FC2ブログ

sacrifices

2015.06.30.Tue.23:02

編と後編に別れているその映像は、そのほとんどがMさんに絡みつく男達との痴態を納めているのだが、元々はプライベートなものなので、どこか旅行の記録、というような趣が残っている。同窓会の様子を記録して残す、或いは参加者に写真を配る延長で、その映像があるのだ。だから、第三者にとってはどうでも良いような場面も多い。私がそれを見たのは無修正の動画配信サイトの、VIPルームだったが、きっとそこに訪れるものの多くが、セックスシーンを求めているはずで、そういう者にとってはよけいなシーンが多いのだった。

だが、本来ならサーチしてとばすような場面も、幾らかMさんに関わりのある者には、それなりの情報をもたらす。それがどこで、どのような理由で撮影されたかを知ることが、Mさんの真実の姿を寄り鮮明に浮かび上がらせるのだ。つまり、私のような立場の男には、逆に緩慢な場面の方が見るべき価値があるのだった。

そういう意味では、後編の朝の露天風呂のシーンが終わって旅館を出る所は、多くの者にとっては無駄な場面だった。そこでは、メンバーのほとんどがそこでMさんに別れを告げて、それを見送る所が写っている。一人一人、律儀に昨夜の感想を述べて、Mさんに御礼を言うと、握手して分かれていく。Mさんも照れながらも、ありがとう楽しかった、とそれに応える。

それ以降男達の多くと別れ、Mさん達だけが旅を続ける。連休はまだ続いていて、そのぎりぎりまでを久しぶりに地元を満喫しようという計画だった。そこからMさんと行動を共にするのはSくんと、Tと呼ばれているもう一人だった。二人は、せっかくだから大学に寄ってみましょう、とMさんを誘うのだ。もちろん、Mさんはその申し出を断る理由はなかった。そして、全ての原点でもある母校へと、皆は向かったのだった。





渡辺通子 荒川千登勢 相川夏希







スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

vary

2015.06.29.Mon.05:32

縛を披露する仲になるには、いわばMさんのように、破廉恥なビデオを偶然見る、といったようなきっかけが必要だが、もちろん、Oもそこに持ち込むように画策はする。営業で鍛えたトークと、まめな「仕込み」で相手を導いていくのだ。そういう意味では、Mさんがそういう映像を見せてしまったのは、彼にとっては渡りに船だったのだろう。偶然とは言え、そういうプレイに手を染める運命だったのかもしれない。

Oが最後まで見ることのなかった、かつて痴態を見せつけ、オナニーのネタに興じていた男達との同窓会のビデオは、未だ続きがあった。だが、OMさんが椅子に縛り付けられて、Sくんを受け入れたところで我慢しきれなくなってMさんとの繋がりを求めてしまった。結局また、その続きはうやむやになってしまったのだ。続きの方は、やがて周りで見ていた男達が、次々とMさんに絡みついていき、布団へ移動して朝まで続くのだ。

そしてそれはあくまでも前編で、翌日の朝から始まる後編がまだあるのだ。それは私が見つけたネットのVIPルームにも、二編に分けて配信されていた。そこに上がっている映像の仲でもかなりの長編の部類に入る。後編、と呼ばれるその映像は、いきなり翌日の露天風呂から始まっていた。朝の光が未だ淡い時間に、男達と湯に浸かるMさんが映し出されていた。

前日とはうってかわって、打ち解けた様子がありありとわかる。男達との距離は断然近くなっており、時々手を触れたり、身体を寄せ合ったりするのに躊躇がない。お互いの身体を洗い合っている様子は、子供同士の如くはしゃいでいて躊躇がない。それほどまでに前夜が濃厚だったのだが、男達はそれでも物足りないのか、やはりそこでも、男達は戯れに紛らせてMさんを求めるのだった。





渡辺通子 荒川千登勢 相川夏希







58468/0

2015.06.28.Sun.05:28

縛プレイ、というのがOの性癖の中でも大きな位置を占めているのは、友人つきあいをしている時には知らなかったのだが、なぜか、Mさん関連の話を集めている時に、いくつかの証言を耳にした。実際に何処まで彼が実現できていたのかは分からないが、そういう意味ではMさんは格好の趣味を実現できる相手だったのだろう。OKとの乱行を私に告白してくれた女性も、そんなことを云っていた。

