FC2ブログ

Watching the River Flow

2014.10.01.Wed.21:57
 

び出してきたオチンチンはよく晴れた日射しの元で見ると、使い込んだ風合いが如実に現れていた。太さも長さも飛び抜けて大きくはないが、女性を愉しませるのには充分なモノで、それをMさんは暫く目で楽しんだ。そして、根本から亀頭まで、三日月のように撓っている様を指でなぞってみせた。

若さのせいか、Mさんの指が触れただけでオチンチンはビクビクと反応した。勃起した全体が揺れるのが、逆に逞しさを誇示しているように見えて、Mさんはしげしげとその様子を眺めていた。そして、何度も、ステキなオチンチン、と呟いては、男の顔を見上げる。

Mさんは男のオチンチンを握ってゆっくりと上下しながら、自分で自分の胸に手を当てて、やんわりと揉み始めた。Mさんは起きたばかり、という風な、レースのキャミソールに、下は柔らかな生地のショートパンツを穿いていた。キャミソールの下には薄いピンクのタンクトップを一応着けていたが、うっすらと乳房の形状が浮かんで見えていた。

されるがままの男は、気持ちよさそうに目を細めてMさんの手の感触を受け止めていたが、自分の手が掴まれる感触に下を向いた。Mさんは掴んだ男の手を引っ張るようにして、自分の乳房に宛った。その手に手を重ねて、強請るようにまた、揉み始めたのだった。





巨乳相撲 小島聖 肩幅







スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Way Back Home

2014.10.02.Thu.10:13
 

陽が燦々と降り注いでいるが、心地よい風が吹いているのか、Mさんの着ているキャミソールは時々自然と裾を踊らせた。夏の撮影であることは間違いないが、それほど暑さを感じないように見えるのは、そのせいかもしれなかった。

ただ、Mさんの服装は軽さそのもので、自らの手で導いた男の手が乳房を揉むだけで、簡単に上に羽織ったキャミソールの肩ひもが落ちた。もっとも肩ひもはまさにひものような、引っかけているだけだったので、座ったままの時からもう解けようとはしていた。

そうしてMさんのたおやかに張り出す乳房が晒されるまでにそう時間は掛からなかった。手が重なり合っていたせいで、どちらが晒したのかは定かではないが、覆い隠す物が無くなっても、手の重なりは続けられた。片方が晒されると、もう片方はMさん自ら肩ひもを落として、タンクトップをずらして、露わにした。

そうして上半身をはだけさせると、Mさんは体を椅子の背もたれから起こし、前に倒すようにして勃起したオチンチンを目の前にした。息を吹きかけるように間近でその偉容をまじまじと観察した後、竿の根本に手を宛って、超ど真ん中辺りに真っ赤なルージュを引いた唇を押し当てた。





巨乳相撲 小島聖 肩幅







Duke's Lullaby

2014.10.03.Fri.04:06
 

け身が心情のMさんだったが、そのシーンでの彼女はいやに積極的だった。おそらくはそうするように演出されているのだろうけれど、画面で見るMさんはそのことに違和感がないくらいに、妖艶な姿をさらしていた。自ら勃起したモノを唇で撫で回し、何度も上目遣いで男を見やる様は、元々彼女にもその素質があることを窺わせた。

そして、自分からの愛撫だけではなく、男からの刺激も誘い出すように、まるでその合図のように椅子から伸びた足を拡げて、片方を傍らにある木製の丸いテーブルに載せた。すると、すっかり、Mさんの下半身は開かれる恰好になったのだが、彼女は短パンを穿いていて、未だ秘密の部分は覆われていた。

その中心部にMさんの手の平が宛われ、やんわりとした調子で撫で回すのは、自分が口唇愛撫されているオチンチン越しに男には見えていた。そしてそれが誘っていることは如実だった。男は上半身を倒してMさんの肩を抱くようにしながら、乳房を揉んでいた手を滑らせた。

