FC2ブログ

Sex Sleep Eat Drink Dream

2017.05.26.Fri.03:45
 

房から手が滑るようにして下に下がると、Mさんはようやく最も触れて欲しい部分へ届くことに興奮した。期待する胸が今にもはじけ飛びそうなほどに沸き立っていた。だが、手は腰のところを抱えて止まった。思わずMさんは焦燥感に急き立てられて身体をくねらせた。そんなことお構いなしに、部長は手を伸ばして再び距離を取り、今触れたばかりの乳房をじっくりと眺めた。その視線が喜びに溢れているのにいくらか安心した。

しかし、期待ばかりが膨らんで、Mさんは熱に魘されたように焦れていた。それはいつの間にか、半分方快感に変容していて、腰に手を宛がわれているだけで、クリトリスを刺激されている快感同様に錯覚していた。少し強く押されるとイッてしまいそうな予感さえした。実際にクリトリスに触れられたら、硬くなった勃起を突っ込まれたら、と想像するだけで自分が乱れ飛んでしまう姿が目に浮かぶ。これ以上の快感とは、どんなものだろうと考えるだけで気絶しそうになる。

最もそれを象徴するように、Mさんの下腹部は熱くなっていて、秘壺の奥から止めどなく蜜が溢れ出していた。こんなにまで自分が潤うのかと驚くぐらいに、濡れている。それが仄かに、淫靡な香水を周囲に撒き散らしていた。それを悟られるのは、とても恥ずかしい、と思った瞬間、部長は目の前でしゃがみ込んだ。アッと思わず声が出た。見られている、と云う感覚が、戸惑いを呼び起こしいっそう熱を加える。これほどまでの羞恥も、やはり経験は無い。

部長はフローリングの床に座り込むと、声を出したMさんの顔を下から眺めた。淡い光に浮かび上がるMさんの姿をじっくりと鑑賞する。照れた表情に、今にも泣き出しそうに思える瞳を細めて、見られることに耐えている。それを遮るように豊かな乳房が隆起して、相反するようにその先端を硬くしこらせていた。部長は座ったまま、腰に宛がっていた手を後ろに回してMさんを惹き寄せた。へその辺りに頬を寄せ、撫でるように顔をすりつけたとき、Mさんには思いも掛けないことが起こった。




元祖リベンジポルノ もりすむmorisoon datsuzaru 香川の肉便器 [写真集][IV] 真紀(20070705-202906)のアルバム Winnyつこうて彼女とのハメ撮り画像を流出!「真◯ちゃん」 一高の真紀ちゃん 高知大学水泳部リベンジポルノ 元祖リベポ




openload 無修正 ギャル 風俗 店 網羅 する ストリッパー 巨乳 相撲 banana blog k-garage bananblog bnana blog ポリテ gcolle openload openload 2ch gcolle gcolle レビュー リベンジポルノ k-garage テレキャスター 巨乳相撲 banan blog k.garage bananablog kガレージ 寝起き 梅干し electric banana みんなは逃げろ!!双一は落ち着け!!


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

This Woman's Work

2017.03.15.Wed.03:45
 

人が腰を下ろしたベンチは、公園の中央辺りにあり、ちょうど歩道が続いている脇にあった。その歩道沿いに点々を街灯が備えられていたが、ちょうど二人の座るベンチは街灯と街灯の間にあった。それでもお互いの服装が見えるぐらいには明るくなっていて、そこで身体を重ねるのには微妙な暗さだった。羞恥心の度合いにも寄るが、どこか経験不足を滲ませてしまっている後輩には、そのベンチは明るすぎた。

やっと唇を離すと、Mさんはすっかり卑猥に蕩けた目つきで後輩を見返してきた。どこか冷静な部分を未だ持っている後輩は、その表情が見て取れることに躊躇を覚えた。次の手を出せずにいるMさんは、じれったそうに自分から後輩に纏わり付こうとしたが、それを掴んだままの胸を押す形で戻した。ちょっと場所を変えませんか、と後輩は囁くように言った。そのささやきを、Mさんはくすぐったそうに身を捩った。

