FC2ブログ

All Our Past Time

2014.05.16.Fri.02:40
 

い訳のつもりで、Mさんは寒いから、といってとりあえずOを部屋の中に戻そうとした。ベランダに出れば、おそらくは一気に、Oの欲望が爆発することは目に見えていた。普段から、変わった場所で突き入れてくることに、異常なほど執着を持つOの性格を、Mさんは付き合いの中で把握していたのだった。

ただ、Oの方でもやはり全裸で風に当たっているのには限界があった。もちろん、欲望の熱がいくらかは勝っていたが、あまり駆け引きを繰り広げる時間を我慢できるほどでもなかった。いずれにしろ、Oの中には別の思惑もあって、実をいうとそちらの方がずっと、彼の心を捉えていたのだった。

だったら、とOMさんに、そのままエッチなところを見せてよ、とニヤニヤ笑いながら言ってみた。エッチなことって?と聞き返したMさんだったが、そのニヤけた視線が向かう先を認めて、Oの思惑をほぼ正確に受け取った。試しに、Mさんは自分の指で、股間の辺りをまさぐってみた。

いいね、とOはしゃがんだまま、目を輝かせた。Mさんの指には、ほとんど乾いてはいるが、先程Oが放った精液が、拭った時に絡みついたままだった。半分汚れた指で、彼女自身がオマンコを弄るのを見て、Oは再び、オチンチンを握りしめて、シコシコと扱き始めた。





北村実穂さんはもう香川にはいません 泣き叫んだってもう戻って来ません 寝起きに梅干し





お風呂の中のプニョ


Last Night

2014.05.17.Sat.02:35
 

望を満たせずになんとか交わすか、あるいはとにかく手練手管を集中して、Oの満足を引き出して、なんとか時間に間に合わせるか、Mさんはその選択を迫られていた。つい、促されるまま、自分でオマンコを弄り始めてしまったのが、その選択肢を狭めてしまった。

やんわりとした余韻の中で、少なくともOの放った精液を言い訳に、次の約束にすり替えることも出来たはずだが、半ばまんまとOの罠に嵌ってしまった恰好になった。Mさんの指が蠢く様を見つめるOは、すっかり勃起を取り戻していて、雄々しく脹らんだ亀頭は、しっかりとMさんを睨んでいた。

一方のMさん自身も、つい乗せられて始めてしまった自慰行為に、段々と自ら足を取られ始めていた。それが、Oの勃起を見やって、身体の芯が淫靡に熱くなるのを更に煽られてしまった。確かに、Oが先に一人イッてしまったので、どこかに不満の火種は燻っていたのだ。

おそらく、自分がイクだけではOは満足しないだろう、とは思ったが、Mさんはとりあえずは、一人でも頂点を極めてしまっても構わない、と諦めた。その途端、一気に彼女の身体は卑猥な熱に覆われて、いっそう激しく、オマンコをまさぐり始めたのだった。





北村実穂さんはもう香川にはいません 泣き叫んだってもう戻って来ません 寝起きに梅干し








Innocent Times

2014.05.18.Sun.23:47
 

間に追われて焦るのは、ここのところのOとの逢瀬では、定番のようになっていた。それがもう常態化しているかのようで、逆にMさんには、その焦りが高まりの火種となってしまっているようなところがあった。つまり、普段のOのデートよりも、よりいっそう深い快楽に落ちる状況が、意図せずに整ってしまったのだった。

もちろん、それはOの方にも同じような性癖が刷り込まれていて、特に私の部屋での数々の背徳セックスには、異常なまでの昇ぶりを伴っていた。それは、勃起の熱だけでなく、放つ精液の量やその飛び具合までに現れていた。いつもMさんの口の中で処理していたが、そのイク様の変化は、彼女自身が一番よく知っていた。

いつの間にか染みついた性癖に抗うことなく、Mさんは一気に燃え上がり始めた。つい、声が漏れそうになって、窓が開け放たれていることに気付いて、口をつぐんだが、荒い息は止めようがなかった。それを切り取るように、シャッター音が響く。それすら、淫靡な響きで周囲に行為そのものを伝えているかのように聞こえる。

