FC2ブログ

Space Age Love Song

2014.09.01.Mon.22:42
 

気した肌を晒すMさんに較べて、やや衰えの見える肌の艶を浮かべるマスターだったが、目を引くのはその下腹部にある逸物だった。未だダラリと頭を垂れたままにもかかわらず、長さが小さな子供の二の腕ほどもある物がぶら下がっていた。

シャワーの湯を浴びせかけながら、当然そこにも飛沫は降り注ぐのだが、まるで三つ目の足があるかの如く、滴がそこからぽたぽたと落ちていく。ただ、Mさんは、そこがまだ勃起していないのが気になるのか、真っ直ぐにそこに手を伸ばして手の平で包んだ。

細い指を巻き付けても充分の余りのある逸物を、Mさんはシャワーヘッドを置いて両手で包んだ。それでも、亀頭がしっかりと顔を出しているほど、逸物は長大だった。ゆっくりとMさんは両手でそこを扱き初めてやっと、逸物は目を覚ましたようだ。

手で愛撫されながら、今度はマスターの方がMさんにまとわりついた白い泡を洗い流してゆく。やはりマスターの手も、なんの躊躇もなく乳房に触れ、そこを掴んで柔らかく揉むと、そのままシャワーの水滴を追うように下腹部へと延びて行き、彼女の合わせ目を手の平で包んだのだった。





藤原みわ熱湯 サティスファクsトン 小暮愛葉








スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Committed

2014.09.02.Tue.23:13
 

にしては細いが骨張った指が、Mさんのオマンコの合わせ目に沿って宛われた時、Mさんは一瞬目を細めた。ほぼ同時に、手に力が入ったのか、マスターも眉をしかめた。Mさんは逸物を上に向けて、扱いていたが、それはいつの間にか立派に反り返っていた。

お互いに苦笑しながら、手を離した二人はそのまま抱き合って唇を重ねた。女性にしては長身のMさんよりも、マスターは頭ひとつ分背が高い。Mさんは顎を上げて見上げるようにして、上から重なるマスターの唇を受け止めた。そうして身体を密着させて、しばらくの間ふたりは唾液をすすり合った。

その二人の隙間を埋めるように、マスターの逸物が顔を覗かせていた。充分に勃起したそこは、しっかり天井を睨んでいた。太さはそれほどでもないが、その長さが尋常ではないことが伺える。気が付くと、Mさんはその先端に手を置くようにして、亀頭の口を撫でるように愛撫を始めていた。

ようやく口を離すと、あうんの呼吸でMさんはその場にしゃがみ込んだ。目の前には勃起した逸物が雄々しくそそり立っていた。その肉の柱に頬ずりするように顔を近づけると、根本の辺りから音を発ててキスを繰り返した。それが徐々に迫り上がってくると、亀頭の裏の筋張った所に舌を出して、軽く弾いたのだった。





高橋みなみ三角木馬責め hなママ友無修正2穴はめどり かみやともちくびはり 小倉智子 小河恵理 青生野沙佑里の和了り役日記 emiri #4 中指で感じる私のオナニー 柳さやか さくらゆら 嵐 bl 小説 櫻 葉 story5 nacs-002 待ちきれなくて 倉多まお 未公開映像 いろはまりん 音坂奏 田中梨絵 巨乳だけど剛毛マリンのエッチな冒険 占い全国名鑑 賀音諒子 占い全国名鑑 りんこクレア さむらいシップ丸モザイク 貴田 裕美 おっぱい えんえん堂 openload 寺村 美穂 胸チラ ギャル 夢乃あいか 羽咲みはる 日菜々はのん 小島みなみ 松本菜奈実 吉高寧々 三上悠亜 出口留美 大西菜摘 西浦詩織 釣川有紗 染岡優希 sm-miracle 0875 陽菜子 月丘ひかる ギャル 風俗 店 山下愛水 上村唯莉 中川沙綾香 草野遥 倉多まお 浜崎真緒 春菜はな JULIA 七沢みあ 伊東ちなみ 水卜さくら 秋山祥子 荻野瑛 安田早織 上原光紀 香西祥子 羽咲みはる 小島みなみ 吉高寧々 松田美子 辻本杏 柳みゆう  日菜々はのん 奥田咲 山岸逢花 有坂深雪 滝川菜々美 森崎みづき 阿部栞菜 江藤侑里 河南実里 濱松愛季 君島みお オ・ヨメ・サーン 藤谷佳奈枝 斉藤友香里 藤村麻紀 赤木りえ 蓬田みなみ 西村周子 仁熊敬枝 上白石萌音 露口彩加 川添愛 姫乃たま 清原惟 山中瑶子 田中伶奈





