FC2ブログ

The Wolf is at Your Door

2015.08.31.Mon.04:35

夏の頃でも朝練の起床時間となると、かなり早く未だ日の出に届かない時もあった。逆にMさんたちは、昨夜ようやくタケシの射精で満足を得てから、それほど時間を経ていないことにもなっていた。セックスの合間に微睡んだ、という感覚で朝が来ることもあった。時に何度も挑まれた時など、瞬きほどの時間目を閉じただけで、あっという間に起床時間が迫ってくるのだった。

それでも、朝からタケシのピストンは激しかった。それに併せてMさんも腰を揺すり始めるが、主導権は完全にタケシが握っていた。タイムリミットを言い訳に、自分よがりであっという間に上り詰めようとしていた。元々Mさんの満足を優先するタケシではなかったが、朝の交わりは交わりというよりはずっと、タケシの性欲処理だった。だが、そういうセックスもMさんは嫌いではなく、いくらか嗜虐的な快感を得ることもあった。

そこへ、Wのモーニングコールが鳴り響いたのだった。何があっても大丈夫なように、枕元にいつも電話機が置かれていた。それが目覚まし代わりのベルを鳴り響かせるのだから、無視するわけにはいかない。起きるまで鳴らし続けるのは、後輩に課せられた義務だった。Mさんは半分まどろみながらも起きていたが、いまだセックスの最中であるこが素直に受話器を取るのをためらわせた。

それでもとらないわけにはいかない。タケシはほくそ笑みながら腰の前後運動を一層早める。タケシ自身に取らせようとしたが、距離はMさんの方が近い。仕方なくMさんは受話器を取った。その向こうでWのはつらつとした声が聞こえた。全く邪気のない素直な声だった。それを聞いたとたん、Mさんは自らの淫猥な行為とのギャップに、なぜか強烈な快感に似た胸のざわめきを覚えたのだった。





愛液いっぱい巨乳無修正動画 有吉なおこエロ動画 極道妻緊縛調教動画








スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

I Asked For Water

2015.08.30.Sun.05:52

入し重なり合うだけで満足していたその頃のタケシは、体力だけが自慢だった。だから夜の交わりは濃密で萎えることを忘れたように突いてきた。Mさんはその頃にはもう、快感のあらゆる道筋を覚えかけていたので、完全な満足とはいえなかったが、それでも勃起の感触に愛おしさは感じていた。挿入されれば、快感が沸き起こり、どんなに拙いセックスでも、無いよりはマシ、と身体を開いていたのだ。

それが朝に求めてくる時は、決まって一方的だった。タイムリミットがある、とお互いがわかっていたので、どちらかというと朝っぱらからセックスをした、ということに単純に酔っていた。だから、Mさんがタケシが求めてきたのを感じて、ようやく目を覚ました頃にはもう、彼の勃起は彼女を貫いていた。愛撫などほとんど無く、妃裂をまさぐりそこをこじ開けるように挿入してくるのだ。

勃起で起こされるのは嫌いではなかったが、そこからあっという間に射精にまで上り詰めてしまう。その物足りなさもあって、そういうときは一日悶々とした時間を過ごしてしまう。ただ、そういう時には、タケシでは泣くほかに欲望の捌け口を求めてしまうのがMさんで、だから、タケシの拙さも彼女にとっては全くの無駄ではないのだ。もちろん、彼に満足して一日が始まる時もある。

記憶にあるその時も、タケシは眠るMさんに挑んできた。昨夜の名残でお互いに身につけているのは下着だけだったので、あっという間に準備はそろっていた。快感を与えるというよりは、潤滑油を塗りつける感覚で、手早くクンニを済ませたタケシはあっという間にMさんとつながった。その感触に目を覚ましたMさんは、自然と枕元の目覚まし時計を見やったが、すぐに快感の虜になって身悶えし始めた。





愛液いっぱい巨乳無修正動画 有吉なおこエロ動画 極道妻緊縛調教動画








Spoonful

2015.08.29.Sat.06:22

い付くような格好でWの口が再びピンクの肉に押し当てられると、一度喘いだMさんは告白を始めた。艶めかしさに歪んだ声が、Wの聴覚を刺激するが、一方で彼女の告白にも興味がある。モーニングコール、というキーワードでWの頭にはいくつかの場面が思い起こされた。当時、部活の朝練がある時に、先輩を起こすのは後輩の仕事だった。何人かいる部員それぞれに割り当てが決まっていて、朝電話をかけて起こすのだ。

今のようにケータイのない時代だったので、部屋の電話にかけるのだが、Wが担当していたのがMさんの自宅だった。当時は、タケシと同棲していて、そのことは公然の秘密のように誰もが知っていた。だが、Wはその事実を既に二人から告白されていた。最も口の堅いとされるWをそれだけ信用していた証拠なのだが、一方でだからこそWばかりを引っ張り回す喧嘩も将来していた。その中に、タケシとMさんを一度の起こす役目が回ってきていたのだ。

