FC2ブログ

Big Bad Wolf

2017.07.20.Thu.01:15
 

慢できないよ、と部長は申し訳なさそうに云って、Mさんから離れた。腰を引けば、元々Mさんの身体の柔らかさにもたれて繋がっていた体勢だっただけに、いとも簡単に勃起は抜けてしまった。だが、Mさんはイヤ、抜かないで、と懇願するような声を出して、部長に身体を近づけた。困惑したのは部長の方で、Mさんの方から繋がろうとするのに、自らの限界とを計りにかけた。

何とかMさんとの間に距離を取り、部長は三和土の所に彼女を座らせた。仕方なく云う通りにしたMさんの口に、部長は勃起を押し入れてきた。前回この部屋で繋がった時とは正反対に、部長はいきなり忙しなく腰を振ってきた。Mさんの口中で限界を示す欲望がだらだらと垂れてきていた。それをMさんは頬を凹ませて吸い取る。舌先で裏筋の部分を弾きながら、彼女も頭を前後に振って最後を導く。

やがて、一際深く突き入れてきたのをきっかけに、勃起は爆発した。口中に独特の苦みが広がる。Mさんの舌の上にそれは固まり、ドロドロと積み重なっていく。爆発の勢いはないが、量は多い。ビクンッ、ビクンッ、と痙攣する度に欲望汁が補填されていった。口の中が勃起と欲望汁でいっぱいになったところで、Mさんはゴクリと喉を鳴らした。部長の溜まりに貯まった思いが詰まった粘液が喉を通り過ぎていく。

何度か嚥下を繰り返し、最後の雫までを飲み干した後、Mさんは部長の勃起を丁寧に舐め清めた。しばらくは雄々しさを誇っていたが、Mさんの唾液が全てを覆う頃には撓垂れ始めていた。Mさんはそれを手に取り、名残惜しそうにやんわりと扱きながら、部長を見上げた。あのままでも良かったのに、と呟くようにいう言葉は、しっかり部長の耳まで届いていた。その訳を訊きたかったが、部長の下半身を覆うけだるい快楽の陶酔感は、暫く彼の思考を奪っていた。




相葉夏子 水城りの サンダー杉山 あすか 青生野沙佑里 山口紗梨加 桐島美奈 宮川紗江 今西日名子 夕樹七瀬 さくらこ




日テレのインタビューを受けた美女がAV女優だった事が発覚! 相葉夏子 水城りの あすか 青生野沙佑里 山口紗梨加 桐島美奈 宮川紗江 今西日名子 夕樹七瀬 さくらこ


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

Hot Shot City

2017.07.12.Wed.03:45
 

の感触を確かめるように部長は早速その辺りをまさぐり始めた。早くもMさんの妃裂は拡げられ、既に濡れている秘壺の辺りを指が徘徊する。そして、突起の先端に触れると、弾かれるようにMさんが全身を震わせた。その反動で、Mさんの手が部長の股間に触れる。部長はMさんの耳元に顔を押しつけると、好いよ、と一言言って首筋にキスをした。舌先が確実に、Mさんの情欲のスイッチに触れた。

Mさんは部長のスラックスのファスナーを下ろして、中から勃起を引っ張り出した。もう既に充分硬くなっていた。逆手で勃起を握りしめて、柔らかく扱き始めたが、その程度で部長を喜ばせることは無理だとすぐに分かった。改めてしっかりと指で輪を作って、張り出した部分を締め付ける。そして上下に擦ってやると、部長の勃起はいっそう硬く締まったかのように撓った。

部長のもう片方の手が伸びてMさんのスカートに触れた。差し入れられた手でMさんのスカートは裾が持ち上げられていた。それを彼女の手に弄ばれる勃起に覆い被せた。そして改めてMさんの腰を抱き密着させた。すると二人の性器は極近い距離に落ち着いた。お互いに刺激し合う手の甲が触れ合う。すると、申し訳なさそうに部長がまたMさんの耳元で囁いた。このままイッて好いかな、と言い、汚してしまうけれど、と付け加える。