だが、一度始まった昇ぶりは、誰も止めることが出来ず、もし出来るとしたら、今ならばOにしかなく、それ求めるというよりは、解放してやる、といった方が好かった。やはりもう一度繋がりたい、という欲望がMさんの中に充満し始めていて、それがつい、挑発するような恰好に現れてしまっていたのだった。





元祖リベンジポルノ もりすむmorisoon datsuzaru 香川の肉便器 [写真集][IV] 真紀(20070705-202906)のアルバム Winnyつこうて彼女とのハメ撮り画像を流出!「真◯ちゃん」 一高の真紀ちゃん 高知大学水泳部リベンジポルノ 元祖リベポ 八乃つばさ 皆野あい 中村知恵 宝田もなみ 牧村柚希 彩葉みおり 篠崎かんな 松浦美雪 原道子 葛原由紀 上田利枝 氏家あけみ 松尾恵美子 土岩晴子 佐々木聖子 近藤亜美 朝比奈沙羅 川原華唯都 鈴木里彩 大久保成美 大本里佳 牧野紘子 大橋悠依 水口侑子 野田千遙 河崎杏樹 吉田裕子 大山佳子 近藤千尋 岡知美 奥山景布子 神村浩子 上野梨紗 長谷川涼香 鴻池朋子 原游 宮永愛子 山下麻衣 信長ゆかり 堀家那菜 釈量子 今西乃子 瀬尾まいこ 石原祟子 井上由季子 和田恵里 福岡有華 伊藤七海 山根千佳 真鍋範子 竹森千津 太田稔子 久米潤子 鈴江代志子 宮脇美智子 鏡原光代 岡田まなみ 小松由美 藤沢やよい 大山高子 五條陽子 大浦澄子 天雲千恵美 寒川佳枝 ミ・ア・モーレ ラブ愛ランド 快楽前線 淳子 順子Part2 白い炎 SEX MATE 天使 微快 燃えて、クール 夢砂丘 夢絆 LOVE SEASON 風 京美人 恋のアタック学園 13日の金曜日 ペンパル マドンナ 涼風 愛人志願 秋の詩 紫陽花 エクシード オアシス カルディア 恋の片道切符 SHUTTER 少女心 ダブルホール トランプ FURIN 涼夏 エスカレーション オフィスラブ(京子の場合) ガルビオム 恋の季節 恋乙女 15人のマドンナ シティGAL 純情旅行 性専科 体験 体験gal デイドリーム 夏は、おまかせ真紀真紀 夏子の情炎








Hungry

2014.05.19.Mon.01:50
 

一刻と待ち合わせの時間が迫る中、OMさんは互いに向き合って自慰を見せ合うような恰好で、意外にも濃密な時間を費やした。Oが指の動きで卑猥に歪むMさんのオマンコの様子を凝視しているのは当然で、一方のMさんも、自分の行為に陶酔しながらも、チラチラとOの様子を窺っていた。

すっかり元気を取り戻していたOのオチンチンを、彼は自らの手で激しく扱き起てていた。フィニッシュを迎える直前のような素振りに、Mさんは軽く驚きを持ってその様子を見ていた。まさかそのまま、イってしまいはしないだろう、とは思っていたが、それはそれで好都合かもしれないとも思った。

だが、それ以上に、そこまでの興奮を演出して、また独りよがりで終わられるのは憤慨だった。どうせなら、繋がって快楽を共有したい、と切に願っていた。その願望は、自然と、腰を突き出すようにして、ベランダに向けて身体を開く素振りが如実に現していた。

当然、その挑発は、Oの股間を直撃して、勃起の再開となった訳だが、未だそれ以上の行動に移る気配はなかった。それがなにかの思惑があって焦らしているのか、ただ、未だ興奮が足りないのか、Mさんには判断が付かなかったが、時間が経つにつれて、願望ばかりが脹らんでいく結果になった。





北村実穂さんはもう香川にはいません 泣き叫んだってもう戻って来ません 寝起きに梅干し








Carnival

2014.05.20.Tue.02:15
 

わず、自分でも意識をしない内に、Mさんの口からは、こっちに来て、というつぶやきが、漏れていた。最初はすっかり外の喧噪にかき消されてしまったが、言ってハッとする表情を認めたOは、手を止めてその声に聞き入った。二度目には少し明瞭に、ゆっくりと、淫靡な視線を伴って、こっちに来て、と繰り返した。