てっきりMさんはもうホテルに行くものだと思い、頷いて立ち上がったが、その後に後輩が導いたのは、別の方向だった。歩道は遊具のある広場と花壇が並んでいるスペースとを隔てるように延びていたが、それを花壇の方へと後輩は先を歩いた。そちらは花壇の周囲にベンチが置かれているが、その向こうに駐輪場があって、その壁が遮るように立ちはだかっていた。街灯もなくそこに入ると、昼間とは別世界の暗がりだった。

闇の中に紛れると、いきなり後輩は大胆になった。立ったままMさんを抱きすくめると、直ぐにスカートに手を触れた。たぐるようにして引き上げて裾を取ると、そこから中へと手を入れてきた。思わずMさんは腰が引けたが、腰を抱かれていて逃げ出すのは容易ではなかった。そもそも、拒否する意思に欠けるMさんの股間は、あっという間に後輩の手のひらを受け入れて、ショーツ越しにまさぐられる結果となった。




元祖リベンジポルノ もりすむmorisoon datsuzaru 香川の肉便器 [写真集][IV] 真紀(20070705-202906)のアルバム Winnyつこうて彼女とのハメ撮り画像を流出!「真◯ちゃん」 一高の真紀ちゃん 高知大学水泳部リベンジポルノ 元祖リベポ




女風呂 アオガチョウ 日本フェラチオ振興会 アダルトトレイン オルフェンズ 骨髄バンク 骨髄 無料で、いやらしい言葉ばかり話す若い女のだけの無修正 UTAU スーパーボウル ビデオ・ザ・ワールド ストリッパー 免許更新


Big Yellow Taxi

2017.01.14.Sat.03:45
 

食の弁当の入ったバッグをデスクの上に置いたが、直ぐには開こうとはせず、しばらくはOの仕事の話など、他愛の無い話をだらだらと続けていた。普段、一緒に暮らしているようなものだったが、仕事の内容や、同僚の話などが話題に上ったことはない。スケジュール的なこと話すことはあるのだが、仕事の内容がお互いにまったく不案内なこともあって、尋ねることさえなかったのだ。

そのせいか、雑然とした事務机に馴染んでいるOの姿は、Mさんには新鮮に映った。おかしな話だが、セックスの匂いがまったくしないOの顔を見ることが、Mさんにはあまりない体験だったのだ。そういうシチュエーションにお互いに興味がなかったというのもあるが、結局二人の繋がりは下半身に集中していたということだ。半同棲のような関係になって初めて、仕事でくたびれたOの顔、というものを見たのだった。

それ故か、やはり二人が逢ってしまうと、まったく性の色をかき消したような殺風景な場所に、やはり淫猥な空気を吹き込んでしまう。Mさんの顔を見ると、半ば勃起してしまうのはもうOの条件反射のようになっていて、それが事務所の中でも同じだとその時初めて知った。他愛の無い話が尽きかけた時に、そのことを自覚した途端、Oの視線は卑猥な色を滲ませて彼女を見ていた。

MさんはやはりOの仕事場を意識したのか、落ち着いたグレーのワンピース姿で、腰の処を細い黒のベルトで絞っていたが、肝心の足の長さを長い裾が隠していた。OLも経験したことのあるMさんだったが、新しい職場でもスポーツクラブのユニフォームよりも外に営業で出ることが多く、ワンピース姿がようやく板についてきた。だが、Oには比較的ラフな姿しか見せておらず、その新鮮さがOの目にも新たな欲望に火を付けたのだった。




元祖リベンジポルノ もりすむmorisoon datsuzaru 香川の肉便器 [写真集][IV] 真紀(20070705-202906)のアルバム Winnyつこうて彼女とのハメ撮り画像を流出!「真◯ちゃん」 一高の真紀ちゃん 高知大学水泳部リベンジポルノ 元祖リベポ




文枝 リベンジポルノ 丸出し エレクラスタジオ simutrans クリスマス サンタさんM女の自覚 av ブログ レビュー YMO シンセ msqs キラキラ ギター カラーボックス openload 高知 素人 boss gx-700 音切れ エレクラ 倉庫 k-garage テレキャスター レヴュー k garage テレキャスター 音



