FC2ブログ

Coming Home

2014.01.31.Fri.05:01
 

れを隠すように顔を逸らしながら、Mさんはオチンチンを離そうとはしなかった。もう一度、とOが促すと、今度はハッキリとその勃起を見つめながら、Oさんのオチンチン、と言って笑った。

ここ何処?と畳みかけるように尋ねたOの問いは、まったく関係ないような気がして、最も重要な問いだった。多少ぶっきらぼうに、彼の部屋の彼のパソコンの前、と言い放つと、イヤだぁ、と付け加えて完全に顔を逸らした。Oはその表情を執拗に、カメラで追い続けた。

アイツの部屋でオレのオチンチンとか弄って、何するつもり?好色な響きを存分に響かせたOの問いかけは、すっかり淫靡な雰囲気に、Mさんを引き込もうとしていた。笑顔を見せるだけで、しきりに視線を外そうとするMさんに、Oはやや矛先を変えた。

これ、アイツが見ていたらなんて言うかなぁ?といったOの言葉に、Mさんはビクン、と一瞬こわばった表情をして見せた。そして、オチンチンから手を離すと、ダメだよ、絶対にダメ、とカメラを覆うように何度も手を振った。勘違いしないで良いよ、とOは慌てて後ろに避けたが、そのせいで、パソコンデスクの前に座るMさんの全身を捉えたのだった。





藤田水美 奥菜ひろみ 椎名真紀








スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

The Twelve Year Old Boy

2014.01.30.Thu.12:00
 

撃といえば、確かにMさんが私と付き合っている間の乱行が明るみに出ること自体が驚きの連続なのだけれど、さすがにその時の、いわゆる最後の日の映像はまた別の感傷を私の中に起こした。言葉では表しにくい感情だけれど、人の業のようなものを考えさせられたのだった。

そしてそれは、奇妙なことに、Oが促しMさんを突き動かす、いわばプレイの延長がそうさせたのだった。そのDVDを私に流した女性は、意趣返しのような意味合いで平然としていたが、そういういきさつもあって、彼らが興奮をすることに私が関わっていた、というねじれた関係がその感情を助長させた。

カメラはOの勃起の根本を手にして見つめるMさんに、言葉を振りかけるように俯いたまま、彼女の表情を克明に記録していた。この部屋でオレのオチンチンなんか、触ってていいのかな?という言葉、いつの間にか迷いが消えて、ずいぶんと被虐の色に染まっていた。

とりあえず、カメラを見て、とOが促すと、Mさんは顔を上げた。自分が何をしているかわかっている?と尋ねると、フフフと笑いながらMさんは頷いた。Mさんが握っているのは何?と尋ねると、彼女は一度吹き出しそうになるのを堪えながら、照れたように視線を逸らして、Oさんのオチンチン、と小さな声で応えたのだった。





もりすむ morisoon datsuzaru 香川の肉便器 [写真集][IV] 真紀(20070705-202906)のアルバム








Long Tall Woman

2014.01.29.Wed.11:51
 

後の宴を克明に納めたそのビデオは、数年経って私の手元に渡って、そこに映っていたパソコンの画面で再生されることになった。その時にはもう写真立ては残ってはいなかったが、だからこそ、私の目に触れることになったのだ。

その映像は、しばらくは二人の宝物だったのだが、後日、MさんとO達の乱行を私に告白してくれた女性の目に触れ、ダビングされ、そして私へと流れてきたのだった。その頃、その女性はKの愛人になっていて、二人の間を取り持ったのがOMさんだった。

四人が四人とも、他人には言えない関係だったのもあって、その頃よく四人は連んでいたらしい。もちろん、四人がただ集まるわけはなく、セックスを見せ合いパートナーを交換し合う、淫乱なパーティーを繰り返していた。その余興として、その映像をみなで鑑賞したのだという。

なぜその女性が、私に告白する気になったのかは、前にも云ったように私が人を使って調べさせたのもあるけれど、彼女とK達のとの間に起こったトラブルがその理由らしく、その話は後日に譲るが、互いが秘密を共有しあっている、という淫らな関係も、いくらかはきっかけになったらしい。





藤田水美 奥菜ひろみ 椎名真紀








Take Me Where You Go

2014.01.28.Tue.23:41
 

ソコンデスクには、液晶のモニターだけでなく、仕事で使う図面や仕様書が散乱していて、片隅には曲を作っている途中の楽譜が固めて置かれてあった。モニターの上には小さな書棚があって、そこには私とMさんが並んで写っている写真立てがあった。

それは初めてOたちにMさんを紹介した時に、Kが撮ってくれたもので、ほとんど唯一と言っていいツーショットの写真だった。Oはデスクの前に座ったMさんを見下ろすように一度カメラを向けると、それからそのツーショットの写真を納めた。

写しながら、その画面の外で、カチャカチャという金属の擦れるような軽い音がしていた。執拗に二人の写真を納めた後に、やっとカメラが動くと、再びMさんの顔が映し出された。その鼻先に、くっきりと勃起したオチンチンが延びているのが見えた。

