FC2ブログ

I Have a Little Girl

2015.09.08.Tue.23:02

窓会は、それぞれの叶えられなかった想いのリベンジを果たして幕が下りた。参加者に、復讐というような気持ちはなかっただろうが、結果的にそれはMさんを汚すことに帰結した。想いの深さが、淫靡な色に染まると自然と嗜虐の色が濃くなるのかもしれない。それで何かが変わったのか、見ている方ではわからないが、射精を果たした後の男たちの顔は、誰もが晴れやかなモノだった。

大学時代に通い詰めた部室で思いを遂げたWも、ザーメン塗れのMさんの顔を見て不意に笑い声を漏らしていた。ただそれはMさんに向けてと言うよりも、自分に訪れた何かが突き動かした、そんな笑顔だった。当のMさんも、それぞれの勃起からしたたる残り香を舐めながら、イヤだわ恥ずかしい、と言いながらも、まんざらではない表情で笑顔を返して見せた。

話を聞くところによると、その後もそれぞれの住処へ帰る間際まで、至る所でMさんを交えてセックスに耽っていたらしい。彼らの中に残る、卑猥な想いに彩られた場所というのは、四年間という時間のウチにそこここに思い出という形で残っていたのだ。残念ながらその様子は動画には残っておらず、私が知る術はないが、何となく想像はできる。実を言うと、私は一度、Wに逢っているのだ。

もちろんそれはMさんを介してだが、時間軸を整理すると、この同窓会の前だったから、まだ彼が悶々としていた頃だった。正直、動画で顔を見るまではMさんの後輩に会った記憶はあったが、顔までは鮮明に覚えていなかった。彼自身、強烈に印象に残る顔立ちというものでもない。ただの偶然だが、私自身が意外なところで意外なシチュエーションで、彼にも再会を果たしていた、ということになるのだ。





丹谷汐里 井上なつみ 栗田菜々子 黒木いくみ 成田美寿々 植田良子 戸田千 田岡久子 後藤代志子 川崎映夢 鈴木暁子 相良倫子 九重かんな 水卜さくら 卯水咲流 小早川怜子 瞳リョウ 石川成美 片岡千涼 渋田千尋 桑原悠 小西博子 小倉賢子 大平梨緒 茜沢ユメル 高橋しょう子 原さくら 初川みなみ つぼみ 青木比奈 麻里梨夏 永井みひな 若菜奈央 卯水咲流 菊川みつ葉 富田優衣 川口葉純 一宮つばさ 水川かずは 御坂りあ 春菜はな 日乃原杏 桜空もも 岬ななみ 天海つばさ 希崎ジェシカ 西宮ゆめ 大浦真奈美三浦友理枝 長尾優華 鎌田直子 藪内由佳 久保みどり 野萱純子 一路真輝 藤原あかね 橋本美幸 杉ノ内由紀 石井美砂子 鮎川颯 荻野瑛 北条裕子 田岡久子 後藤代志子 山田葉月 三木香奈子 嶋津菜摘 冨田麻友 高見怜奈 山岸逢花 佐々波綾 本田岬 有坂深雪 宝田もなみ 君島みお 初乃ふみか 松本菜奈実 天使もえ 梅本佳子 川上由佳 竹俣紅 大里葉桜 木谷未彩 計良麻里加 豊田直美 松原あけみ 明日海りお 朝倉みずほ 姫野たま 大西里帆子 曽根三千代 石川陽子 尾田美佐子 並木みどり 山本佳子 永峰陽 皆川夏穗 中谷芙二子 林さくら 加藤麻衣 三原ほのか 推川ゆうり 黒木いくみ 三浦伊織 植村美奈子 純名理沙








Forty Four

2015.09.09.Wed.23:18

度かMさんとは泊まりがけで旅行に出かけたことがあって、だいたいが私の運転するクルマであちこちを回る、というのが常だった。普段から、貴重な休みの日が取れると日帰りでドライブに行くのは、半ばMさんのご機嫌取りには最低限必要な行事だった。もちろん、予算はすべて私持ちだ。今にして思えば、私は最近流行のATMと変わらなかったのかもしれない。

そんなある時、Mさんの大学時代の思い出の土地を巡る機会があったのだ。キャンパスや、住んでいた周辺を車で廻ったのだが、思い起こすとそれはMさんから持ちかけられた話だったような気がする。いってみたいと請われれば、当時の私にそれを拒否する理由はない。そこに何の意図があったのか、真意はもう計り知れないが、とにかく彼女のナビゲートで彼女の思い出の場所を巡ったのだ。