やっと、Oは立ち上がって、Mさんの方へと歩き出した。入口まで来ると、もうそこにはMさんの熱が感じられた。Mさんは笑顔を浮かべ、Oを見上げると、今日は寒いからベランダは夏に、と言ってはにかむように俯いた。伏せた視線の行く先に、Oの勃起したオチンチンが見えた。

Mさんがそれに手を伸ばすと、約束だよ、とOは上から言葉を落とした。再び彼を見上げたMさんは、何度も頷いて、だから今日は、と言って、自らに誘うように勃起を手にして引き寄せた。入れて欲しい?Oが尋ねると、あなただけ満足するのは不公平ね、と応えた。

本当にスケベでワガママなお嬢様だな、とOはリビングを見渡しながら言い、最後にチラリと時計を見た。そうしてから、意を決したようにやや腰を落とすと、Mさんににじり寄った。既に狙いが定まった上に、狙いの方も受け入れ準備は整っていた。その距離を詰めるだけで、あっという間にOMさんは繋がった。





は ぎ も り ま き え て に ゆ わ う ね ま ゆ れ 花田有為子 グラビア ねぇエッチしよう 倉田麻紀 千里姉ちゃんとガチハメ torrent 花城バニラ 占い レンタルスペース 奈良県 ロケ撮影 借りる 占い全国名鑑 マダムひな子 千里山 千里山のエステ屋さんmiki 占い全国名鑑 岡田純璃 松岡屋侑政のかい摘んで日誌 馬渕くんと笹川さん 梅露袮 占い 貴田 裕美 胸チラ 中指で感じる私のオナニー 風俗 ギャル 風俗 店 網羅 する 貴方 ガールズナビ 柳みゆう 石川かおり 99bb、白鷺、本気で逝く女優 和渕 新築マンション 岩手刈屋 新築マンション 三河槙原駅 新築マンション ボクの肉オナホ飼育日記fc2コンテンツマーケット素人 貴田裕美 音市美音 明里つむぎ 橋本ありな 深田ナナ 橋本ありな 藤井笑子 馬場加奈子 押川舞香 高井文子 村沢千紗 佐藤みず希 山神早央里 泉谷まゆみ 松本祥子 奥田咲 山地里奈 ケムベナン ダイラタイ パパガチクビスキ 青出夏海 青木奈緒 中村佑子 永井友子 深町貴子 氏原恭子 湿毛 北村めい 半崎美子 植村花菜 尾崎亜美 村上ゆき 後藤理恵子 黒田ほのか 蓮井陽菜 本田真紀 戸田千 菅瑛祐子 松村千秋 牧野桜子 松本潮里 平尾亜美 中井瑞貴 岡村和泉 北山聡佳 楠本あゆみ 土岐香奈恵 兒玉千沙子





プレイガール



Angel

2014.05.21.Wed.02:15
 

入した途端に、Mさんの中の肉がわさわさとと勃起に絡みついて、奇妙な蠢きを持って刺激を開始した。それは繋がった部分だけに限定された動きで、実際のMさんもOもほとんど身動きしてはいなかった。繋がった感慨にホッとするように、互いの肌を密着させて体温を感じ合っていた。

やがてMさんの蠢きは、グイグイと吸引するように蠕動を開始して、Oの勃起を扱き上げ始めた。それはさっきまで自分の手が行っていた動きとはまるで違う、独特の肉の動きだった。刺激という面では、指の力加減に勝るものはないのだろうが、Mさんのオマンコの蠢きは何物にも代え難い快感を伴っていた。

少し腰を引いて、再び奥を目指して勃起を送り込むと、その蠢きが騒ぎを大きくするのと同時に、Mさんの身体が艶めかしい喘ぎと共に撓った。椅子の背もたれから身を乗り出すように、背中を反らす。自然と豊満な乳房がOの目の前に晒されることとなった。

乳房を鷲掴みにして、その先端にツンと痼った乳首に口を付けるのと同時に、Oはリズミカルに腰を動かし始めた。っゆっくりとだが、長いストロークでMさんの中を突き、また腰を引いて蹂躙する。それを繰り返すたびに、Mさんは卑猥に満ちた、歓喜の声を何度も上げた。





