FC2ブログ

It's No Good

2015.06.01.Mon.09:13

触を刻みつけるようにゆっくりとSくんが動き始めると、Mさんはたちまち淫靡な刺激に陶酔し始めた。彼女の周りでは、今にも精を放ってしまいそうなほど高ぶった勃起が並んでいて、それを加速するように扱き続けられていた。異様な光景だが、それだけにMさんの高揚は一層深くなっていた。挿入されている肉の感触を感じながら、周囲の硬くなった肉の形状一つ一つに、淫靡な興奮が張り付いているのに翻弄される。

かつて先輩の手で、生身のオナニーネタになっていた時は、基本的に男達は離れていて、今のように取り囲まれたことはなかった。布団やベッドが舞台になっていて、それをあくまでも遠巻きに見ているのが常だった。それが今は、手を伸ばせば届くところに勃起が並んでいたのだった。拘束されていなければ、望まれなくてもきっとMさんは手を差し伸べたに違いない。

挿入を果たされてセックスの快楽にまみれたMさんを、Sくんは男達の目に晒すために、覆い被さろうとはせずに、足のくくりつけられた肘掛けに手を付いて、ゆっくりとしたペースを保ったままで、規則的に腰を前後していた。高ぶっているMさんにはそれはどこかもどかしかったが、焦らされているようでもなかった。それがSくんの手法なのか、今回限りの手練なのかは分からなかったが、微妙なラインを綱渡りしていた。

中心はセックスをしているMさんで、Sくんも含めてそれを見ているのが男達の目的のように思えた。いくらか舞台は変わっても、あの頃の再現、という意味では今それが完成したように思えた。Mさんはまさしく生身のオナニーネタに過ぎなくなっていたのだが、もちろん、それで終わるはずはなかった。それを告げるように、Sくんは一際奥まで勃起を押し込むと、その反動でやっと、Mさんの乳房に顔を埋めたのだった。





藤原みわ 正義は勝つ 後ろ手縛り大好き







スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Fever Called Love

2015.06.02.Tue.23:04

に挟まれて突き出したような肉の塊を、唇で愛撫しながら、Sくんは徐々にせり上がって、Mさんの首筋を撫でて耳元に顔を寄せた。そして、うめくような声で、昔はこれで終わりでしたよね、と云った。Mさんはその言葉にSくんの顔を見据えた。視線を自分の耳元に寄せる彼の顔に向けた。薄く笑いを浮かべた彼の顔が間近に見えて、一瞬Mさんは照れたが、それを蕩けた眼で見返し、素直に頷いた。

昔は俺もそうだったけれど、先輩はMさんに指一本触れさせてくれなかったでしょ?と問いかけられて、確かにそうであったことを思い出した。具体的に威圧する何かを持っていたわけではないが、どちらかというと周囲で見つめる男達の方が律儀に、そのルールを守っていたような気がする。言い含められていた可能性はあるが、それでも先輩の威厳が、観客達との間に透明な幕を下ろしていたのは間違いない。

だからこそ、Mさん自身も、先輩との行為に没頭することが出来、変態じみた快楽を知ることになったのだ。だが、考えてみれば、それは相当な抑圧であって、確かに先輩の前だけでなくても、Mさんにアプローチしてこようとする者がいてもおかしくなかったはずだ。血気盛んで、いくらか思慮より身体的快楽が勝る年頃の男達だったのだから、威厳やステイタスなど踏み越えることに躊躇のないものが、一人ぐらいは出てきそうな者だった。

しかし、誰一人としてルールを破ろうとした者は居なかった。それを許されたのは今繋がっているSくんだけで、それもやはり先輩に許されたからなのだ。さっき告白されたように、男達の中でMさんは強く印象を刻みつけて残っており、その先輩という軛から解き放たれた時に、かつての思いを遂げたいと思うのは当然だろう、とやっとそこでMさんは気づいたのだった。





藤原みわ 正義は勝つ 後ろ手縛り大好き





ペロ×2 オナホ 3rd 「ペロペロ催眠」イベントガチャチケット付き


Color of Love

2015.06.03.Wed.21:02

元に熱い息を吹きかけながら、片手で乳房を揉み始めたSくんは言葉を続けた。それは、Mさんが予想した通り、簡単に云えば、あの頃叶えられなかった思いを今こそ果たしたい、というものだった。俺達今でも、Mさん以外では射精できないんですよ、と冗談とも本気とも付かない言葉を、男達の中の一人が云った。ただ、その言葉にベッタリと欲望混じりの汗が滲んでいた。

