FC2ブログ

Shotgun Blues

2015.05.01.Fri.21:44

く晴れた一日の終わりは、真っ赤に焼けた夕日をもたらして、それも徐々に傾きつつあった。夕食までに軽く汗を流すつもりだった、いわば緩慢な時間の埋め合わせだったはずなのに、望んだこととはいえ、Mさんも男達は、存外の興奮に囚われていた。何十年か振りに再開して、またしてもMさんは男達の欲望の前にライ対を曝しているのだ。あの時の興奮と、時の重みが相乗効果となって男達の中心に如実に表れていた。

変わらないなぁ、と男達の中から言葉が漏れた。それに同意する声が続く。そんなこと無いでしょ、私もずいぶんおばさんになったわ、とMさんは恥じらった。そんなこと無いですよ、とTが云った。俺たちの記憶の中にあるMさんそのままだ、と続けた。そしてそれぞれが、記憶の中のMさんと、今の裸体を重ね合わせるように彼女を見つめた。

記憶の中にあるMさんの姿というのは、間違いなく大学時代に男達に見せた痴態である。そのことが分かってMさんはいっそう頬を染める。あれほど強烈な記憶は、他にはないですよ、と他の男が追い打ちをかけた。俺たちのずっと、オカズだったんですから、と告白されると、男達の間で笑い声が起きた。いくらか緊張が解れる空気が湯煙の中に滲む。

だがそれも、まんざら冗談ではなさそうで、そうなんだよな、という同意の言葉がしばらく続いた。そして、うらやましかったんだよな、という言葉に落ち着いた。俺たちは全然触らせてもくれなかったから、というのは、思い出話というよりも、告白だった。悔しさが僅かに顔を出していたが、負の感情は僅かもこもっていない。その悟りきったような表情が、いわばこれからの宴の意味を、如実に表していたのだった。





元祖リベンジ・ポルノ もりすむ morisoon datsuzaru 香川の肉便器 [写真集][IV] 真紀(20070705-202906)のアルバム







スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Knockin' on Heaven's Door

2015.05.02.Sat.02:04

かしんでみるかい?と、Sくんがずいぶんと演技じみた口調で云いながら、露天風呂に出てきた。その言葉は、男達に言ったのか、Mさんに何かを促したのか、どちらにも落ち着かなかったが、同じように両者は受け取った。意味よりも、それがもたらす行動の方は明らかだったからだ。きっとその台詞は舞台を先に進めるためにあらかじめ用意されていたものだろう。

そのことを象徴するように、SくんはMさんの隣に当たり前のように腰掛けた。汗がうっすらと浮かび、それを夕日が照らしている肌に手を触れると、腰を抱いてすっと身体を密着させた。そのことの感慨を噛みしめる間もなく、Mさんは唇を奪われた。強く吸われて、唇の隙間から下が入り込んできたのに驚くと同時に、乳房を捕まれた。その瞬間に、Mさんは見えない淫靡な罠に捕らわれてしまう。

その感慨をかみしめる間もなくSくんの手で、Mさんはたちまち淫らな興奮の中に追い込まれてしまった。躊躇や驚きは未だわだかまっていたが、それを消化する暇も与えずに、Sくんの手はMさんの肌の上を縦横無尽にまさぐり這った。Sくんと肌を合わせるのは、もう何年ぶりだったか忘れてしまったが、それを数える思考は軽く吹き飛ばされ、Mさんは翻弄され始めていたのだ。

それでも、一度その状況に陥ってしまえば、MさんはいつものMさんだった。記憶の中にあるSくんの感触が、今とどれほど違うのかを、知らず知らずのうちに皮膚感覚が見比べていた。淫らなスイッチが入ると、セックスに特化した記憶もふたを開けて、Mさん自身があの頃を懐かしむような心持ちになっていた。それに身を任せれば、めくるめく快感の時が来ることを、やはりMさんは感覚的に身につけていたのだった。





リベンジポルノ 橘高香純 元祖猛獣セックス動画





Swimming Shop 競泳水着試着盗撮



14 Years

2015.05.03.Sun.02:33

いた夕陽に呼応するように、Sくんの愛撫は時間をかけてじっくりと行われた。その手がMさんの股間に触れた時に、逆にMさんはやっと訪れた、という感慨を持ったほどだった。合わせられた腿の間に指が触れると、待ちわびたようにMさんはそこを拡げて見せたほどだ。

