FC2ブログ

Beat It Upringht

2017.07.07.Fri.19:07
 

料を届けるように云ったのは、工場に戻ってくる為に部長が作った言い訳なのは明かだった。それも、工場に入る時の警備員をごまかす為の口実に過ぎなかった。資料を届けに来るから、と部長が警備員に言い含めておいたので、スポーツクラブから駆けつけたMさんはすんなり工場に入ることが出来た。Mさんの職場である事務棟の傍らでは、二十四時間操業の工場に明かりが灯っていて、出荷を待つトラックが何台か駐車場で待っていた。

正門前と、事務棟の通用口に警備員がいたが、何れもMさんの顔を見るとどうぞ、というように容易く通過できた。週末と云うことも有り、事務等の方はどの部屋にもほとんど社員の姿はなかった。企画設計の部署だけに明かりが灯っていて、そこがMさんの職場だった。朝出社した時とは違う感情で、そのドアノブを回すのは奇妙な感覚だったが、その中に部長だけが残っているとは限らないと思い直して、Mさんは努めて冷静に部屋の中に入った。

だが、残っていたのは部長だけで、自らの机の上のノートパソコンを見つめていた。Mさんに気づくと、わざわざすまない、と云ってぎごちない笑顔を浮かべた。長い間望んだ再会だったはずなのに、Mさんもいざ二人きりで顔を合わすと気まずいような感情に囚われて、身の置き所に苦労した。慌てたように、コーヒーでも淹れましょうか、と尋ねて、部長も頼む、と頷いた。

部屋の隣の給湯室のコーヒーメーカーはまだ電源が入っていたが、それぞれが持ち寄ったコーヒーカップは帰社間近に洗ったまま籠に並んでいた。Mさんは自分のと部長のカップを取り出し、珈琲を注ぐと、部屋に戻った。それを部長の机の上に置き、自分に与えられた机から椅子を引っ張ってきてそこに座った。部長は珈琲を一口飲むと、また気まずそうに俯いて笑顔を浮かべたが、程なく、やっと逢えて嬉しいよ、と照れくさそうに云ったのだった。




向井ゆき 貴田裕美 青木恭子 萩森小椰香 倉本リオナ 奥寺ミキエロ 聖沢碧斗 久本真菜 山本佳子 天野安喜子 平田瑞貴 三崎奈々 長嶋なぎさ 青沼優子 恵藤明子 斉木久子 山田つね子 高松明日香 林愛 流郷由紀子 志田美穂子 稲崎栄利子 長野由美 依田順






スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

Here to Stay

2017.07.06.Thu.07:13
 

日の部長の出勤は工場の幹部の会議が先に行われるので、Mさんが居る部署に顔を出すのは昼前になる。そこからまた、部署内での打ち合わせに費やされるので、実際の仕事はほぼ翌日から、というのが常だった。つまり、待ち望んだ再会の日に職場では、それほど顔を合わせることなく終わってしまう、ということだ。部長もそれを織り込み済みで、だから必ず金曜日にその初日を設定していた。そうすれば月曜日から、本格的に仕事に取り組めるという寸法だ。

だが、珍しく再会の日、部長はまとめておきたい資料がある、といって部署に残って残業に入った。何人かの男性社員がそれに追随した。Mさんは派遣社員だったので、五時の定刻に仕事場を離れたが、またしても週末の二日間、お預けを食らうことになって、残念に思った。逢いたいという電話の声が、期待と共にMさんに安心感を与えてくれてはいたが、それが週末に必ず訪れるとは限らないのだ。

半ば諦めて、別の男で週末を満たす算段を付けようと思いながらMさんは帰宅した。夕食を済ませて、スポーツクラブへ行く準備を整えた。そして、車で十分ほど走ったところにあるスポーツクラブのプールで一時間ほど泳いだ。休憩中にケータイを見て、Mさんの胸は高鳴った。部長からの着信記録が残っていた。慌ててMさんはケータイを繋いだ。程なく部長が電話口に出て、Mさんの鼓動は早鐘を打ち始めた。

ひどく事務的な声だったが、今まだ仕事場にいる、と部長は告げた。資料を届けてくれないか、と部長はMさんに云ったが、Mさんにその資料というものに心当たりがなかった。声音とその用件で、他にまだ社員が残っているのかもしれないと思い、Mさんは一段声のトーンを落として、どの資料でしょうか、と訊き返した。すると部長は、いくらか笑みの混じった声で、何でも好いよ、と囁くように云ったのだった。




向井ゆき 貴田裕美 青木恭子 萩森小椰香 倉本リオナ 奥寺ミキエロ 聖沢碧斗 久本真菜 山本佳子 天野安喜子 平田瑞貴 三崎奈々 長嶋なぎさ 青沼優子 恵藤明子 斉木久子 山田つね子 高松明日香 林愛 流郷由紀子 志田美穂子 稲崎栄利子 長野由美 依田順