もちろんそこにはいくつかの観光名所も行程には入っていて、その多くがMさんが卒業して後にできた施設が多かった。その中の一つにWの勤める施設があったのだった。小さな水族館を併設した土産物屋、といった風情であったが、メインはダイビングで、そのための宿泊施設もあった。看板に導かれて辿り着いた、というのが本当のところだが、なんの特徴も無い土地に、ポツンと観光施設が佇んでいるという格好だった。

MさんはそこにWが勤めているのは知らなかったようで、全くの偶然に私たちは顔を合わせたのだが、先輩なら、ということでそこの水族館をタダにしてもらった。確かにその時の様子は、先輩と後輩の関係で、旧知の仲と言うよりは、上下関係の厳しさを未だに引きずっている、といった印象だった。館内を二人で見て回りながら、いくつかのエピソードをMさんに聞かされたが、その時はまったくセクシャルな印象は持たなかったのだった。





大友美里 NHK 若杉ゆりな 藤穂波 三沢奈々 加山夢 姫野香 池端さえ 萩森真紀 加藤直美 山下茜 那珂沢志保 山吹みどり 美島麻紀 石川千鶴 只野麻里 松崎直子 若杉るみ 杉森風緒 荻原さやか 宍戸亜矢子 うるるまみ 白瀬あいみ 内山めい 山口まゆ 倉沢七海 松葉まどか 三崎明日香 宝生沙里亜 飯島麗華 山口玲子 金子みえ 蒼井麗美 城島あかり 大野かすみ 藤原史步 瀬名さくら 美咲香蘭 水原晶 工藤楓 梶原まゆ 河合梨音 冴木美奈 川崎るみ 姫川麗 春菜まい 百瀬まひる 桃井りか 美都聖奈 姫島瑠梨香 立花里子 華純 秋津薫 吉野るり 七海りあ 菊川あずみ 七瀬ななみ 菊池麗子 氷咲沙弥 かわいひかる 川奈まり子 石原みさと 沖那つばさ 乙梨カナ 平井まりあ 中島優奈 桜井アヤ 水野奈菜 泉星香 澤宮夕希 永瀬愛 菊池麗子 蘭望実 中里優奈 森下由希 桜井美亜 沙里奈ユリ 若槻舞 磯田郁江 小橋温子 篠崎芳美 寺下一美 森野弘美 駒井美佐子 谷山広恵 相川奈美子 江本智枝 永畑留美子 長尾照美 堀田恵 明石三智子 佐原香代子 吉村祐美佳 桜井ひかる 神咲あゆみ 矢野美月 山吹あずさ 菊川麻里 元祖リベンジポルノ もりすむmorisoon datsuzaru 香川の肉便器 [写真集][IV] 真紀(20070705-202906)のアルバム Winnyつこうて彼女とのハメ撮り画像を流出!「真◯ちゃん」 一高の真紀ちゃん 高知大学水泳部リベンジポルノ 元祖リベポ





素人無修正動画


Nature

2015.09.10.Thu.00:02

まりがけの旅行では、さすがにMさんはずっと私につきっきりで、そこには他人のつけいる隙などはないと私は信じていた。観光客に紛れてしまえば、そこに関係性が見いだせるのは少なくとも二人の親密災害にはないというのが普通だからだ。だが、どうやらそれも私一人の幻想に過ぎなかったようだ。ある有名な九州の温泉地で泊まった時、彼女は私がすぐそばにいながら、貴重な体験を果たしたらしい。

その話は、Kの元愛人が洗いざらいMさんの乱行を告白してくれた時に出てきた話だった。ちょうど、KOとの関係を熱心に深めていた時期で、Oが私の部屋の私のベッドで毎週Mさんを抱いていたそのすぐ後ぐらいの頃だ。その頃のMさんを欲情させるアイテムは、どうやら私の目を盗むことの中に多く含まれていたようだ。もっとも、その頃に罪悪感という者をどれほど感じていたかは定かではない。

休みの日がなかなかとれず、日程が明らかになるのがずいぶん遅れたために、宿も空いているところを選ぶ、という選択肢しかなく、確保できたのは中心地から外れた、多少古めかしい旅館だった。それでもサービスが行き届いていないわけではなく、料理も温泉も満足いくモノだった。夏休みの真っ最中だったが、私たちにはいくらかまだ幸運のしっぽを掴むことが出来ていたようだ。

ただ、設備は所々にほころびがあって、清潔ではあるが見栄えが良いわけではなかった。それに温泉もさほど広くはなく、一応大浴場に隣接する格好で露天風呂はあったが、特徴的な何かが備わっているモノでもなかった。そこからの景色も、ダイナミックな何かがあったわけではない。ただ、それだけにいくらか自由が利く余地があって、仲居さんにチップを渡すと優遇してくれる場面がいくつかあったのだった。





