮を呼び覚ます行動だけが二人をつなぐのだ。それを分かっている男は、ホテルを出てすぐの信号待ちで、再び大きくなった勃起を晒してからずっと、それを仕舞うことはなかった。ホテルでは見ることに執着していたが、その時は見て見て、と立場を逆にしていた。

そしてMさんにそれを握らせ、扱かせながら運転し、信号待ちに出くわすと口に含むように懇願した。Mさんも、それほどまでに求められて拒否するほど無粋ではなかったので、やんわりと抵抗しながらも男の願いを受け入れていた。あくまでもおとなの遊びの延長で、その程度の戯れを拒否するほどMさんも無粋ではない。エスカレートすると、咥えたままクルマを発進させ、それを堪能するためにクルマのスピードを落とした。

それでも、ゴールはやがて訪れて、マンションの外れの空き地に着いてしまった。Mさんがさよならの言葉を準備しないうちに、男は最後の悪あがきを見せたのだった。名残を惜しむように男は唇を求めて、Mさんもそれに応えた。そして勢い余って再び二人は繋がることになったのだった。その様子をクルマの外でOが見ていることを、もちろんその時は二人は全く知らなかった。





鎌田那菜 山野上葵 大塚るな








FUNKY MUSIC SHO NUFF ON

2015.11.11.Wed.04:40

い挨拶代わりの口づけのはずが、男はいくらかヒートアップしていてずいぶんと時間をかけてしまった。官能を呼び覚ますには十分な時間だった。自然と男の手がMさんのスカートの中に忍び込んできたが、それを彼女は今度は確実に押しのけようとした。もう今日は、と小さく囁いたが、男は聞こえないフリをした。結局その抵抗は中途半端で、仕舞いにはそれを許してしまった。

男は見納めにもう一度Mさんのオマンコを見たがった。懇願するのと同時にクルマのエンジンを止めたのを見て、Mさんは受け入れないとすぐには帰れそうもないことを悟った。別にそれほどいやなことでもなく、明確に時間に追われているわけでもなかった。ただ、どこかで線引きをしないと、淫蕩な世界から抜け出せないような、妙な強迫観念にとらわれていただけだ。

Mさんはスカートをたくし上げて、足を開くと、下着を横にずらすようにしてその部分を晒した。陰毛を処理してあるせいで、窮屈そうに顔を出したそこは、その部分だけ綺麗に縁取られたようにくっきりと顔を見せていた。とたんに男の鼻息が荒くなるのが分かった。男の顔を見て、Mさんは急に恥ずかしさに塗れたが、それで男が満足するならば仕方が無いと、目を閉じて妃裂を見せ続けた。

男はMさんの手を取ると、再び自分の勃起を握らせて、扱くように促した。もしそれで射精でもしてことが収まるのなら、とMさんは素直にされるがままにした。だが、当のMさんも、男の注ぐ熱い視線に、どこか燃え尽きない淫靡な炎の存在を思い出してはいたのだった。恥ずかしさが、Mさんの官能をもっとも刺激する事を忘れていたのだ。思い出した時にはもう遅く、熱を帯びた妃裂の奥からいやらしい蜜が溢れようとしていた。





黒名ひろみ 松尾淳子 佐藤朱





素人無修正動画



GET IT ON

2015.11.12.Thu.04:10

猥な雰囲気が漂い始めると、親密に身体を重ねた男女ならその微妙な空気の変化を共有できるものだ。その時クルマの中がまさしくその瞬間で、それが引き起こす結末を分かっていながら足を踏み出したのだ。性の戯れに貪欲なMさんが、おざなりな手管で済むはずは元々無かったのだ。間もなく、男がMさんに覆い被さってきて、結局また二人は繋がったのだ。

カーセックスは別に珍しいことではないが、最近のMさん自身が経験していたものに比べて、舞台は最も狭かった。全くその時は、Oが見ていることなど想像しなかったが、比較対象としてその時思い出したのは、Oのクルマだった。フラットシートにすれば、まるでベッドになるようなクルマでのセックスは、充分に奔放になれるスペースがあった。上になり下になりと、部屋に比べれば限られた空間のはずが、不思議な開放感を得て猥らになれた。

だが、男の車はありふれたハッチバックで、シートを倒しても左右に圧迫感がある。ただ、そうやって半ば拘束されたように組み敷かれるのは、Mさんも嫌いではなかった。どこか、ホテルのベッドが移動してきたようなクルマよりも、新鮮でいてどこか懐かしい思いのあるそこも興奮を誘ったのだった。思えば、Oの車のようなファミリーカーに馴れた時間の方がずっと短いのだ。