そこまで告白されると、もうMさんに拒否する理由はなかった。募る思いの深さは、実は薄々Mさん自身も感じていて、だからこそ、今のような姿をさらすことも受け入れられていたのだ。わざわざ自分の了解を得なくとも、なし崩しでもきっと、そのまま男達の欲望を満たすことは出来ただろう、とMさんは思った。大学時代ならいざ知らず、今なら彼らの思いを無碍に断ることのぶしつけさを、Mさんもいくらか学んでいる。

結局それは、彼らの実直さがそうさせたのと、やはり先輩の陰が尾を引いているのだろう。きっと了解を得る前に亡くなってしまった、という負い目のような物があるのだろう。それだけ、彼らにとっても先輩という存在は、胸に深く刻まれているという証拠なのだ。言い換えれば、先輩の存在は欲望を熟成させるのに一役買ったのかもしれない。このときがくることまでも予想して、後輩達に煮え切らない情動を植え付けて置いたと考えるのは、過ぎた思いだろうか。

この手の縄を解いてくれる?と、それが条件のように、MさんはSくんに云った。一瞬躊躇はあったが、彼は素直に頷いて、背もたれの後ろで結ばれた縄目を解いた。やっと自由になった手をMさんは自分の目の前にかざしてみた。その向こうに男達の顔が見えた。皆一様に大学時代の幼さは消えていたが、代わりにぎらぎらした沸騰するような淫欲に塗れている。その内の一人の勃起に、Mさんは手を伸ばしたのだった。





波多野結衣 久本真菜中出し動画 千葉さな子








Miracles

2015.06.04.Thu.09:04

起を捕まれた男は、そのままMさんの手に引っ張られて彼女ににじり寄るような格好になった。目の前に勃起を見るや、Mさんはその先端に唇を寄せ、あっという間に口の中に入れた。オオッというどよめきが巻き起こり、男達はさらにMさんへの距離を縮めた。あの頃果たせなかった壁を、今乗り越えた瞬間に、彼らの爆発寸前の欲情は一気に膨張した。

男達はそれぞれ、物欲しそうに勃起をMさんの肌に近づけ、アピールするように扱きを強めた。その内の一本を、Mさんは片手に取り、もう片方にも勃起を握って、男達の代わりに扱きを続けた。あぶれた男も、それぞれが彼女の肌に勃起の先端を擦りつけ、にじみ出した我慢汁をなすりつけた。最も触れて欲しい男の象徴が、今まさにMさんを蹂躙しにかかっているというだけで、男達は胸を熱くしていた。

その中心で、Sくんは再び上半身を起こすと、今度は早急なピストンを始めた。一気に上り詰めようという動きに、Mさんはそれを煽るように一層深く勃起を飲み込み、扱きのスピードを速めた。Sくんが先導する形で、乱交は一つのリズムを打っていきなり走り始めた。

先にイカせてもらうよ、と半分喘ぎながらSくんがそう漏らすと、Mさんを中心にした淫靡な緊張が瞬く間に高まった。とその刹那、Sくんは勃起を引き抜き、Mさんの陰毛の上を滑るように腰を前に突き出した。それと同時に、勃起の先端から、一筋の白い航跡が放たれた。それは勢いを着けて腹の上を飛び越えて、二つの縄に挟まれた乳房の先端まで届いた。それを見届ける間もなく、続けざまに精は降り注がれていった。





波多野結衣 久本真菜中出し動画 千葉さな子







A Praise of Human

2015.06.05.Fri.12:42

たれた精液が未だ留まろうとしない内に、Mさんの手の中の勃起も、同じように精を吹き出した。それは、偶然にもSくんが放った精液に層をなすように、乳房の先端を汚した。粘度の薄い欲望液が、Mさんの乳房を白いパックで覆う。どくどくと放たれる欲望はなかなか治まらなかった。Sくんは満足したような息を吐いたが、手でイカされた男は、悔しそうに舌打ちをした。

もったいないな、と誰かが云って皆は苦笑を漏らした。そう言った男がSくんと入れ替わるようにMさんの中心に勃起の先端を向けた。あらかじめ、順番は決めていたらしく、入れ替わる時に何の合図もなかった。そして、瞬く間に違う肉棒の感触が、Mさんを貫いた。遂に最後の砦が、何十年か振りに突破されたのだ。その感慨は、しかし今では欲望の中にかき消されていた。

挿入の感覚に、口に含んだ勃起の隙間から、Mさんは艶めかしい喘ぎを漏らした。それに絡まるように、挿入した男も喘ぐ。これは・・・と云っただけで絶句する。先端を飲み込まれたままで、動きを躊躇うように腰を止めた。ゆっくりと奥まで挿入するのに時間をかけて、ついに根本まで押し込んだところで、やっと言葉を続けた。