片足を湯面から出して、腰掛けた縁に持ち上げられたと同時に、身体が開いてMさんは正面を見た。傾いた夕陽がまぶしく目を細めたが、すぐにそこに覆い被さる男達の影が映った。影がそれぞれ微妙に揺れている理由は、Mさんにはすぐに分かった。

それを確認するように視線を落とすと、案の定、男達はそれぞれ、自分の勃起を握りしめてしこしこと扱いていた。まさしく、あの頃を懐かしむようなあの猥らな宴の再現だった。狭いアパートの一室と、露天風呂の違いはあっても、お互いの距離感は全く同じだった。見つめる者と見つめられる者の間に、歴然とした空間が存在していた。空間には射精の瞬間まで絶対に侵すことの出来ない壁が見えないまま立ちはだかっている。

その立場の差を強調するように、Sくんの手はMさんのオマンコを大きく広げた。ピンク色の肉襞が見えて、男達が息をのむ音が聞こえた。前のめりになって視線がその一点に注がれる。だが、触れることは許されない。もっとも欲しいものが、手の届くところにあっても、そこに手を伸ばせば、宴は意味を無くして壊れてしまうことを、そこにいる誰もが知っていたのだった。





リベンジポルノ 橘高香純 元祖猛獣セックス動画








Yesterdays

2015.05.04.Mon.11:21

までに一度でも交わったことのある者の指や肌の感触や、勃起したオチンチンが貫く快感は、時間を於いても記憶が残っているらしい。Mさんの一番敏感な部分にSくんの指が触れた時に、その力加減や至る道筋に、言葉でははっきりとは言い表せない、懐かしさのようなものを思い起こしたのだ。それを肌が思い出した瞬間、Mさんは僅かに笑みを浮かべた。

特に肌の記憶はMさんの中に刻み突いているのか、Sくんと交わった別荘の風景や、もっと以前の先輩を含めて三人で朝まで絡み続けた光景が、頭の中を駆けめぐった。それはもう、ほとんど忘れかけていたはずなのに、そのことが嘘のように鮮明に思い起こせたのだ。光景だけでなく、汗のにおいやアルコール混じりの息までもが、昨日のことのように思い浮かぶ。

そして、自分の中に、きっとその時に埋め込まれたのだろう、快楽を頂点に導く道筋のようなものも、すぐに思い出した。無意識にMさんは彼の方に身体を開いて、交わりの深い体制を整えた。しなだれかかるように身を任せながら、触れて欲しい部分にわずかに空間を空ける。Sくんもそれに気づいたのか、クリトリスへの刺激に力を込めた。

返礼のようにMさんの手がSくんの股間に伸びて、そこを上下に扱き始めると、男達がにじり寄ってきた。距離を詰めるがやはり触れようとはしなかった。凝視する視線に熱は帯びてくるのだが、一線を飛び越えようとはしなかった。中には湯船にしゃがみ込んで、指に翻弄されるMさんのオマンコをじっと見つめる者もいたのだった。





リベンジポルノ 橘高香純 元祖猛獣セックス動画





オナホール2



Breeakdown

2015.05.05.Tue.23:55

陽はSくんの指遣いが激しくなるのとシンクロして、どんどんと傾き露天風呂から見渡せる海の向こうに消えようとしていた。光が闇に紛れてゆき、視界は悪くなる。特に、露天風呂の方には常夜灯がひとつしかない。未だ夕日が沈みきっていないおかげで、かろうじて残像のようにその形状は見えたままだった。

それよりは、男達にとっては目の前で、あの頃の光景が再現されている、という事実が、興奮を呼び起こしていた。まさしく、彼らにも記憶に刻まれた興奮が存在していて、一瞬にしてプレイバックされているようなものなのだ。あの頃と同じように、痛いまでの勃起を男達にもたらしていた。あの頃それ以上に扇情的な光景は他になかったし、今でもそう簡単にお目にかかれるものでもない。

そしてその勃起を慰めるのも、今も昔も手しかなかった。興奮に突き動かされるように、無意識のうちに勃起を扱き続けて、そのはけ口を求めていた。大学時代、構内でMさんの姿を見ただけで勃起してしまい、トイレに駆け込んで納める以外なかったものさえ居た。そして時代を経た今でも、夕日が沈みきって急速に闇が広がろうとしたとば口で、一人の男が情けない声を出して二人に近づいてきた。