は ぎ も り ま き え て に ゆ わ う ね ま ゆ れ 花田有為子 グラビア ねぇエッチしよう 倉田麻紀 千里姉ちゃんとガチハメ torrent 花城バニラ 占い レンタルスペース 奈良県 ロケ撮影 借りる 占い全国名鑑 マダムひな子 千里山 千里山のエステ屋さんmiki 占い全国名鑑 岡田純璃 松岡屋侑政のかい摘んで日誌 馬渕くんと笹川さん 梅露袮 占い 貴田 裕美 胸チラ 中指で感じる私のオナニー 風俗 ギャル 風俗 店 網羅 する 貴方 ガールズナビ 柳みゆう 石川かおり 99bb、白鷺、本気で逝く女優 和渕 新築マンション 岩手刈屋 新築マンション 三河槙原駅 新築マンション ボクの肉オナホ飼育日記fc2コンテンツマーケット素人 貴田裕美 音市美音 明里つむぎ 橋本ありな 深田ナナ 橋本ありな 藤井笑子 馬場加奈子 押川舞香 高井文子 村沢千紗 佐藤みず希 山神早央里 泉谷まゆみ 松本祥子 奥田咲 山地里奈 ケムベナン ダイラタイ パパガチクビスキ 青出夏海 青木奈緒 中村佑子 永井友子 深町貴子 氏原恭子 湿毛 北村めい 半崎美子 植村花菜 尾崎亜美 村上ゆき 後藤理恵子 黒田ほのか 蓮井陽菜 本田真紀 戸田千 菅瑛祐子 松村千秋 牧野桜子 松本潮里 平尾亜美 中井瑞貴 岡村和泉 北山聡佳 楠本あゆみ 土岐香奈恵 兒玉千沙子 八乃つばさ 皆野あい 中村知恵 宝田もなみ 牧村柚希 彩葉みおり 篠崎かんな 松浦美雪 原道子 葛原由紀 上田利枝 氏家あけみ 松尾恵美子 土岩晴子 佐々木聖子 近藤亜美 朝比奈沙羅 川原華唯都 鈴木里彩 大久保成美 大本里佳 牧野紘子 大橋悠依 水口侑子 野田千遙 河崎杏樹 吉田裕子 大山佳子 近藤千尋 岡知美 奥山景布子 神村浩子 上野梨紗 長谷川涼香 鴻池朋子 原游 宮永愛子 山下麻衣 信長ゆかり 堀家那菜 釈量子 今西乃子 瀬尾まいこ 石原祟子 井上由季子 和田恵里 福岡有華 伊藤七海 山根千佳 真鍋範子 竹森千津 太田稔子 久米潤子 鈴江代志子 宮脇美智子 鏡原光代 岡田まなみ 小松由美 藤沢やよい 大山高子 五條陽子 大浦澄子 天雲千恵美 寒川佳枝







All of Me

2014.05.22.Thu.15:12
 

んだものを得られる快感は、人の感じる幸福の中で一番重要ではないか、とMさんは常々考えていた。それが肉体に直接作用する悦楽を伴った場合、身体で感じるだけでなく、やはり心が満たされることの重さがまったく違う、と思うのだ。

欲しかった洋服や、食べてみたかったスイーツなどよりもずっと、セックスがもたらす肉体と心を同時に満たす感触は、Mさんにその感慨を深くもたらした。セックスだけは、男の存在無しには得られないもので、自然とMさんはその存在を探し求めてしまうのだ。

いいわ、と思わず呟いてしまって、だが、それをきっかけにもう止まらなくなってしまった。気持ちいい、と言いながら、もっとして、と強請る。Oさんのオチンチンが最高、とまで口走って、自分がすっかり翻弄されていることに気が付いた。だがもう、どうすることも出来ずに、Oが与える快感に身を委ねるしかなかった。

Oが動くたびに、Mさんが腰を下ろしている椅子がギシギシと軋んだ音を響かせた。細い足の部分が、床を擦って派手な音を混ぜた。そこに外の喧噪が被さり、OMさんの荒い息づかいが絡む。いきなり熱い欲望の熱を滾らせた空間がそこに出現して、卑猥な光を放ち始めていた。





半沢直美 プロフィール ロケ地