その女性自身、Kの愛人として、MさんやOを交えて乱交に耽っていた時には、さすがに緊縛はされなかったようだが、いわゆるOの武勇伝みたいな形で話には聞いていたらしい。深い仲になった相手には、決まって縄で縛ることを強要したらしい。それ以上勧めたのが何人いるかは分からないが、Mさんはフルコースを受け入れてくれている、と自慢げに話したということだ。

彼によると、屋外でセックスするのは未だ緊縛に比べると軽いプレイなのだそうだ。本当かどうかは分からないが、元々Oのセックスには緊縛は、普通のセックスの範疇に入るのだそうで、そういう意味では、縛って外に連れ出すのは、それほど特別なことではないようで、Mさんだけでなく、あの屋外プレイの現場に連れて行かれた女性は他にも居るらしいのだ。

意外だったのは、そのもう一人の女性というのが彼の妻だったことだ。そもそも緊縛というディープな行為に目覚めたのも、妻とのセックスが高じたためらしい。その詳細はわからないが、私個人は、彼の妻にも何度か会ったことがあるので、つい想像を巡らせてしまうのだった。Mさんとはまったく別のタイプの女性だが、縛り外のありそうな豊満なタイプでその部分はMさんと共通しているのだった。





渡辺通子 荒川千登勢 相川夏希







fight out

2015.06.27.Sat.02:13

外の緊縛シーンのあとも場面は変わってやはり、Mさんを陵辱するプレイが続いていた。最後のシーンは、ラブホテルの一室、特にSM専用に内装が施された部屋で撮影されていた。固定カメラの映像で、MさんとOの二人で訪れた時の物だろう。わざわざその部屋を調べて赴いたとしたら、二人はもう共犯関係を固く結んでそのことを楽しんでいたという証左だろう。

きっとOのことだから、その部屋でMさんを散々にいたぶったはずだが、残されているのは壁にあつらえられたXの字に渡された拘束具にMさんの手足を縛り付けているシーンだけだった。全裸に剥かれたMさんがそこに貼り付けにされ、Oはその股間を様々にいたぶっていた。鞭打ちや、蝋燭プレイなどは、残っていないが、おそらくはMさんの拒否で実際には行われなかったのではないかと思う。身体的な痛みを、Mさんは拒否する傾向にある。

残っていた映像はおそらく三脚に取り付けられたカメラでの撮影で、少し距離が離れていて、Mさんの全身がよく見えるのだが、遠すぎて何をやっているのかよく分からない。それに、部屋の照明が暗いのか、画質が荒く、一昔前の裏ビデオのような決して見やすい物ではなかったのだ。羞恥を煽る為の演出なのか、Mさんが恥ずかしがっていたのか分からないが、さすがにOもその程度の映像では残す気にはなれなかったのではないだろうか。

唯一おまけのように、最後の最後で、トイレにしゃがんで放尿しながらOの勃起をフェラチオしているシーンだけが際だっていた。少なくとも、そこまで許す行為は、他では見られない。何がMさんをそこまでかき立てたのかわからないが、Oの功績はそれだけといっても良いだろう。Mさんの本来の被虐趣味を何処まで満足させることが出来たのかは、今もって分からないままだ。





渡辺通子 荒川千登勢 相川夏希







wondering

2015.06.26.Fri.22:42

日を浴びてMさんへ叩き付けられるOの打ち込みは、意外に長く続いたが、それもやがて終わりがやってきた。Mさんが一際甲高い声で泣いたと同時に、Oが深く中に突き刺したまま動かなくなった。後ろから見ているKのカメラは、その繋がっている中心をズームアップで大きく捉えた。そしてその緊張が解けると、Oは上半身を倒してMさんに覆い被さった。

その背中にMさんの手が巻き付けられ、しばらくはお互いに余韻をむさぼるような時間が続いた。荒い息づかいが重なり、そこにMさんの未だ淫靡に滲んだ喘ぎが時折顔を出した。やがてMさんの声が途絶えると、辺りは本当に静かでススキを揺らす音がかすかに聞こえる程度で、日の光だけがやけにまぶしかった。そうしてやっとOは繋がりを解く気になったのか、体を起こして腰を引いた。

Oが画面から消えると、足を投げ出し、仰向けに寝そべったままのMさんの下腹部の姿が残った。Oに貫かれた余韻を引きずって緊張を解くと、無防備に足は開かれたままで、さっきまで勃起を受け入れていたオマンコがくっきりと見えていた。弛緩する時間を象徴するように、さっきまで快感に縛られていたMさんの筋肉が、全て解けてだらしなく呆けていた。特にさっきまで繋がっていた部分は、口を開いたまま、淫接の痕を晒していた。