下腹部までその手を滑らせると、今度はMさんの手に男が手を重ねて、一緒になってそこを撫で始めた。男に促されるように、その動きは撫でているのが、次第に力がこもって、全体を揉むように変わっていく。そして時折、なにかに触れたようにMさんは、ビクッ、と跳ねるように尻を浮かせたのだった。





巨乳相撲 小島聖 肩幅








Honky Tonk

2014.10.04.Sat.12:42
 

らかい布地の短パンは、それほど厚みがあるモノでもなく、二人の手で撫でられるとあっという間に皺を寄せてしまった。その隙間からチラチラと暗闇の部分が見え隠れするのが、触られているMさんにももどかしいのか、自分から誘うようにその隙間へと男の指をし向けた。

誘われるまま男は太股の部分から迫り上がるようにして短パンの隙間へと手を潜り込ませた。多少強引なところがあっても、布地は脹らんで易々とその手が入りこむスペースを作った。そこで、Mさんの手とは別れ、独自にその奥を目指していった。

男は前屈みの不安定な体勢だったが、それをオチンチンをしゃぶるMさんが支えているような恰好になっていた。Mさんは実においしそうに、その完全に勃起したオチンチンを舐め遊んでいた。まるで先端から甘い汁でもこぼれ出ているように、舌で舐め掬い、更に絞り出すように先端を加えて啜った。

そうやっている内に、男の手がMさんの一番敏感な部分を捉えたようで、彼女がオチンチンを銜えたまま、眉間に皺を寄せて硬く目を閉じた。一瞬の空白の後、短パンの隙間に潜り込んだ男の手の蠢きが、やたらと忙しなく、激しくなってきて、ますますMさんは身体のひく付きを増したのだった。





巨乳相撲 小島聖 肩幅







I Can't Stop Loving You

2014.10.05.Sun.11:23
 

パンの隙間から差し入れられた手は、次第に忙しなく蠢きだし、やがてはMさんに他のことを考えさせる余裕を奪ってしまった。銜えていたオチンチンを吐き出すと、やがては最後まで握っていた手まで離してしまった。そして、下腹部から断続的にわき上がる快感に、完全に身を任せてしまった。

一方の男は、いわば自由の身になったようなもので、完全に奉仕する立場に移っていた。それが彼の役割であるかのように、男は自由になった身をMさんの足下に跪かせた。そして、一度手を引くと、今度は両手を使って、Mさんの腰の辺りに手をかけた。

そのまま短パンとの隙間に手を差しれて掴むと、スルスルと下げ始めた。多少覚醒したMさんは、まず片足を上げて、下げられた短パンから抜いた。するともう片方の足は、何もしなくても膝まで滑り、後はストンと足下まで落ちた。Mさんの股間を隠していた物が無くなり、妃裂のあからさまな様子が露わになった。

ああ、と感心するような声を上げた男は、まじまじとMさんのオマンコの姿に魅取れた。それを見下ろして、Mさんもクスリと笑い声を漏らした。その表情は、幾分の恥ずかしさも滲ませてはいたが、何かを期待するような、それでいて男を翻弄するような、怪しい笑みを浮かべていた。





巨乳相撲 小島聖 肩幅








Morning Love

2014.10.06.Mon.19:56
 

線に晒されているコトに、最初は羞恥も見せていたMさんだが、そのうちに待ちきれなくなったように、そこに指を這わせた。遮るように隠したかと思うと、一転してその部分を指の隙間から覗かせた。人差し指と中指でVの字を付くって、その間から、ピンク色の眩しい淫壷を拡げ見せたのだった。

そして、小さな声で、舐めて、と囁くように言った。普段、クンニは苦手なMさんだし、また積極性に欠けるのだが、その時ばかりはまったく違和感を見せなかった。彼女がここまでするのは、きっと監督の卑猥な演出だろうけれど、裡に秘めた素質もない訳ではなかった。

男は誘われるままに、その肉の襞に舌を潜り込ませた。縮れる肉の畝を掻き分けるように、上下左右に舌先を蠢かせて、奥へ奥へと忍び寄ろうとする。それに呼応して、Mさんも腰を突き出しその舌を貪った。すっかりMさんの股間が男の頭で隠れると、卑猥な吐息を吐きながらMさんは目を閉じた。