どうぞ、とMさんは頷いて、しっかりと勃起を握り直した。やや扱くスピードを速めると、それに合わせて部長も僅かに腰を使った。すると、瞬く間に部長の勃起が断末魔の痙攣をして爆発した。熱いものがMさんの手の平に降りかかる。スカートの中で何も見えないが、確実にMさんの下腹部と、手を汚していく。当然、スカートの裏にも欲望は飛び散っただろう。しかしMさんは、そのことに何の苦痛も覚えず、ただ部長が自分の手で爆発したことを、素直に喜んでいた。




工藤真紀 川村章子 岡美緒 竹森愛 橋本美幸 石井美砂子 寺下真理子 佐藤エリ 喜田純鈴 植松智子 中村育子 貴田裕美 水越麗子 加藤優 桐生加奈子 尾田美佐子




瞬感 ろ〇む京都。女王ky●koさんのハメ撮りsex。個人撮影 アイコラ にんにく卵黄 ツバキ yamidas 恭子 の 神様 黒の洗礼 ダイナマイト 米崎 クローズ エロ画像 巨乳 地味なAKB


I'm So Excited

2016.11.20.Sun.03:45
 

我の中でひたすら快感への余韻に浸っていたゆりなに、覆い被さるようにHが倒れ込み、背中を撫で回しながら、このまま良いかい?と尋ねた。やっと顔を上げてその意味を理解したゆりなは、どうぞ、と一言だけ言って、尻だけを上に持ち上げた。Hの欲望の詰まった肉の竿は未だ、ゆりなの奥深くに留まっている。Hは身体を起こして尻を掴むと、中の感触を再び確かめるようにゆっくりとピストンを再開した。

良く締まっているよ、と感慨深げにHは言いながら、やがて先ほどのペースへとピストンをスピードアップさせていく。今度はMさんの介添えは無かったが、彼女の目の前でオマンコに突き入れているという事実だけで充分だった。幻のような刹那だったが、彼女は勃起に触れたのだ。そのことに満足して、Hは最後のスパートを掛けた。ありったけの欲望をその肉の中に充填して、いよいよ解き放とうと加速し始めたのだ。

ピストンが早まってくると、ゆりなは再び艶めかしい喘ぎを漏らし始めた。再び快感が貪欲にも彼女を包み込み始めたのだ。一度イった後のゆりなは、いっそう卑猥に傾く。若さ故の青さが抜け、妖艶な動きでさらなる欲望の高まりを貪るのだ。彼女を味わう男達は、タフであればあるほど、何倍もの淫靡な彼女に出逢うことが出来るのだ。その淫靡さが更なる爆発を誘う。

確実にゆりなの内部も男を導く機能に長けてくる。突き入れるごとにしっとりと包み込まれて、引き抜く時には抵抗になって亀頭を扱き起こす。その感触に長持ちする男はそうはいない。いくら老齢の域に足を掛けたHでも例外では無かった。忙しなく動いていた腰がより深くゆりなを貫いて留まると、低い呻きをHは吐いた。一瞬の静寂が辺りを支配して、それを再びHの吐いた息が切り裂く。なんて気持ちいいんだ、と感慨深く言ったHの声が、辺りに一際大きく響いた。




堀北真希 リディ・マーセナス 木下柚花 朝香りほ 羽月希 篠田ゆう あすか光希 春咲あずみ 森川涼花 松本蘭 三橋美穂 青木奈緒 宇野智子 新津春子 白井麻莉奈 坂本花織 新山沙弥 折原ほのか 香澄はるか 雨音わかな 成宮はるあ 矢野未夏 緒沢くるみ 北




boss gx-700 音切れ エレクラ 倉庫 k-garage テレキャスター レヴュー k garage テレキャスター



Real Men

2016.11.13.Sun.13:00
 

げられたMさんのオマンコを凝視していたHが、いつの間にか全身を震わすように小刻みに揺れているのにゆりなは気づいた。鼻先にあるずっと望んでいたものを前にして、もう欲望の自制が効かなくなったようで、自らの勃起を扱く手がもう留まることを知らずに激しく動き続けていた。普段は落ち着いた雰囲気さえ見せるHが、今は盛りの付いた少年のように欲望の虜になっていた。

もしかすると、とゆりなが思った瞬間、情けない声を上げてHが腰をがくがくと跳ねさせた。彼が四つん這いになっている床を見ると、ドロリとした液体がたまりを作っているのが見えた。そこへ、続けざまにぼとぼとと白濁液が追加されていく。Hとは何度かセックスをして、その欲望を受け止めたが、いつになく量を重ねるそこに思いの深さをゆりなは感じた。

