FC2ブログ

Kangeroos & Bubbles

2015.05.31.Sun.11:13

い肉棒は、亀頭の半分ほどをねじ込むと、あっという間にMさんの肉の動きに絡め取られて飲み込まれてしまった。吸い付くような感触に導かれるように、Sくんはあっという間に勃起の半分ほどをMさんの中に納めてしまった。それだけで、たちまちMさんの肌から淫乱な臭気が立ち上った。Mさん自身が、挿入を果たしていっそう猥らな身体に変質してしまったのだ。

それは実際に香る物ではなかったが、明らかな変化だった。部屋中が男達主導の空気から、主人公のMさんが醸す淫乱な雰囲気にあっという間に取って代わったのだ。それは周囲にいる男達にもしっかりと伝わっていた。Sくんの勃起の感触をMさんが感じるのは、もう何年も間が空いているが、挿入されただけで、たちまちその硬さや押し広げられる感覚を思い出した。それは快感と直結して、他の些末なことを押しのけてしまうのだ。

先輩を伴ったホテルの一室や、葬儀の夜のセックスにおぼれた夜を、たちどころにMさんは思い出した。挿入の感覚だけでなく、その記憶でMさんは高ぶってしまいそうだった。記憶の端々が、全て快楽色に染まっていて、そのことを思い出すことがもう既に、会館の中を泳ぐことになる。そして、根本まで押し込められると、MさんとSくんは同時に息を吐いて、感慨深い吐息を吐いた。

久しぶりの感触だ、とSくんは言葉に出したが、Mさんはそれにははっきりとした反応は示さなかった。だが、思いは同じで、それを一番よく覚えていたのは、どうやらオマンコそのものだったようだ。いつになく、中の肉がざわめいて、精を搾り取ろうとする蠢きが、一層激しくなっているのをMさん自身が感じていた。肉の塊を自らが包み込む感触は、快感をしっかりと掴んで離さないことを最も如実に顕す身体表現だった。





藤原みわ 正義は勝つ 後ろ手縛り大好き







スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

Strikeout

2015.05.30.Sat.01:52

い唸りを発ててバイブは未だMさんの股間で暴れていたが、その音もいつしか男達の荒い息にかき消されてMさんには聞こえなくなった。快感だけが背筋を駆け上ってくるけれど、それよりも男達に囲まれているという状況が醸し出す、独特の雰囲気に飲まれていた。しかも、男達の勃起を握りしめる手はせっせと動いていて、その音がしないはずなのに、摩擦音が聞こえるような気がした。

その気を逸らすように、Mさんのオマンコからバイブが引き抜かれる感触があって、Mさんは目を開いた。バイブは、Sくんではなくその傍らにいた男によって引き抜かれていた。腰を低くしたSくんは、相変わらず自分の矛先でMさんを見据えていた。バイブを抜かれたMさんの妃裂は、しばし唖然とするように口を開け放っていたが、直ぐに肉の蠢きがその入り口を閉じてしまった。反応はすこぶる敏感で素早かった。

これの動きを止めてしまうってすごいよ、とバイブを手にした男はしげしげとバイブを眺めてから、他の男達に見せびらかした。Mさんはその様子を、目だけで追っていたが、バイブの表面にMさんから溢れた蜜が絡みついていることまでは確認できなかった。しかし、男達はそのことに気がついてほくそ笑んでいる。それも加えてこの雰囲気は、あの頃の視姦プレイとはいささか距離が近すぎる。ただ、見られている感覚は、その分倍増している。

その感覚に慣れない内に、オマンコに肉が宛われる感触がした。Mさんの視線は、すぐにそこを見やったが、案の定、Sくんがにじり寄り、勃起を今まさに挿入しようとしていた。宛って位置を定めると、Mさんに覆い被さってきた。そして、先輩の代わりには役不足かも知れないけれど、と小声でMさんに云ったのだった。言葉の意味を反芻する間もなく、宛がわれた肉の感触が強く、また別の光彩を放ってMさんの背筋を駆け抜けていった。





藤原みわ 正義は勝つ 後ろ手縛り大好き







Yeke Yeke

2015.05.29.Fri.19:43

り返し、SくんはMさんに聞こえるだけの抑えた音量で、恥ずかしいだろ?と何度も問いかける。最初はMさんはそれに頷いて答えていたが、それでも繰り返し訊ねてくるのに、それをはっきりと口に出させたいのだ、と察した。いつの間にか、Sくんのペースに乗せられて、あの頃を懐かしむ、という域からは逸し始めているのを、Mさんは感じ始めていた。