無意識に自分で自分の乳房を揉んでいたMさんは、男の舌の動きになれてくると、もっと、といわんばかりに足を閉じて太股で頭を抱えて見せた。男はそれでも頭を振り続け、やがて、Mさんが小さな悲鳴を上げるほどの敏感な部分に辿り着いたのだった。





小島みなみ 小平奈緒 高木美帆 押切美沙紀 直野章子 青山未花子 柳谷杏那 糸原愛理 パイズリティーチャーvsセクハラ体育教師.zip やまとなでしこ桜組 あんり 永次伶和の梅エキス日記 舞妓享受高潮激情淫亂覺醒真性中出 賀音諒子 占い 恋のときめき乱気流 口コミ 赤星風見花のええ格好しい日記 yamidas 恭子 青木恭子 花咲真冬 向井ゆき 離婚 沙智菜の露出日記 貴田 裕美 エロ画像 ガールズナビ torusell 網羅 する 貴方 さいとうまりこ yamidas 陰毛剃 emiri #4 喪失の儀礼 網羅 する 風俗 店 中古 山上字大藪 口コミ 貴田 裕美 エロ画像 girlsdelta 杉田由希子 大土居侑飛の開放骨折日誌 綾木麻紀 赤坂汐音 九重かんな 初川みなみ 高見怜奈 水卜さくら あやみ旬果 平沢すず 八乃つばさ 三鷹レイナ 希崎ジェシカ 七沢みあ 麻里梨夏 椎名そら とぷっ 水卜さくら 七沢みあ 伊東ちなみ 希崎ジェシカ 平沢すず 白石茉莉奈 浅田結梨 架乃ゆら 前田美優 関根花観 津村杏奈 井上直美 谷崎由依 三木由希子 池田水穂子 君島みお 七沢みあ 伊東ちなみ 水卜さくら JULIA 松本菜奈実 尾崎翠 長谷川由香 尾上若葉 浜崎なお 菊池純礼 菊池悠希 松田瑞生 森下由香 伊藤有希 上野咲美 岩本仁美 羽咲みはる 日菜々はのん 三木いづみ 山本更紗 妹 伊東ちなみ 秋山祥子 麻里梨夏 斉藤みゆ 水城奈緒 浅田結梨 南ゆき JULIA 姫川ゆうな ANRI 香西由美子 推川ゆうり 大槻ひびき 佐々木あき 森月茉由 星川光希 明里つむ








Strength

2014.10.07.Tue.23:12
 

起を吸い取るチュゥッ、という音が響くと、あからさまにMさんが身悶えして座っていた椅子をガタガタと揺らした。引き離そうとするのか、あるいは惹き付けようとしているのか判断は付かなかったが、締め付けていた足をがばっと開くと、Mさんに吸い付く男の頭を両手で鷲掴みにした。

その髪をかきむしりながら、苦悶の表情を浮かべるMさんが、唇を噛みながらもその隙間から淫らな吐息を何度も漏らした。そのうち、スッと男の頭が動いて、Mさんの秘裂が明らかになると、そこはすっかり口を開いて、中心からは男の唾液とは違う白く滲んだ液がどろりと漏れだしていた。

何も触っていないのに、口から見え隠れする縮れたように密集する肉襞は、モゾモゾと蠢いて収縮を繰り返しているのが見えた。Mさんの秘裂は年の割には薄いけれど、充分に年期を感じさせる沈着を浮かべていたが、その口だけは鮮やかなピンク色に輝いていて、その狭さの程がうかがい知れた。

男の顔が離れて、じっくりとカメラはMさんの恥ずかしい部分を捉え続けたが、その頭の上から声が切なげな声が聞こえた。もっと触って、と掠れたような声をMさんが洩らしていた。その最後に、訴えるように、クリトリスを、と強請ったのに、男は思わず苦笑の表情を浮かべた。





巨乳相撲 小島聖 肩幅