こんなに具合の好いオマンコは初めてだ、と感慨深そうに目を細める。これを先輩は、独り占めしていたんだなぁ、と云う言葉に、Sくんだけが頷いた。動くのがもったいない、とそういったきり、また男は黙ってしまった。それでも、Mさん自身の肉の蠢きが、男をじっとはさせなかったのだった。呻いている内に、自分の意思とは関係なく身体が反応してしまい、気がつくと男はピストンを開始していた。





波多野結衣 久本真菜中出し動画 千葉さな子





L○XIL勤務の武○大卒エリート・な○くん。彼氏持ちのゆ○ちゃんを写真袋で世に晒す流出事件!



Heartbreaker

2015.06.06.Sat.23:56

いている、と感想を漏らした男は、その感触に驚きを隠せなかったが、同時に身体が素直にピストンをするのをもう止めることも出来なかった。自然と身体が導かれるように、肉を押し広げ、押しやられ、と腰を振ることになってしまうのだ。やがて、男は十代の少年のように、せわしなく腰を揺すり立て始めた。あの頃彼自身がどういう性体験を積んでいたのかはMさんは知らないけれど、きっとあの時に願いが叶っていれば、同じように忙しなかったに違いない。

長く持たないぜ、とMさんにフェラしてもらっている男がちゃかすと、返事もしないウチに、ピストンは中断され、あえなく男は勃起を引き抜き、ドロリとした精液をMさんの陰毛の辺りに漏らした。勢いはないが、酷く濃い粘液は、周囲に独特の臭気を放ってそこに溜まった。激しさはないが、随分と長い間痙攣は続き、大量の欲望をMさんの肌に小橋ていた。

すると、放ったばかりの男を押しのけるように、次の男がMさんに勃起を向けてきた。挿入すると皆、そのオマンコの異様な蠢きに感嘆の声を漏らした。それぞれが、まるで決めごとのように、挿入した途端、Mさんのオマンコを褒め称えたのだ。それを知って待ち望んでいたわけではないが、彼らの長年積み重なった欲情の澱を、具合の良さがいっそう箔を付けて輝かせていた。

最期にMさんの手で一度射精した男が挿入し、幾らか時間はかかったが、続けざまの射精を果たした。だが、すぐに、二度目の挿入を求めて男達は殺到した。Mさんの見ている前で、放って直ぐの勃起が一度撓垂れて、再び力を取り戻していく様を見せつけていた。そろそろ縄を解いて、とMさんが哀願する間もなく、いつの間にか力を取り戻した勃起が、彼女を貫いたのだった。





元祖リベンジ・ポルノ もりすむ morisoon datsuzaru 香川の肉便器 [写真集][IV] 真紀(20070705-202906)のアルバム







Blackout

2015.06.07.Sun.06:07

乱の宴は尚も続き、動画もきちんと最後まで続きがあるのだが、幸運にもそれを目にすることが出来たOは、最期まで見ることが適わなかったらしい。Oが見たのは椅子に縛り付けられたMさんがSくんに貫かれるところまでで、男達に代わる代わる犯される場面まで届かなかったと云うことだ。クライマックスを見逃したのには当然理由がある。

それはMさんに巧妙にそうし向けられたのもあるが、いずれにしろ動画の衝撃とそれを見ながら施されるMさんの愛撫で、欲望をこらえきれなくなって、途中まで見たところでMさんを組み敷いてしまったらしいのだ。もちろん、ことが始まった時点でMさんは自分の痴態を、テレビの画面から消してしまった。性を満たした後に続きを望んだが、結局それは適わなかった。

中途半端に視聴は終わったが、緊縛されたMさんの姿が強烈に印象に残って、それならばO自らの手で、ということになったらしい。O自身に心得があるだけに、それをMさんに施すことが出来る喜びに、彼はきっと歓喜したことだろう。それを撮影したものが、痩せ男の手に渡り、ネットで世界に放流されてしまったのだ。OがとらえたMさんの痴態は他にもたくさんあるのだが、運悪くMさんの手元にはそれだけが残っていたおかげだろう。

MさんがOに対して明確に、いわば被虐趣味がある、という告白をしたのはその時が最初で、ある意味二人の関係にもそれがブレイクスルーを果たすきっかけになった。Oはその辺りから、Mさんに羞恥を与えるプレイに没頭し始める。ノーマルなセックスで物足りなくなってしまうのは、当然に帰結で有り、もう当たり前のように動画にはその部分も、しっかりと納められていた。





波多野結衣 久本真菜中出し動画 千葉さな子