満足した?とゆりなが訊くと、Hは顔を上げて複雑な表情をした。確かにMさんのオマンコを直に見ながら、欲望を爆発させて一つの思いは遂げられたが、そこで頷いてしまってはさらなるご褒美に預かれない。更なる快楽へ続くその扉を閉じてしまう気がしたのだ。射精は一度まで、と風俗のように決めていたわけでは無いが、そう長居が出来る環境でも無く、またH自身の体力的なものもあった。直ぐには返事出来ないHは、だが、射精後の快感に浸りながら困惑も浮かべたのだ。

そんなHを見透かしたのか、ゆりなはHの返事を待たずに、オマンコを広げていた指をすっと上へと動かして、Mさんの一番敏感な突起に人差し指の腹を宛がった。それだけでMさんは新たな色を放つ喘ぎを上げた。指を宛がったままゆりなはMさんを仰向けに倒しながら覆い被さっていった。へその辺りに頬を当てるとHを見る。一度シャワーを浴びてきたら?とそうHを促しながら、彼女はMさんに纏わり付くために身体をくねらせ始めていた。




エレクラ 倉庫 k-garage テレキャスター レヴュー k garage テレキャスター




アダルトDVD通販 山本雪乃 上條倫子 藤目百仁加 本多春奈 佐藤千晶 大熊祐香 松山亜耶 静麻波 福家由佳 見附春香 三宅鈴音 笠原奈津美 長谷川睦 岡崎真衣 唐戸亜美 森谷祐花 鎌倉未貴 位嶋翔子 安富歩 鴻巣友季子 浦歌無子 白井柊生 小林遼香



Athens to Athens

2016.09.22.Thu.03:45
 

を突き上げる動きが止まらなくなっていたところで、不意にコウジは動きを止めた。翻弄され続けて、ようやく一息をついたと思ったMさんは、そのままU字溝の上に仰向けにされた。それでもやんわりと出し入れは続いていて、仰向けになったMさんの上に覆い被さると再び強い調子で勃起を送り込んできた。終局が近いことをMさんは悟ったが、もうどうすることも出来ずにただ翻弄された。

最後の瞬間、コウジはMさんから離れ、二三度自らで扱いて欲望汁の放物線を描いた。Mさんは目を開いてその軌跡を追った。月明かりにも白濁液が放たれる様はよく見えていた。Mさん自身にそれが降りかかると、辺りに独特の臭気が立ち上る。それに突き動かされるように、いっそう猥らな感慨がMさんを襲った。その肌を撫でるように、風が吹き抜けていく。そこが屋外であることをMさんは実感した。

やっとMさんが手を伸ばして勃起を握った時には、もう勢いを失ってドロドロとたれ落ちるばかりだったが、それでもコウジ自身の手に取って代わって扱きを加えると、彼は全身をビクつかせて歓喜を示した。二人の間に余韻の静寂が落ちてきて、欲望の滲んだ肌をMさんは撫でさすった。

ココについてから随分と時が経っている気がするが、すっかり時間の感覚をなくして行為に没頭していたとMさんは気がついた。月は高さを極めて心なしか傾いているような気もする。しかし、野原は時折吹く風に揺られるだけで、他に動く影もなく、二人だけがそこで交わっているばかりだったので、時間の経過が全く肌身に感じられないのだった。それでも、身体に刻まれた快感の痕と心地よい疲労は、充実した時間を過ごしたことをMさんに知らせていた。




太宰治の女たち 京都の友人 エクスタシー 書ける人 HAPPYの方程式 不良少年 日曜日のiMac K-garageのテレキャスター 日曜日の イノセント SONAR 駿府城顔射 ブラジャー肩紐見えてまっせ 素人人妻にばななたべてください 旦那が仕事から




ライブチャットで恋愛体験!? 山本雪乃 香咲弥須子 福岡啓 納富有沙 浜田敬子 梅木佳子 片山真理 中島伽耶子 工藤真紀 堀あすみ 荻田朱理



too much!