大学時代から暫く、カーセックスといえばこういうクルマの中ばかりだった、とMさんは思いながら、すんなりと男を受け入れいていた。衰えを知らないような男の勃起に、たちまちMさんは翻弄され始めた。動きが限られているせいで、突き入れは直線的だったが、それでも充分にMさんはエクスタシーの片鱗を感じ始めていた。まっすぐに催奥の官能を着いてくる男のピストンは、やがてMさんを本気でよがらせ始めたのだった。





オマハ 田村真穂 リベンジポルノオレのオチンチンワールド・ワイド・デビュー 夏原唯 河合ののか 初川みなみ 原さくら 青木比奈 RISA 高杉麻里 春菜はな ひなた澪 栗衣みい 鈴木さとみ 真白ここ 一宮つばさ 二ノ宮慶子桜空もも 河北彩花 広報まなみ 河南実里 三上悠亜 川上奈々美 濱松愛季 岡崎真由子 佐竹葵 村岡悠 宮本裕子 原裕子 生田真理子 真井彩菜 沢井怜奈 中村優里 佐柳麻衣 宮代真理子 黒田ほのか 伊藤梓 清水希容 福田りん 蓮井陽菜 朝吹真理子 田中伶奈 佐藤来香 荊城チカ 新井優香 麻倉憂 山岸逢花 富田優衣 篠田ゆう 君島みお 坂道みる 河北彩花 柳みゆう 辻本杏 松下紗栄子 松永さな 希崎ジェシカ 久保今日子 夏目彩春 神咲詩織 柚月ひまわり 長谷真里 西尾由香 崎山紬 奥村唯 小浜妙美 松原会咲 七沢みあ 河合あすな 松下紗栄子 八乃つばさ 星奈あい 椿織さとみ 安岐麗子 河口麻子 城福早紀 藤木結香 中村涼子 森香穂 藤原あずさ 門田桃奈 榊美優 兵頭葵 菅原早紀 大山桜花 小西陽子 希崎ジェシカ 日乃原杏 益坂美亜 七実りな 結城のの 桜空もも 桃乃木かな 相沢みなみ 明里つむぎ 岬ななみ 天海つばさ 西宮ゆめ 天海つばさ 松永さな 波多野結衣 宝田もなみ 日向うみ 伊東ちなみ 七沢みあ 水卜さくら 小向美奈子 茜はるか 伊東ちなみ 芝田友美子 湯川沙耶 結城リナ 平松優香 高野夕美 あすかりの 常盤りの 宮嶋紀子 愛みこ 安藤遥 葉山みく 加藤奈津美 浜本美貴 観月優 小泉レナ 米倉恭子 さとう優梨 木下苺 麻生岬 遠藤まゆみ







ロック・キャンドル

2015.11.13.Fri.04:10

が終わるまでの一部始終を、まさかOに覗かれているとは全く気がつかず、Mさんはその男とのカーセックスを心ゆくまで堪能した。一度心が離れた分、無理矢理彦戻されたその落差が、いっそうMさんの猥らさに刺激を加えた。結局、繋がったままではイクことは出来なかったが、精液を放った後の男の勃起を舐めながら、指で自ら導いた。自然と最後まで満足を得たいと願った結果だった。

オマンコに振りかけられるように放たれた精液は、それがその夜三度目の放出にもかかわらず、たっぷりと注がれ、最初の一射がMさんの胸元にまで飛んでいた以外は、彼女のそこを濡らしていた。それを確かめるようにMさんは指先に擦り付け、潤滑剤代わりにして自らまさぐり始めていた。自らの潤みや、あるいは市販のローションとは違う、独特のべたつきを持った粘液は、男の欲望の固まりだった。

自慰行為を男に見つめられているのは分かっていたが、もう止められなかったし、男もそれを求めているのだろうと彼女は思い込んだ。ひたすら後は、指使いに身を任せて、最短距離でエクスタシーへと駆け上がっていった。クリトリスを中心に、精液で濡れた指を肉中にまで入れるほど、彼女自身興奮をしていた。時折、男の視姦を愉しませるために、わざと大胆に妃裂を開いてやったりして、Mさん自身も充分に愉しんだ。