Swimming Shop 競泳水着試着盗撮


blind star

2014.09.03.Wed.09:42
 

い付くようなねっとりとした唇の動きで、Mさんはマスターの逸物を丁寧に丁寧に愛撫し続けた。そうしながら、Mさんの手は自分の乳房を撫で、やがては下腹部へと降りていった。しゃがんだままの足を開いて、カメラの方に向けると、指を立てて敏感な部分をこね始めた。

勃起を頬張った端から、艶めかしい声が漏れ始め、それがシャワーの音に紛れて熱気を溢れさせていた。そそり立つ肉の柱を口に含んでいても、舌が縦横無尽に動いているのが頬や顎の動きで如実に浮かんでいた。自分で刺激する股間の響きと呼応するように、逸物に快楽を与えるのに緩急を着けていた。

やがて、その唇は逸物を離れ、またはしらをなぞるようにして徐々に降りていった。根本までくると、皺まみれの袋に触れ、そのまま毛むくじゃらのそこを掻き分けるようにして舐め始めた。興奮にキュッと迫り上がった珠のようなそこを、Mさんの唇から僅かに突き出た舌先が、チロチロと動き回る。

時折皺を伸ばして袋の皮に吸い付いて、引っ張るように戯れた。そうやりながらやがて、Mさんの頭は次第にその奥へ奥へと進んでいった。仁王立ちの足の間に顔を埋めて、見上げるように袋の裏側を舐め、やがてはその向こうへと沈んでいく様子が、カメラにはしっかりと納められていた。





中西悠理 矢野みなみ 高橋圭子








edge of life

2014.09.04.Thu.02:11
 

足を上げて、マスターはMさんの頭を迎え入れた。Mさんは身体を半分捻ってカメラの方を向くと、顔を開かれた奥の翳りに押し込んだ。筋肉質の締まった尻肉に顔を押しつけるようにして、Mさんは双丘の隙間を目指して舌を突き出した。

さっきまで口に含んでいた勃起をMさんが掴んで扱き始めると、マスターは自分の皮袋に手を宛って持ち上げる。すると、Mさんの舌の動きがあからさまになった。彼女の舌は器用に蠢きながら、一身に肛門の皺を舐め上げていた。別の生き物のように蠢く舌先で、すぼまった穴の周囲を唾液まみれにしてゆく。

時折、その中心を舌先で突いては、そこからなにかを吸い出すような素振りで唇を押しつけた。唇に隠れても、舌は未だ十全に動き回っているのが、マスターの感嘆の吐息でもわかる。そうやって肛門を愛撫する術は、お互いの中でもう普通になっているかの如く、手慣れた様子だった。

そうやって暫く小さなすぼまりに意識を集中させていたが、やがて飽きたのか、Mさんはマスターの背骨をなぞるように唇を這わせながら、立ち上がった。そして、彼の背中にしなだれかかると後ろから手を回して、再び勃起を握って上下に扱いて、なにかを強請るように甘えたような声で小さく啼いたのだった。





中西悠理 矢野みなみ 高橋圭子







green day

2014.09.05.Fri.12:53
 

物を扱くMさんの手に、マスターは手を重ねて一緒に上下してみせると、お互いに顔を見合わせて笑顔を交わした。そして、お互いに正面に向き直ると、シャワーの滴に濡れた肌を密着させて抱き合った。当然のように唇が重なり、だが長くは続かなかった。