バロン辻村 久本真菜,カップ 縛られた現場撮影







I Want Your Picture

2015.09.11.Fri.08:21

行の目的は、普段長く一緒にいられない時間を埋めるがごとく、一日中一緒にいることにあって、そこにはもちろん混浴も含まれていた。普段からラブホテルに入ると一緒に入ってはいるが、やはり旅先での温泉で二人につかる風情には変えられない。混浴はどちらかというと私の趣味ではあるが、Mさんのダイナミックな肢体を鑑賞するにはちょうどいいロケーションなのだ。

ただ、最初に予約した時に確認すると、貸し切り風呂の施設はない、と断られていた。いくつかの土地を廻ってそれぞれの旅館に泊まったのだが、Mさんと一緒に入浴する機会はそこだけ不可能だったのだ。今ほど部屋付きの露天風呂というのもメジャーではなく、無いことはなかったが数は少なく、当時の私たちの状況では予約が間に合わなかった。露天風呂を貸し切りにすることが出来なければ、混浴は諦めるしかなかった。

だが、実際に旅館に着いて確認してみると、空いた時間を利用すると、貸し切りにできますよ、と仲居さんはこともなげにそう言ったのだった。表向きは貸し切りは管理が難しいので断っているのだが、掛け流しのいつでも入れる風呂なので、脱衣所の鍵を中から閉めれば大丈夫だと言うことだった。チップを手にした途端、仲居さんはそう言って良い時間にはお呼びしますよ、と言って笑ったのだった。

試しに食事の時間を早めにとって、ほかの宿泊客が夕食に充てている時間に行ってみると、確かに風呂はがら空きで、二人で入って中から鍵をかけると、そこはもう貸し切り状態だった。そうして思いは遂げることができたのだが、そういえばMさんと露天風呂に入ったのは、その時限りだったような気がするのだった。貴重な体験だったはずだが、記憶にはあまり残っていないのは、その後に知った真実の方がインパクトが大きかったせいかもしれない。





バロン辻村 久本真菜,カップ 縛られた現場撮影








My Last Affair

2015.09.12.Sat.07:58

光地然とした街を散策したが、ほとんどが土産物を物色することに終始してしまった。それから夕食を終えて二人きりで露天風呂を満喫した後は、久しぶりにゆっくりとした時間を過ごすことが出来た。軽く夜の街を浴衣姿で歩いて、それから宿に帰るともう床の用意が調っていた。いつも時間に追われるような毎日だったのが、逆に空いた時間が出来ると間を持て余してしまうのに苦笑した。

戻ってくる時に、駐車場を見ると家族連れのワゴンが並んでいる隅に、バイクの一段が固まっているが見えた。私が記憶しているのはそこまでで、それが実は重要な意味を持つのはずっと後になって知ることになる。だがその時は、ツーリングの集団がいるんだな、ぐらいであまり気にも留めなかったのだった。ツーリングの光景は、その度の間中そこここで見慣れた風景だったのだ。

夜になって、当たり前のようにMさんとセックスした後、私は早々と眠りについてしまった。一日中クルマを運転してその日は相当に疲れていたのだ。そこにアルコールも加わって、欲望を満たすと後は睡魔に取り込まれる以外無かった。一方、Mさんは事が終わると、浴衣を整えて、もう一度湯に浸かってくる、といって部屋を出て行った。そこから朝まで、私の記憶は途切れていて、朝早くに、隣に寝ているMさんを見るまで、全く何も気づかなかった。

浴場は一応男湯、女湯に分かれていて、Mさんが女湯の方のドアノブを回そうとすると、鍵がかかっていて中には入れなかった。おそらく、混浴している最中なのだろう。私たちは夕食の時間を狙ったが、深夜の方が利用できる確率は確かに高くなる。それでもあきらめきれないMさんは、試しに男の湯の方のドアを開けてみると、そちらはすんなりと空いたのだった。





丹谷汐里 井上なつみ 栗田菜々子 黒木いくみ 成田美寿々 植田良子 戸田千 田岡久子 後藤代志子 川崎映夢 鈴木暁子 相良倫子 九重かんな 水卜さくら 卯水咲流 小早川怜子 瞳リョウ 石川成美 片岡千涼 渋田千尋 桑原悠 小西博子 小倉賢子 大平梨緒 茜沢ユメル 高橋しょう子 原さくら 初川みなみ つぼみ 青木比奈 麻里梨夏 永井みひな 若菜奈央 卯水咲流 菊川みつ葉 富田優衣 川口葉純 一宮つばさ 水川かずは 御坂りあ 春菜はな 日乃原杏 桜空もも 岬ななみ 天海つばさ 希崎ジェシカ 西宮ゆめ 大浦真奈美三浦友理枝 長尾優華 鎌田直子 藪内由佳 久保みどり 野萱純子 一路真輝 藤原あかね 橋本美幸 杉ノ内由紀 石井美砂子 鮎川颯 荻野瑛 北条裕子 田岡久子 後藤代志子 山田葉月 三木香奈子 嶋津菜摘 冨田麻友 高見怜奈 山岸逢花 佐々波綾 本田岬 有坂深雪 宝田もなみ 君島みお 初乃ふみか 松本菜奈実 天使もえ 梅本佳子 川上由佳 竹俣紅 大里葉桜 木谷未彩 計良麻里加 豊田直美 松原あけみ 明日海りお 朝倉みずほ 姫野たま 大西里帆子 曽根三千代 石川陽子 尾田美佐子 並木みどり 山本佳子 永峰陽 皆川夏穗 中谷芙二子 林さくら 加藤麻衣 三原ほのか 推川ゆうり 黒木いくみ 三浦伊織 植村美奈子 純名理沙