初夏の頃の風物詩のように、Wは律儀にほぼ毎日決まった時間にMさんの部屋の電話を鳴らした。枕元に置いた電話が鳴ると、それでMさんは起きるのだったが、時々はそれよりも前に目が覚めていた。彼女を起こしていたのはタケシだった。彼はいつもMさんの隣の布団に寝ていた。一緒の布団に寝るのはMさんが嫌がったので、朝はだいたい、隣り合った別々の布団に寝ていたのだ。

性欲有り余る年頃の男女が、一つ屋根の下で眠っているのに、何もないわけはない。当然、夜になると飽きることを忘れたようにお互いの欲望でつながり合っていた。そしてそれは、夜に限ったことではなかった。暇さえあれば、退屈しのぎに繋がりあっていた者同士なのだ。朝勃ちして収まらないタケシが、目を覚ましてその解消を隣で眠るMさんに求めるのは自然なことだった。





愛液いっぱい巨乳無修正動画 有吉なおこエロ動画 極道妻緊縛調教動画







Moanin' For My Baby

2015.08.28.Fri.05:32

い当たる卑猥な体験は、大学時代に限ってみてもいくつも思い浮かんだ。それでも、今に比べれば青臭さに苦笑してしまうような体験ばかりだな、とMさんなどは思うのだが、そこで時が止まったようなWには、その青臭さ故の大胆さですべてが染まっているのかもしれないと察した。自分ばかりが経験を積んでいるつもりはなかったが、身体に染みついた上下関係が、拙さを後輩に押しつけてしまうのかもしれない。

しかし、結局Mさんの頭に浮かんだのは、またしてもWが関わっていたものだった。彼のせっかくのセックスの機会、それもおそらく童貞卒業のタイミングを、Mさん自身が壊してしまったのが、今となっては後悔もあるのだが、その頃は全く罪悪感など考えなかった。些細な悪戯程度にしか思わず、それでも晴れきらない自分の憤懣やるかたない想いの方がその時はずっと問題だったのだ。

だから、と言うわけではないが、理不尽な状況に彼を巻き込むことが、巧妙に企みを隠しながら、何度もあったのだ。一度悪戯の中に彼を引き込むと、箍が外れたようにますます罪悪感が薄れてしまう。かわいがる範疇から逸脱するのも、時間の問題だった。だが、それを披露すると、あまりにもWが不憫に過ぎた。だから、最も軽く冗談口ですむようなものを、Mさんはとっさに判断して口にした。

あなたによく、モーニングコールを頼んでいたわよね、と今度はMさんの方がWに問いかけた。彼は股間から視線だけを上向け、Mさんを見た。一瞬、妃裂への刺激が止まって、Mさんはいくらか残念に思ったが、代わりに思考はいくらかハッキリした。あの時にね、と言いながら、Mさんは手を伸ばしてWの頭を撫でた。そして、告白の余興に快感が欲しい、とばかりに自分の妃部へと誘った。





愛液いっぱい巨乳無修正動画 有吉なおこエロ動画 極道妻緊縛調教動画








Evil(is Going On)

2015.08.27.Thu.02:49

が滑った拍子に、鼻先がしこっていた肉の芽に触れると、Wの方を睨むようなMさんの視線がおそった。そこが一番、自分の苦心を打ち砕く、と言いたげなその表情に、いつしかWはにやりと笑いを浮かべていた。自分の中にある嗜虐趣味が、思わず顔を出してしまったことに、彼自身は気づかなかったが、思えばそれを確かめる機会がこれまでに全くなかったのだから仕方が無い。

あえて大げさに舌を出して、WMさんのクリトリスをペロペロと舐め回した。舌の真ん中に肉芽を押しつけるようにして、更にそれを下から上へと擦りあげるように動かす。その様子は彼女にもはっきり見えているはずで、その行為を心底楽しんでいるWの表情も目には入っていた。だが、刺激に耐えられなくなった彼女は、身もだえするように体をくねらせながら、自分からWの頭を寄せてそこを押しつけてきた。

今度はそれを軽く交わして顔を上げてWは、ニヤニヤしたまま、本当にスケベな先輩だ、と言った。それは返事を求めたものではなかったが、Mさんは肯定するように頷きながら求めるような視線を返した。経験が浅い彼でも、本能的にMさんが求めているものが伝わってくる。淫靡に堕ちた女の瞳は、あからさまに欲情を語る者なのだ。無言で、もっとして欲しいのか?という視線を送ると、Mさんはさらに大きく頷いた。