ざぶざぶと湯船を蹴って、Mさんの方に近づいた男の勃起の先端が、彼女に向けられた途端、ばっと放物線を描いた白濁の液体が、Mさんの太股に降りかかった。続けざまに方向を変えて、その液体は彼女を目指して飛び散ってきた。その痙攣が収まるまでに、Mさんの肌に無数の白い斑点が広がっていったのだった。降りかけられる熱い液体の記憶もまた、その瞬間にMさんの中に甦り、言葉では説明できない快感が走り抜けたのだった。





リベンジポルノ 橘高香純 元祖猛獣セックス動画







Locomotive

2015.05.06.Wed.02:53

いな、と呟いたSくんの言葉で、その場の緊張が急にほぐれて、あちこちから苦笑が漏れた。Mさんもつい笑顔になってしまい、射精した当の本人も苦笑しながらすごすごと引き下がっていった。だが、それがきっかけになって、露天風呂はそこまでとなった。皆中途半端な思いは抱えていたが、そもそも、そこが本来の舞台ではないことは承知していた。太股に飛び散った精液を拭うと、Mさんも同じ思いを抱えて湯から上がった。

露天風呂を出た一行は、それぞれの部屋にまた散った。MさんとSくんは男達とは別の隣の部屋に荷物を置いていたので、そちらに戻った。Mさんは湯気に火照った体を窓際に置かれた籐椅子に身を預けながら、暫くの間一息ついていた。あらかじめ用意しておいた天然水のボトルを手にしたMさんは、窓の外の景色を眺めながら喉を潤していた。

その向かい座ったSくんは、開口一番、変わりましたね、と言った。少し間をおいて、Mさんはおばさんになった?と問いかけると、慌ててSくんは頭を振った。そうではなくて、ずいぶんと積極的な気がしたから、と彼は云った。そしてどこか懐かしむような眼差しで、あの頃は先輩にされるがままだったでしょう?と問わずもがなにつぶやいた。先輩の名前が出ると、二人は厳粛な気分と淫猥な記憶がない交ぜになった感情がわき起こる。

そうするしかなかった、というのは半分Mさんの言い訳だが、事実でもあった。Mさんに挑んでくる先輩は、とにかく彼女を辱めたり、そうやって興奮を誘うことを一番の喜びに感じていた。それが受け身のMさんには何より心地よかった。先輩の繰り出す手練手管を、おそらくはMさんが最も深く受け止めていた。いわば最適の組み合わせが二人の関係だったのだと、Mさんは今でも強くそう思っていたのだった。





なじみの女と緒まんこ無修正動画 なわ大勢の前でしおふきむしゅうせい動画 みなみりりか





素人無修正動画



So Fine

2015.05.07.Thu.02:54

食は別の大広間で、皆で鍋を囲んだ。その土地の特産である、海の幸がふんだんに使われた豪勢なもので、しかも食べきれないほどの量に圧倒された。アルコールに紛れてそれを堪能するのは、どこか申し訳ないような気がして、とにかく食べることに専念した。Mさん以外はみな男だったが、その口を持っても食べきれないほどの食卓に、皆が多少の驚きを持って堪能したのだった。

食欲を満たした一行は、夕食ではまかないきれなかったアルコールに浸るために、部屋に水割りのグラスやボトルを持ち込み、ビールをテーブルの上に並べて、そこで酒宴を始めることにした。夜が更けてくると、開けた窓からは波の音が風に紛れて流れてきていた。幾分昼間から比べて冷たさを含んだ気温が、浴衣姿には心地よかった。

離れのような奥まった部屋を宛われていて、多少騒ぎが度を超しても、それほど他に迷惑というものでもなさそうだったが、意外に酒宴は静かなもので、会話が続かないわけではなかったが、どこか思い出話に懐かしむばかりだった。大学時代に彼らとMさんとの間に、先輩を介さない面識はほとんどなかったから、昔話もどこかすれ違いが目立ってしまう。

それよりは、酔うことを自分たちに強いているというように、酒量だけが嵩を増していく。男達は、それでもあまり酔ったような雰囲気ではなかったが、元々アルコールの強くないMさんはたちまち、酔ってしまった。上気した頬がピンクに染まって、心地よくなってきたところで、彼女はSくんに隣の部屋に行くように誘われた。意外な気がしたが、強か酔った自分に一呼吸入れるためにも、素直にMさんは従ったのだった。





なじみの女と緒まんこ無修正動画 なわ大勢の前でしおふきむしゅうせい動画 みなみりりか