さらに言葉を強要するように、Sくんは乳房を揉む手に力を込めた。苦痛に変わるギリギリまで、柔らかな乳房を歪める。そしてついに、Mさんは、恥ずかしい、と一言だけ告げた。すると、見つめていた男達から、おおっ、と云う低い呻きが漏れて、一瞬にして場の雰囲気が変わったことがMさんにも感じられた。ただの一言がまた、部屋の中の空気を一変させたのだ。待ち望んでいた何かが解き放たれたような、そんな雰囲気が急に現れたのだ。

きっとそれは、示し合わせた何かのパスワードのような物だったのだろう。部屋の中が急にせわしなくなり、Mさんは慌てて目を開けて辺りを見回した。そこでは、男達が立ち上がり、浴衣を脱ぎ始めていた。やがて全裸の五人の男達が闇の中に浮かび上がる。ずらりと並ぶ男達を見て、Mさんの興味の中心もやはり一点だった。

それに応えるように、中心にそそり立つ勃起を握りしめて、男達はMさんの方に近づいてきた。彼女を囲むように立つと、荒い息が近づく。入れ替わりに背後にいたSくんが、彼女の股間の方に立ち上がった。彼も勃起を握りしめていたが、その矛先がMさん自身に向けられたのを、彼女ははっきりと確認していた。男達は開放感に興奮していたが、Mさんは逆に何かに完全に囚われてしまったことに、緊張を極めたのだった。





藤原みわ 正義は勝つ 後ろ手縛り大好き







Circus Bells

2015.05.28.Thu.10:58

から見下ろすように立ったSくんは、手を伸ばして縄の間からこぼれだした乳房をつかんで、強く揉み始めた。バイブは未だMさんの股間でうなりをあげていて、ようやく慣れたのか、もう喰い絞めて止まることもなかった。ただ、その部分に、男達の視線が刺さっているのは変わらなかった。乳房を揉む、という行動を確認すると、やはり一番の興味は、Mさんの妃裂に注がれたのだ。

Sくんの乳房への愛撫は、多少乱暴で、ぐいぐいと軟らかそうな肉の塊を歪ませていく。それを上下から挟む縄がその様を強調して見せつけるのに一役買っていた。ただ、その行動はSくんのみの嗜虐を楽しませている。揉みながら、SくんはMさんの背後に回り込んだ。ちょうど、視線を背けた顔の前に勃起が来るような位置で立ち止まる。ここに勃起していないものは誰一人としていないが、Mさんを照らす明かりを受けていっそうその隆起が際立つ。

今度は両手を方の上から下ろすような格好で、両の乳房を揉み込む。そうしながら、Mさんの頬や唇を勃起でたたくように腰を振った。Mさんはそれが、口唇愛撫のサインだと思って勃起をとらえようとするが、なぜだかSくんはそれからは逃れるように腰を引くのだ。彼には、勃起でいたぶられるMさんを愉しみたいらしい。ぴたぴたと音を立てて勃起が肌を打つ度に、Mさん自身にもマゾ的快楽が広がっていく。

それにしても、とSくんは落ち着き払って言葉を吐いた。ずいぶんと恥ずかしい格好だね、と軽い調子で告げる。おまけにそれを見られているんだから、と云うと、ニヤリと頬を歪ませて笑った。どうだい?恥ずかしいだろ?と云いながら、彼は腰を落として、Mさんの顔を覗き込んだのだった。改めて言葉で自分の姿を確認させられて見つめられると、Mさんはいっそう言葉では表現できない快楽と羞恥がない交ぜになった感触に震えるのだった。





藤原みわ 正義は勝つ 後ろ手縛り大好き





修正有り キャンペーン中


Blue Monday

2015.05.27.Wed.11:06

めかしい色に染まったMさんの喘ぎが、部屋の中に響いたのと同時に、バイブはまたくねり始めた。緊張が解けるように、彼女は長い息を吐いた。バイブもスイングを再開して、中をかき回し始めた。しばらくその時間が続き、やがてMさんの喘ぎが高まってくる頂点で、再びバイブが動きを止めたのだった。低い振動音がぴたりと止まり、それを恥ずかしがるようにMさんの淫らに染まった吐息が漏れてくる。

Mさんのオマンコの締まりには、乾電池のパワーじゃ追いつかないんだよね、とSくんは、男達の方を向いてそういった。その言葉で、やっと事態を把握した彼らは、だが、それが物語る驚異に、さっきとは違う色の感嘆の声を漏らした。そして誰の耳にも、Mさんのオマンコ、というSくんの言葉が響いていた。あからさまなその言葉に、粗野な感情がいきなり沸騰し始めたのだ。