じゃあ、と言って再びWは身を低くすると、またMさんの下腹部に顔の半分を隠した。視線はそのままに、もっと告白してくださいよ、と言った。Mさんの視線から消えた部分では、彼女の欲情を更に煽るような動きが繰り出されているのを肌に直接感じる。もっとエッチなこと、やっていたんでしょ?あの頃、と言ったWは荒くなった鼻息を、クリトリスに吹きかけて、Mさんの決断をせかしたのだった。





愛液いっぱい巨乳無修正動画 有吉なおこエロ動画 極道妻緊縛調教動画








Poor Boy

2015.08.26.Wed.12:01

抗を見せなかったMさんは自分から軽く太股を開いてみせると、それに煽られるように、Wの手がその太股を左右に割るようにして上へと掲げた。持ち上げられた足の間を、一瞬Mさんは手で覆い隠そうとしたが、思い直してその手をすぐに畳の上に投げ出した。すると、Vの字に開かれたその中心へと、Wは顔を押し込んでいく。まもなくMさんの妃部が彼の鼻先に触れた。

独特の臭気とわだかまった熱気がさらに濃くなって彼の鼻腔をついた。風俗で感じる嫌みのない感触とは違って、生々しい芳香にWはさらに興奮の度合いを高めた。股間で勃起が悲鳴を上げそうなほどにそそり立っていて、それを中心に発熱したかのように、全身が熱い。その熱情に突き動かされて、一直線に香りの立つ源へと唇を押し当てた。生身の女性から溢れ出た蜜が、すぐにどろりとこぼれ落ちてきて、彼の唇を濡らした。

それをすすると盛大な音がして、それに被さるようにMさんの艶めかしい声が響いた。吸い付いた唇の間から、舌を差し出して肉の洞を探ると、次から次へと粘液が溢れてくる。それを掻き取るように舌を動かすたびにMさんの声がボリュームを増した。更に奥へ、奥へと舌先を進めると、今までに感じたことのない、生き物が蠢いているような感触がした。それを確かめるように探ると、更にMさんは身体をくねらせて喘ぎを漏らす。

その声がくぐもって、やっとWは視線をMさんの顔に向けた。すると彼女は、自分の人差し指を噛み、苦悶に満ちた表情を浮かべていた。自分の快感に酔う振る舞いに没頭しかけて、我に返った彼女が、その声を抑えるために苦心していることが、Wのさらなる興奮を誘っていた。あの時も声を抑えるのに腐心していたのを思い出したが、ただ、それよりはもっと熟練した奥ゆかしさのような者を感じて、Mさんに重ねられた時の重さをWは感じたのだった。





愛液いっぱい巨乳無修正動画 有吉なおこエロ動画 極道妻緊縛調教動画







One Last Try

2015.08.25.Tue.19:01

に押しつけられるように寝そべっていたMさんの腰にWの手が触れ、そのまま抱きかかえるように小さな隙間に潜り込んだ。もどかしい手つきだったが、その指先がホックを外すと何かから解放されたように、スカートが緩んだ。その手でそのまま裾をつかむと、Wは一気に下まで引き下ろした。Mさんも腰を浮かせてWを助けたが、そのことに彼自身は気づいていないようだった。

手に合わせて身体を滑らせるようにしてスカートを膝のあたりまで下ろすと、自然とWの顔はMさんの股間を目の前にした。そこで、Wは留まってしまった。そこにあるはずのものがなかったからだった。彼の目がとらえたのは、細く縦長に揃えられた陰毛と、その連なりの先で合わせられた肉感的な太ももから除く小さな亀裂だった。もう一枚の城壁に遮られなかったことに、Wは逆に戸惑い行く先を見失ってしまった。

下ろしたスカートには、それ以外何もついてきてはおらず、しばしWはそのことが何を意味するのか混乱した。だがすぐに我に返って、Mさんが下着を着けていなかったことに思い至って、彼は唖然とした。それはおそらく、彼の部屋からずっとそうだったはずで、そこまで考えてWは自分の体温がカッと熱くなるのを自覚した。ずっと下着を着けずに、事も無げに接してきたMさんの奔放さに、慣れを通り越した素質といっても好いほどの淫蕩さを感じた。

本当にスケベな人だったんだ、と思わず口にしたWは、躊躇せずにスカートをすべて脱がしてしまった。一糸まとわぬ姿で横たわるMさんは、とっさに股間を手で覆って隠そうとしたが、その手をWはつかんで払いのけた。そして、隠そうとした部分に顔を寄せ、頭をねじ込むように腿の間に潜らせたのだった。柔らかな肌の感触と一緒に、鼻先に汗に混じった独特の臭気が触れて、Wはクラクラするような衝撃を感じた。





巨乳相撲 無料緊縛アナル黒人無料無修正 熟女覗きアナル