Blues Before Sunrise

2016.11.27.Sun.03:45
 

ったままで背後からゆりなの愛撫を受けるMさんは、泡にまみれながら徐々に身体を熱くしていった。浴室に籠もった熱はいっそうMさんに纏わり付いて、肌の上をすっぽりと包んでいた。片手を乳房に、もう片方の手を妃部に宛がったゆりなのまさぐりは、刺激を加えることよりも、Hへ見せつける動きが多かった。ゆりな自身、Mさんが貫かれる場面を見たくて堪らないのだ。

事前の約束を逸脱することになるが、それだけ背徳の意識が強まり、ゆりなは興奮を高めるのだ。その対象がMさんだとよけいに燃える。Mさんは身体を悶えさせ、熱い吐息混じりの喘ぎでゆりなを愉しませるのとシンクロして、Hのオチンチンを握りしめた手を前後に揺さぶって見せた。感じ入るとその動きは緩慢になるが、代わりにギュッと握り込む力が加わる。Hはそれに翻弄されながら、徐々に回復の兆しを感じ始めていた。

やがて妃部をまさぐっていたゆりなの手が太股に滑って持ち上げた。幾らか強引なその力に、Mさんはもう抗う術がないほど、感じ入っていた。快感は彼女の全身を捉え始めていたのだ。鏡が貼ってある壁にシャワーユニットが備えられ、そこには棚のように段が着けられていて、シャンプーやボディーソープが並べられていた。その段へとMさんの足を置くと、Mさんは更に大きく秘裂を開ききることになった。

その姿勢になってよりいっそう、Mさんの妃部はHの目に露わに写った。そうしてからゆりなの指は、Mさんの妃裂を割り開いて、Hの目に焼き付けるように晒してみせた。その時、Mさんの手の中で、ビクンとHのオチンチンが跳ねるように反応した。未だ柔らかいままだったが、その芯に力が加わっている感触がする。人肌から急に熱を帯びてくるのが目に見えてMさんに伝わってくる。その回復力に、Mさんは驚いてHの目をまじまじと見つめてしまったのだった。




元祖リベンジポルノ もりすむmorisoon datsuzaru 香川の肉便器 [写真集][IV] 真紀(20070705-202906)のアルバム Winnyつこうて彼女とのハメ撮り画像を流出!「真◯ちゃん」 一高の真紀ちゃん 高知大学水泳部リベンジポルノ 元祖リベポ




ギター カラーボックス openload 高知 素人 boss gx-700 音切れ エレクラ 倉庫 k-garage テレキャスター レヴュー k garage テレキャスター



EAR

2015.11.09.Mon.04:10

かが言っていたが、女は耳で欲情し、男は目で欲情するらしい。そういう意味では、その男は素直に雄本来の欲望に素直だったわけだが、その中でもMさんを特別には感じていたらしい。それは自然とMさんを褒める言葉となって発せられ、彼女も雌本来の欲望を満たされていたわけだ。興奮を言葉にすることに躊躇がないのは、その男の好ましい特徴でもあった。辟易する食事時の猥談も、時と所を変えれば快感をもたらすのだ。

形だけでなく、感触も最高だから、と男は完璧、という言葉を何度も使って、Mさんを褒めた。言葉に煽られて、Mさんはいつしかその気になって、男を受け入れている。繋がるとそれはより顕著になり、言葉だけでなく息づかいの荒さでもそれは表れた。Mさんにとって、男の勃起は取り立てて特別だという感じはしなかったが、素直に反応するその一つ一つには、興味をそそられた。

結局、総合的に見て二人のセックスは、ノーマルよりも多少は欲望に忠実で、その分淫乱に堕ちていた。だから、お互いに興奮を覚え合って、何度でも繋がりたくなるのだった。少なくとも、男の方にその願望は強く、二度目の射精をMさんの妃裂の周辺にぶちまけてしまった後、ひどく残念そうな顔で自分の放ったものを見下ろしていた。それでその日がお開きになるのを惜しんでいたのだっだ。