マスターはMさんの小さく厚い唇に触れただけで、すぐさま項の辺りに滑り込み、そのまま肩を掠めるようにして下へと下りていった。すぐに豊満に張り出した乳房に辿り着くと、それを下から支えるように持ち上げながら先端に吸い付いた。Mさんは体を反らすようにしてマスターの愛撫に応えた。

充分に快感を貪る準備の出来ていたMさんの身体は、チューチューとマスターの唇が鳴るたびに、全身を震わせるようにして反応した。マスターは両方の乳首を交互に舐め吸いして堪能すると、待ちかねたように膝を折って腰を落とした。

身体を下げながら、一方でMさんの腰の辺りに手をかけて、ゆっくりと押し上げるように手を滑らせた。それは愛撫の延長だったが、強か力が加えられているようで、いつの間にかMさんは踵を上げて迫り上がるような恰好になっていた。





中西悠理 矢野みなみ 高橋圭子





無修正アダルトビデオ イッテル


lily

2014.09.06.Sat.09:39
 

みを生やした下腹部にマスターの顔が辿り着く頃には、Mさんは手を壁に付けて身体を支えて、身を反らしたままつま先立ちになっていた。そしてその先の、肉の合わせ目に唇が到達すると、思わずMさんはのけぞり、そのままシャワールームの壁に背中を預けたままになった。

マスターは暫く唇だけを器用に動かして、Mさんの合わせ目をこじ開けていった。先程までの愛撫で、その口は潤みをもってだらしなく拡げられていたが、それを左右に、丁寧に割って扉を開けてゆく。ピンクに染まった肉の入り口が見えてくると、そこからトロリとした粘液が垂れてきた。

それを盛大な音で啜ったマスターは、身を乗り出して奥へと進んだ。だが、自らの身体を支えるMさんの足の、たっぷりとした太股に遮られて、それは容易なことではなさそうだった。だが、マスターはその片方を手に抱え、グイッと持ち上げると、なんの躊躇もなく奥へと侵入を果たした。

片足を掲げ上げられて、Mさんのオマンコはまったく何も隠す物が無く、マスターの唇と舌の愛撫に無防備になっていた。手を伸ばして恥ずかしい部分を隠そうとするが、手を離せば簡単にバランスを崩して倒れてしまいそうだった。そしてそれは、カメラの前にも自らがクンニされる姿を晒すことにもなったのだった。





中西悠理 矢野みなみ 高橋圭子








afterglow

2014.09.07.Sun.08:02
 

来、Mさんはクンニリングスを施されるのは得意ではなかった、と少なくとも私にはそう言っていたし、例えばネットに上がっている動画の中でもそういった仕草や言葉も見られた。だがそれも、Mさんのアナルと一緒で、相手によるようだ。

Mさんはマスターの舌が、ベロベロとその蜜の溢れ出る入り口を舐め回し始めると、自ら掲げられた足に手を添えてバランスを取った。それは半ば、マスターの行動を自由にさせるように、自ら身体を開いたのと同じだった。マスターは、肉の合わせ目の鶏冠のような部分を、自由になった手で左右に拡げると、その中心に唇を押し当てて盛大な音を発てて啜った。

それに呼応するようにMさんの体が震え、それは自然とマスターの口へと下腹部を押しつけるような動作に繋がった。するとまた、マスターの啜り上げる音が大きく響き、その度にMさんは身体を跳ねるように反応させた。

やがて、マスターは顔を振ってオマンコ全体を愛撫し始めた。そうやって辿り着いたのは、ぽつりと勃起した敏感な突起だった。Mさんの最も卑猥な欲望の中心であるクリトリスを、マスターの唇が甘咬みすると、たちまちMさんは身体を硬直させて、艶めかしい悲鳴を上げたのだった。





中西悠理 矢野みなみ 高橋圭子