この締まりに勝つには、車のバッテリーで動かす位じゃないといけないかも、とSくんが云うと、男達が声を出して笑った。野太い呻きに似た笑いは、今までの紳士的な態度から一転して、下卑た感情に飲み込まれていた。とにかくすごいんだよ、と云いながら、Sくんはくねりを取り戻したバイブに手を触れた。根本を指で支えるようにして、今度はくねりを中の方へ伝える。

Mさんの中で暴れ始めたバイブに、彼女の喘ぎは一層激しくなる。唯一動きが自由な頭を左右に振ってその刺激に絶えていた。それが極まると、またバイブを中の肉が喰い絞めて動きを止めてしまう。バイブじゃ限界があるんだよ、と誰に云うでもなくそう云ったSくんが立ち上がると、再び彼女の傍らに移動していった。観客になった男達は、そのSくんの行動のいちいちを、固唾をのんで注視していた。





藤原みわ 正義は勝つ 後ろ手縛り大好き








Acperience

2015.05.26.Tue.23:10

が止まったように、息をのんでじっくりと鑑賞していると、再びSくんの手が伸びてきた。根本から細いラインが繋がっていて、そこには小さな箱形の物が繋がっている。箱の表面には、スライド式のボタンが備わっていて、それを押し込むと、いきなりバイブレーターが低い振動音を響かせ始めた。

静まりかえった部屋の中に、やけにその音は大きく響いていた。振動だけではなく、バイブはその形状自体を奇妙なスイングを持ってくねらせ始めた。男達の目にはそれが、Mさんに埋没していた部分を支点にして、オマンコの口から回転する棒が生えているように見えた。Mさんの妃部は男達にとっては淫猥な記憶と繋がっているが、それがバイブによって新たな色を持って更に淫靡な光を放って写った。それは同時に、Mさんの中でもバイブが暴れて、彼女自身にも同じ様な快感で苛んでいた。

途端にMさんは全身を悶えようとしたが、やはり縄の締め付けが強く、思うようにはいかなかった。それでも縄を軋ませて身悶えするのだが、一層縄目を食い込ませるだけに終わっていた。僅かに腰が浮き、尻の肉に緊張が走るのが浮かんでいるが、それは一層無機質のバイブを強調するだけだった。身動きが制限されていても、股間から波打つように悶えの波がMさんの全身を走る。口からは快感を強調すると息が漏れていた。

おもしろい物が見えるよ、とSくんは男達に云ってからニヤリと笑った。そして、感じ入っているMさんの姿とバイブを交互に見た。Mさんの身悶えが一定のリズムを持って続いていた。やがて、Mさんが感極まって吐息が叫びに変わって波打つ悶えが一層激しくなった頂点で、バイブのくねりが止まったのだ。一瞬の疑問に、部屋の中が満たされた。唯一その理由を知るSくん一人だけが、笑顔を浮かべて静止した時間を愉しんでいた。





ミカウバー 改造 デミオとジュリエッタ







Confuss

2015.05.25.Mon.03:45

端の丸みを帯びて雁張った先端が埋没すると、男達の感嘆の声が幾重のも重なって響いてきた。抵抗がないわけではないが、思いの外Mさんのオマンコはすんなりと受け入れた。そして、さらに何かを求めるように、その部分の肉や皮膚が、ざわめいているのが傍目にもよく分かった。固定するようにバイブを支えていないと、勝手にMさんのそこが飲み込んでいきそうに思えた。

抗うことなくその肉の蠢きに任せながらSくんは、さらに奥へとバイブを進める。ややひねりを加えながら、ねじ込むようにバイブを埋没させてやると、やがてその口はまさしく何かを飲む込むような仕草を見せた。肉ビラが唇のようにすぼまってパクパクと捲れ込んでいく。やがて一本槍の何の変哲もないバイブが、根本あたりまで押し込まれると、それ以上先へは進めなくなった。

そこで、Sくんは手を離したのだが、バイブは肉の動きに逢わせてゆらゆらと揺れた。Mさんの中が相当にざわついているのだ。亀裂を割ってその中心に納められたバイブは、肌との対比で無機的な違和感を強烈に醸し出していたが、それこそが、Mさんを陵辱している証のように見えた。そしてその陵辱さえ、彼女の淫猥の極地は喜びを持って迎え入れているかのようだった。

暫くの間じっくりと男達は、その形状や、Mさんの姿を目に焼き付けるように鑑賞した。いつの間にか男達の背後には、備え付けのビデオカメラも回っていた。あの頃は目に焼き付けるしか手がなかったが、今は手軽にその記憶を映像として反芻できるのだ。もちろん今この瞬間に立ち会っている彼ら一人一人が、自分の勃起を一心不乱に刺激し続け、その先からは欲望の先走りを零してその記憶に現実的な刻印を重ねていた。





ミカウバー 改造 デミオとジュリエッタ