2016.07.19.Tue.03:45

奮が過ぎたのか、もっとも貪欲に快楽を貪ろうとしたゆりなが一番先に音を上げてしまった。最初はゆりなと彼氏のセックスを横たわりながら眺めていたMさんだったが、いつの間にかぐったりと寝そべるゆりなの目の前で彼氏の精液を体内で受け入れていた。中出しの事実を目の当たりにしたいとゆりなが望んだ結果だが、その頃には彼氏の方も腰が抜けていたのだ。

それでも淫欲に満ちた日々が終わるのを惜しむ気持ちは三人の中でずっと燻り続けて、まだ宵の口だというのもあって、自然と酒で紛らわせることになった。服を着けることなく思い思いに台所に立って冷蔵庫を漁り、ビールを空けたり簡単な食事を作って振る舞ったりした。いささか羞恥に欠ける光景ではあったけれど、ずっと地続きでセックスが続いていると思えばいくらでも目をつぶることはできた。

ゆりなはすぐに体力を回復させて、やはり三人の中では一番元気だった。ただ、ゆりなの彼氏もMさんも、さすがに精も根も尽き果てた、といった感じで、その元気を眩しく見つめているだけだった。考えてみれば、彼氏などは昨夜からずっと、女たちの相手に翻弄され続けていたのだ。自ずとゆりなが一人、様々な話題を持ち出して喋り続ける、といった風情で時は過ぎていった。

ただ、それもMさんにはどこか微笑ましい光景に写った。そもそも、ゆりなと関わりだしてから、ゆりな中心にMさんの生活も回り始めていたのだ。そんな生活は今までになく、いつも新鮮で心地よかった。異性とのどこかで殺伐とする瞬間が見え隠れするのではなく、いつもベッタリとくっついてそれでいて暑苦しくない関係は、Mさんがもっとも欲する安心をどこからかもたらしていたのだった。




据え置き型オナホ 真紀モデル アスリートの強張り 宇賀なつみを静かに見守る会会長 パコパコ中出し水泳部部長 近江明帆 中川理恵 利根川麻紀 欲望的性欲無修正動画 無修正鬼畜プレイ妻無料画像 泡泡club




寝取った君 木戸寛捺 関根里江 真紀 虐待 青井未帆



Till We Run Out of Road

2016.07.17.Sun.03:45

ートパソコンに収められたセックス動画をゆりなは食い入るように見つめていた。それを見ながら思い思いに夕食に手を付けたのだが、ゆりなは視線をノートパソコンに釘付けにしてほとんど箸は進まなかった。Mさんはソファに寝そべって半分おぼろにその様子を見ていた。普段自分の痴態を見るのは苦手だったが、視線を動かすこと自体が億劫だったのだ。

何とか弁当を空け、ビールで流し込んだゆりなは、そこから先はMさんへの質問攻めだった。ソファの上でバックで貫かれているところを見ながら、気持ちよかったですか?と何度も聞いた。詰まるところゆりなのもっとも聞きたかった言葉は、Mさんが如何に快楽に溺れていたか、ということで、それは画面に映る表情が物語っていたが、敢えて言葉にして耳で愉しみたかったのだ。

Mさんが中出しを受け入れたのを見て、ゆりなはいっそう興奮した様子だった。しばし唖然と画面を見た後、Mさんと彼氏を交互に見やった。大丈夫よ、とMさんはゆりなの背中に声を掛け、ちゃんと避妊をしていることを説明した。それはゆりなとも共通の行為で、いくつかの固有名詞を出すだけで彼女は納得した。

ただ、それは驚きだけでなく、激しい嫉妬も呼び起こしたようだ。その嫉妬がゆりなの欲情をいっそう燃え上がらせるのだが、一方でそれはどうしようもないことだった。ゆりなの手でMさんの中に欲望を残すことは出来ない。男の特権でもあったが、それはやはり勃起でなければMさんを支配出来ない、という象徴に、ゆりなには思えたのだった。そのギャップは決して埋まることはないが、どうしても埋めたくて溜まらない子供のように、ゆりなはMさんに抱き付いたのだった。




渡瀬美遊 林田理沙 NHK福岡 井上麻希 政井貴子 薬物依存萩森真紀 葉山真紀 塚田聖美 塚田聖見 松本麻希 早川美奈 見られてカーセックス




渡瀬美遊 林田理沙 NHK福岡 井上麻希 政井貴子 薬物依存萩森真紀 葉山真紀 塚田聖美 塚田聖見 松本麻希 早川美奈 見られてカーセックス