いい加減な時間になって、Mさんの方からそろそろ送って欲しいと頼むと、男は惜しむ反動でまた勃起をして見せたが、それ以上は進めないことも自覚していた。欲望に忠実だが、男は我が儘だというわけではなかった。Mさんの意向を無碍にしない紳士的な態度は、当たり前に持ち合わせていた。また二人で、今度はただ汗を流すだけで留めたバスルームを出ると、名残惜しそうだったが、そそくさと帰り支度を始めたのだった。





元祖リベンジポルノ もりすむmorisoon datsuzaru 香川の肉便器 [写真集][IV] 真紀(20070705-202906)のアルバム Winnyつこうて彼女とのハメ撮り画像を流出!「真◯ちゃん」







風来

2015.07.25.Sat.03:45

学に入ってすぐ、以前から誘われていた水泳部に入った。元々高校も水泳を思う存分出来る学校を選び、大学へ進学しても止めるつもりはなかった。そこは上下関係の厳しい運動部だったが、それなりに目をかけてくれる先輩もたくさん出来た。男女合同が基本だったので、かわいがってくれる女子の先輩もその中にはいた。Mさんもその中の一人だった。

Mさんが同棲をしている、というのはすぐにWの耳に入ったが、それは酷く大人の世界の出来事に思えて余り実感はなかった。実際に部屋に招かれることもなかったので、どこか現実味がなかった。淡い憧れは持っていたが、自分にそんなことが起きるとはとうてい思えなかった。それでも、いつかは自分にも自分の世界が構築され、当たり前に経験を積んで大人になっていくのだと漠然と思っていた。

同じ頃、男ばかりで集まった部屋で、初めて裏ビデオという物を見た。当時は未だビデオテープの時代で、120分のテープにぎっしり詰まった無修正の男女の交わりを、朝から晩まで酔いに任せて見たのだった。知識では知っていた物が、動く男女で行われているのは衝撃だったが、やはりどこかで現実味が薄かった。画質も悪かったが、それが現実に行われていた者を写し取っているというあたら前のことが、何処か嘘くさく思えた。

それが今、目のまで生の感覚を伴って繰り広げられているのだ。それも身近な先輩のMさんの裸体が、男を受入れようと火照っている、その熱や汗の匂い、上気した体臭までもが、リアルにWには感じられるのだ。やはりあのビデオはウソだったのだ、と別の意味でWは思った。何より男の勃起を嬉しそうに舐めしゃぶるその表情が、あまりにも卑猥に輝いていて、Wはもう欲望を抑え込むことが出来なくなっていた。





元祖リベンジ・ポルノ もりすむ morisoon datsuzaru 香川の肉便器 [写真集][IV] 真紀(20070705-202906)のアルバム







I Dig Love

2015.03.13.Fri.15:12
 

絡を取り合ったのは、毒キノコより先で痩せ男の方からだったのだが、再会するのは後回しになった。本当は痩せ男はまた三人で、という話だったのだが、毒キノコとは打ち合わせてはいなかったらしい。MさんのOKが取れれば、段取りをするつもりだったのだ。

それが毒キノコの独走を許したのだったが、その辺の事情もよく知った上で、二人は再会した。Mさんの思惑を、どれほど痩せ男が斟酌したのかは分からなかったが、とにかく会えることには素直に喜んでいた。逢っている最中、一度も毒キノコの話題に触れなかったのにも、きっと理由があるはずだった。

意外にも痩せ男との二度目のセックスは、Mさんに深い快楽をもたらした。意外だったのは、痩せ男がその体型とは似つかわしくないパワフルさを持ち合わせていたことだった。最初の時は、結局毒キノコに花を持たせる形で、あの後はずっと観察者に回った彼だったが、それが多少の無理を強いていたことを、Mさんはその時になって初めて知ったのだった。

Mさんと向き合って繋がったまま、身体を抱え上げて、いわゆる駅弁ファックと呼ばれる体位になったときには、正直彼女は驚きを隠せなかった。それほどの筋力があるとは、思えなかったのだが、驚いている間に彼女は上下に揺すぶられ、快楽の中に墜ちていったのだった。





元祖リベンジ・ポルノ もりすむ morisoon datsuzaru 香川の肉便器 [写真集][IV] 真紀(20070705-202906)のアルバム