それでやっとその夜はお開きになったのだが、後日になってそれを覗いていたことをOに告白されるという余興まで着いていたのには、Mさんも驚いてしまった。またしても、Oに自分の淫乱な一面を垣間見られて、その部分に関してはMさんは淫乱であることを全く否定できなくなってしまったのだった。関係がそもそも淫靡に染められているからなのだろうが、Oの前でMさんは必要以上に、性的な秘密を自ら暴露していっている気がした。





オマハ 田村真穂 リベンジポルノオレのオチンチンワールド・ワイド・デビュー 夏原唯 河合ののか 初川みなみ 原さくら 青木比奈 RISA 高杉麻里 春菜はな ひなた澪 栗衣みい 鈴木さとみ 真白ここ 一宮つばさ 二ノ宮慶子桜空もも 河北彩花 広報まなみ 河南実里 三上悠亜 川上奈々美 濱松愛季 岡崎真由子 佐竹葵 村岡悠 宮本裕子 原裕子 生田真理子 真井彩菜 沢井怜奈 中村優里 佐柳麻衣 宮代真理子 黒田ほのか 伊藤梓 清水希容 福田りん 蓮井陽菜 朝吹真理子 田中伶奈 佐藤来香 荊城チカ 新井優香 麻倉憂 山岸逢花 富田優衣 篠田ゆう 君島みお 坂道みる 河北彩花 柳みゆう 辻本杏 松下紗栄子 松永さな 希崎ジェシカ 久保今日子 夏目彩春 神咲詩織 柚月ひまわり 長谷真里 西尾由香 崎山紬 奥村唯 小浜妙美 松原会咲 七沢みあ 河合あすな 松下紗栄子 八乃つばさ 星奈あい 椿織さとみ 安岐麗子 河口麻子 城福早紀 藤木結香 中村涼子 森香穂 藤原あずさ 門田桃奈 榊美優 兵頭葵 菅原早紀 大山桜花 小西陽子 希崎ジェシカ 日乃原杏 益坂美亜 七実りな 結城のの 桜空もも 桃乃木かな 相沢みなみ 明里つむぎ 岬ななみ 天海つばさ 西宮ゆめ 天海つばさ 松永さな 波多野結衣 宝田もなみ 日向うみ 伊東ちなみ 七沢みあ 水卜さくら 小向美奈子 茜はるか 伊東ちなみ 芝田友美子 湯川沙耶 結城リナ 平松優香 高野夕美 あすかりの 常盤りの 宮嶋紀子 愛みこ 安藤遥 葉山みく 加藤奈津美 浜本美貴 観月優 小泉レナ 米倉恭子 さとう優梨 木下苺 麻生岬 遠藤まゆみ








2015.11.14.Sat.04:10

いがけず垣間見た猥らな姿を問い詰めたOはその一部始終を知りたがり、それに対してMさんは、やんわりと真実を覆い隠して、そこにいくらかのOが喜びそうなウソを付け加えて応えた。Oが昂揚するポイントをもうMさんは心得ていて、そういう部分を刺激するように、いくらかエピソードに色を付けたのだ。覗かれていない部分に関しては、いくらでもコントロールは可能だった。

ただ、カーセックスだけはすべてを覗かれて、こっそり写真にまで撮られていたので、そんなに改変するわけにもいかず、比較的正直に話さざるを得なかった。男とのセックスはおろか、オナニーシーンまで見られているのだ。それを覗かれている事も含めて、ほぼ屋外みたいなところであることに躊躇せず、欲望に任せて自分で最後は慰めたという淫乱な性癖を隠すことは出来なかったのだ。

そこまでするなら、部屋に呼べば良かったのに、とOは逆説的な意味も含めて最後にそう尋ねた。多少問い詰めるような口調のOにはどちらかというと、カーセックスをやりたがったMさん、という構図を彼女自身に認めさせたい意図があったのだ。だが、実際は本当にハプニングでしかなかったから、部屋に呼ぶことなどMさんは思いもよらなかった。カーセックスは厭わないが、あの男とはそこでさらっと別れてしまいたかったのが正直な気持ちだった。

そもそも、誰でもを自分の最もプライベートな部屋に呼ぶつもりはなく、いわばその男はそれほどまでに親密ではなかった、というのが本当の理由だったのだが、MさんはOの意図はちゃんと理解していた。Oを喜ばせるために、自分を淫乱に見せる寸法を知らないわけじゃない。その結果、どうしてもオチンチンを欲しくなっちゃって、と恥ずかしそうにMさんが演技がかって言うと、Oは満足したように下卑た笑いを浮かべたのだった。





黒名ひろみ 松尾淳子 佐藤朱





クチコミサイトで話題の人気エステサロン