その根本を、Mさんが握って自分の方に向けていた。今にもその先端を口に含みたいと望んでいるようなひょじょうで、カメラを見つめて笑っている。アイツの部屋でそんなことして良いの?とにやけたようなOの声で、私の名前を口にした。Mさんは照れたように、やや俯いてニヤニヤと笑って見せた。





谷川ゆかり 愛玩先生~美奈乃先生の秘密








Cry For Me Baby

2014.01.27.Mon.01:25
 

の部屋、と問われて答えはすぐに見つかったけれど、Mさんはそれを口にしようとして、やっとOが欲している物を確信した。ここは誰でもない、Mさんの彼氏であり、Oの友人である私の部屋である。そこで二人が会っていることこそが、そこに刻みつけるべき大前提なのだった。

ここは彼氏の部屋です、とMさんはやや声を潜めていたが、ハッキリと私の名前を口にした。思えば、Mさん自身がOと淫らな行為に至る時に、私の名前を口にしたのは数えるほどしかないのだった。互いの間にその存在があることはわかっていて、もちろんそれがあるからこその関係のはずなのに、何処かであからさまに口にするのは憚っていた。

そうすることで、罪の意識が薄れると言うよりは、敢えて言わないことで、逆に背徳にまみれることへの興奮がそうさせたのだろう。そうやって私の名を呼ぶことをタブーのように包み隠していることで、今初めて口にしたことで、二人の中に強烈なまでの興奮がわき起こってきたのだった。

もう一度、案内して、とOが促すと、Mさんは部屋の中を歩き始めた。狭い部屋だけれど、私の存在を匂わせるよな場所をピックアップして、次々にカメラに向かって紹介した。そしてパソコンデスクの前までやってきたところで、その前のワーキングチェアに腰を下ろした。





谷川ゆかり 愛玩先生~美奈乃先生の秘密









Elmore's Contribution to Jazz

2014.01.26.Sun.02:35
 

に入り私の部屋までの階段を上る間も、OはずっとMさんの姿を追い続けた。部屋に入って、いつもならすぐに淫らな触覚をあわせようと絡まり始めるのだけれど、その日は逆にOは距離を縮めようとしなかった。最後の一日を、ビデオに収めようとするOの意図を、Mさんは理解していたが、どこかに物足りなさも感じた。

カメラを構えたOにはしっかりとした意図があったのだけれど、それをどう促して良いのか、決めかねているところがあって、未だ衣服を着けたままのMさんが部屋に立って微笑む姿を、じっとカメラに納めるばかりだった。どうしたの?と笑顔に訝しさを滲ませて、Mさんは尋ねたが、それでも、どう切り出そうか迷っていた。

しかし、いつもよりは時間に余裕があるといっても、そんなに無駄に出来るほどではなく、迷いは残ったまま、ついにOは口を開いた。案内してよ、というOの言葉に、Mさんは不思議そうな目を向けてきた。この部屋を、とめずらしく自信なさげな口調は、何処かおかしみが混じっていたが、Oの表情は真剣だった。

よくわからないまま、Mさんは頷いて見せたが、いざ部屋を案内してみて、といわれても、何から初めて好いのか、彼女の方でもわからなかった。結局、二人して、ぎごちない空気が流れていくままだったのを、次のOの一言で、いきなり覚醒された。Oは、やや緊張したように震える声で、ここは誰の部屋なのかな?と訊いた。





谷川ゆかり 愛玩先生~美奈乃先生の秘密









It Hurts Me Too

2014.01.25.Sat.15:05
 

盤になって、多少仕事との折り合いが難しくなって、休日出勤とはいっても、いくらかしわ寄せが後に残っていた。日曜日のOの会合は、一応友人同士なので、それなりに楽しみにはしていたのだが、仕事とどちらを優先させるかは、難しい物があった。それを最終日になって、取り戻す意味もあって、待ち合わせの時間をいつもより遅い時間にしたのだった。

だが、実際は、MさんとOはいつもの時間に私の部屋で落ち合った。それは、二人にとっては通常の時間で、私との待ち合わせが遅くなった分、ずっと長く逢えることを意味していた。

そして、それが最後の一日になることをお互いに自覚していて、降って湧いたような幸福な日曜日の集大成として深い絆を残しておこう、というような意気込みがあったのは間違いない。じっくりと名残を惜しむように、私の部屋での情交を味わおうと、二人ともが、会う前から昂揚していたのだった。

いつものように、Mさんが先に家に着き、間もなくOがやってきて、それを玄関で迎えた。Oが駐車場にクルマを停めて、中から顔を出した時から、既に彼の手には修理が成ったビデオカメラがあった。玄関から迎えに顔を出したMさんを、既にスイッチの入った状態でそのカメラは捉えたのだった。





谷川ゆかり 愛玩先生~美奈乃先生の秘密





魔術師の お・も・て・な・し