そこがアップになると、口を開いた秘口からドロリと白い液体があふれ出し、そのまま流れ出してきた。Oの放った欲望の残滓が、Mさんの股間を蹂躙していく。そこは日の光に照らされて、自ら溢れた粘液と絡み合って、暫くの間ヌラヌラと艶めかしい光を湛えていた。どれほどまで欲望を注ぎ込まれたのか、白濁汁は何度も何度もMさんから溢れて内腿を伝い落ちていった。





渡辺通子 荒川千登勢 相川夏希








abiso

2015.06.25.Thu.06:05

を手綱で操るように、後ろ手に縛った縄を巧みに利用してOは、繋がったままあぜ道を歩き出した。轍の深く刻まれた舗装していない道路は、平坦でなんの障害もなかったが、さすがに勃起を埋めたままのMさんの足取りは覚束なかった。それを一歩、一歩と足元を確かめながら進む。向かう先は最初のOのクルマだったが、それほど遠くない距離を時間をかけて移動する。

途中、Oは立ち止まってMさんにしがみつくように抱きしめると、せわしなく腰を揺らして彼女を責めた。ちょうど遮蔽物の途切れた所で、傾いた日が二人を赤々と照らしている。全く隠すことの出来ないあからさまな場所で、勃起の快楽をお見舞いされて、Mさんは気が狂いそうなほどの悦楽を感じていた。Mさんは目を閉じることなく、自分の置かれた場所を知っているはずだが、今はもう隠れようともがくことはなかった。

やっとの事でOのクルマに戻ると、手にした縄を離して、開け放ったまま平らになったシートの上にMさんは投げ出された。一度Oは勃起を引き抜き、上半身を折って突っ伏するMさんを、仰向けに転がすと、両足を肩にかけるように抱えると、再び挿入を果たした。深く貫かれたのか、Mさんは車内に響く声であからさまな淫靡な声を上げた。

Oはスラックスを脱いで足を開いて地上に踏ん張ると、もう何者も遮る物がなくなったように、一直線でMさんを突き上げ始めた。Oが一突きするたびに、ワンボックスのワゴン全体が揺れ、それがまるで唄っているようにMさんの卑猥な嬌声が聞こえていた。夕陽は徐々に落ちてきて、静けさに何処かわびしさが加わる時間に近づいていたが、日中の日照りのようなざわめきでMさんとOは快感の端末を擦り合わせ続けた。





渡辺通子 荒川千登勢 相川夏希







furuman

2015.06.24.Wed.22:03

頂を迎えたMさんが、その緊張を艶めかしい吐息と共に解き放つと、仰向けに重なり合った同士が呼吸を合わせたかのように、静かに小さく上下していた。Mさんは時折、風が肌に触れるのに反応したかのように、ビクッ、ビクッ、と体を震わせた。その度に、大きなクルマが柔らかなサスペンションを軋ませて僅かに揺れた。一度収まって、ややあってまた思い出したように身体が大きく撓る。

それが何度か続いたあとで、Mさんの乳房を両手で抱えるようにして、Oが起きあがった。二人は繋がったまま、バランスを崩して滑るように車外に出た。なんとか足を踏ん張ったMさんは、そのままOを背後から受け入れるような格好になっていた。当然、足場を固めたOがピストンを再開し始めた。最初はゆっくりと、体制を整えながら立ったが、それが叶うとリズムに乗って腰を前後する。

いつも以上に敏感になっているのか、Oが一突きするたびに、Mさんは大げさに身体を跳ねさせ、髪を振り乱した悶えた。肩に届くか届かないかの長さの髪を、大きく揺さぶってOの突き上げに耐えていた。口からは辺りを憚らず淫らな喘ぎ声を漏らし続ける。静かな田舎道がそこだけ、極彩色に彩られているかのように見えた。やがてOはその手をつかんで重ね合わせると、また手首の所で縛り付けた。

その縄を絞るようにして手につかむと、縄を自分の方に引きながら、腰から下は前に突き出してみせた。自然とMさんの上半身は起きあがるが、一方で下半身は足を一歩前に出さねばバランスを崩しそうになる。Mさんはよろけるように前に足を出すと、すかさずOがそれに突いてきて、二人は再びクルマから離れてあぜ道へと出てきたのだった。雨の後に刻まれたであろう車の轍に足を踏み入れ、それを乗り越えるとあっという間に道の真ん中に立っていた。





渡辺通子 荒川千登勢 相川夏希