クチコミサイトで話題の人気エステサロン



Moanin' At Midnight

2015.09.13.Sun.13:00

刻に私と混浴した時は、男湯だったせいもあって、Mさんはあまり躊躇することなく男湯の方に入っていった。もうかなり遅い時間だったし、浴場まで来る旅館の中も静まりかえっていた。鍵さえかければ大丈夫だろう、とMさんはそのまま男湯の脱衣所で浴衣を脱いだのだった。夜だったことも有り、浴衣の下には何も着けず、あっという間に一糸まとわぬ姿になって、浴場へ入っていった。

二十四時間掛け流しを歌っている温泉だったが、深夜には照明が落としてあり、露天風呂の方にある街灯だけが浴場全体を照らしている、といった寸法だった。その光が入り込んで照らされている内風呂は暗がりと云うほどでもなかったが、元々目の悪いMさんには、はっきりとは見えていなかった。動き回るのに支障は無いが、ハッキリとディティールまでが分かっているわけではなかった。

軽くかけ湯をして、セックスの汗と体液を流した後で、そのまま彼女は露天風呂の方に向かった。ガラス戸を開けるともう天井はなく、街灯と月明かりが岩風呂を浮かび上がらせていた。昼間はいった時と変わらないはずなのに、夜の闇の中に紛れ込んだようなその景色は、まったく違う顔を見せていた。湯のさざめく音が静まりかえった夜の風景に漂っていた。ただ、露天風呂に出て戸を閉めた時初めて、先客があることにMさんは気づいたのだった。

しかも、そこにいたのは体格の云い、筋肉質の男性だった。彼はMさんが入ってきたのを見て、相当狼狽したようで、声を上げることも出来ずに、唖然とMさんの顔を見つめていた。それに気づいたMさんも、慌てて自分の前を隠したが、そこから出て行くことはしなかったのだった。無防備になんの躊躇も無くそこまで来たことに、Mさんはその時後悔を覚えたのだった。





バロン辻村 久本真菜,カップ 縛られた現場撮影








The Natchez Burnin'

2015.09.14.Mon.03:45

浴だったんですか?と訊いたのは男の方で、その声はずいぶんと若そうな響きを持っていた。どこか慣れていない感触があって、Mさんはとっさに大学生ぐらいだろうか、と思った。Mさんは返事をする前に、裸体を隠すつもりで湯船につかった。そして隅の方で体を丸めて、やっと男の方を見たのだった。その時きびすを返して風呂を出て行かなかったが、Mさんらしい本能だろう。

男も同じように首から上だけを湯面から出してMさんの方を覗いている。相当に動揺しているのか、身動き一つとれない雰囲気だった。ただ、幸いにも、照明が抑えられているせいで、お互いの詳細までははっきりと見てはとれなかった。Mさんの目に男のがっちりした体格は見えるが、どんな顔かたちをしているのかまではハッキリとしない。そのことでいくらか安心したのは、やはり慣れているMさんの方だった。

やっとMさんは、かいつまんで説明を施した。鍵をすれば貸し切りに出来る、というのを男は知らなかったようで、話を聞いてやっと納得したらしい。納得した後、それじゃ僕は出ます、といって立ち上がろうとしたが、それを押しとどめたのはMさんの方だった。当然のように意外な顔をして男はMさんを見たが、既にMさんは別の思惑に囚われていた。彼女の悪戯心が首をもたげ始めていたのだ。

男も今入ったばかりだと聞くと、Mさんはせっかくだから、とそのまま混浴することを奨めた。彼女が鍵を閉めたことで、そこはもう二人だけの空間だった。見とがめる人もいない代わりに、誰かに邪魔されることもないのだ。いわば降ってわいたような秘密の空間が、絶好の機会となってそこに現れたのだった。二人だけの秘密に出来ますね、と男も意味深に言って笑い合い、予期せぬ混浴が始まったのだった。





バロン辻村 久本真菜,カップ 縛られた現場撮影