無修正 期間限定 提供作品 巨乳 パイパン 生ハメ 中出し 人妻 パイズリ コスプレ 向井ゆき 貴田裕美 青木恭子 萩森小椰香 倉本リオナ 奥寺ミキエロ 聖沢碧斗 久本真菜 山本佳子 天野安喜子 平田瑞貴 三崎奈々 長嶋なぎさ 青沼優子 恵藤明子 斉木久子 山田つね子 高松明日香 林愛 流郷由紀子 志田美穂子 稲崎栄利子 長野由美 依田順子 幸田千依 三熊博子 西岡奈緒子 鈴木綾子


One More Time

2017.07.05.Wed.10:58

定として部長が再びMさんの前に姿を現すことは、職場のホワイトボードには書き込まれていた。年次計画に沿って部長も行動しているので、細かい前後はあってもほぼ日時や滞在期間は決まっていた。次に部長と顔を合わせる日は、だから次の工場に赴いた時からMさんには分かっていたのだったが、やはりその日が近づくとどうしても期待に胸が膨らみ、落ち着かなかった。

それに加えて、ちょうどのその時期、また両親が不在で部屋にはMさんしかいない。まるで舞台設定を施したかのように、Mさんを部長に向かわせるのに何の障壁もなかったのだ。再会の日が近づくにつれて、Mさんの頭の中では妄想が広がっていった。淫靡な想像は、Mさんの身体を火照らせ、居たたまれなくなると他の男でそれを紛らわせる日々が続いた。そうやって思いが募っていた頃、Mさんをサプライズが襲った。

部長がやってくる三日前に、Mさんのケータイが鳴った。小さな画面に部長の名前が浮かび上がり、一瞬Mさんは信じられない思いでそれを見つめ続けた。慌てて繋げると、やはりあの部長の声だった。Mさんの高ぶりは頂点に達していた。Mくんかな?と聞こえる声に、Mさんは声が震えて上手く返事が出来なかった。身体の芯に熱が溜まって、風邪でも引いたかのように感覚が曖昧になる。

結局、会話の内容はぼんやりとしていたが、部長はもう一度会いたい、と告げていた。もちろん、Mさんがそれを拒否するわけはなかった。だが、こうやって再びプライヴェートな会話が出来たら、と考えていた言葉は、ほとんど部長に伝えることはできなかった。ひたすら、部長の話を聞き、それに返事をするのが精一杯でケータイを閉じた。だが、それがもたらした歓喜の予感は、それからの三日間Mさんを満たし続けたのだった。




向井ゆき 貴田裕美 青木恭子 萩森小椰香 倉本リオナ 奥寺ミキエロ 聖沢碧斗 久本真菜 山本佳子 天野安喜子 平田瑞貴 三崎奈々 長嶋なぎさ 青沼優子 恵藤明子 斉木久子 山田つね子 高松明日香 林愛 流郷由紀子 志田美穂子 稲崎栄利子 長野由美 依田順






No One There

2017.07.04.Tue.12:01

惑がどのように働いたのかは分からないが、結局部長はそれ以降Mさんとプライヴェートな接触はせず、一週間すると、また別の任地へ行ってしまった。再び戻ってくるのは約一ヶ月後だった。一週間、今か今かとMさんは部長の誘いを待っていた。その週はことのほか忙しかったのもあって、会議などで残業をこなす部長をMさんから誘うのは憚られた。いつもは待ち遠しい就業時刻も、何も進展がないとあっけなくやってきてしまう。

しかし思いは募るばかりで、ただ、もう一度セックスして欲しいと願うばかりだった。それが結局、一週間叶わず、更に一ヶ月近く延長されたのだ。満たされない肉欲は、何とか自慰でごまかせても、完全とはいかない。私との接触はもう底が見えていた。いくらか殺伐とした感情を抱えて、身の置き場の捌け口を求めて、Mさんは考えを巡らさずには居れなかったのだ。

私との関係が始まってから、MさんはDさん達との関係を断っていた。どういう思惑があったのかは分からないが、一応恋人が出来たという格好で、他の身体の関係を清算するのは当たり前といえば当たり前だ。しかし、最も身体が求める欲望を、満たしてくれる存在といえばDさん達の方に一日の長がある。そのことはMさん自身が一番よく知っていた。

結局、部長によって火が点けられた淫靡な欲望は、Mさんを再びDさん達へと向かわせた。少なくとも、むなしい自慰よりはまだ、いくらか部長とのセックスを忘れることが出来る。そうして、Mさんの中の奔放な欲望が爆発したのだ。部長とのセックスの場つなぎのつもりが、どんどん深みにはまって、ついには恋人の友人にまで手を広げてしまったのだ。もちろん、一ヶ月後、部長が再びMさんの前に現れて、本命のセックスにMさんが没入するのは、当然のことだった。




向井ゆき 貴田裕美 青木恭子 萩森小椰香 倉本リオナ 奥寺ミキエロ 聖沢碧斗 久本真菜 山本佳子 天野安喜子 平田瑞貴 三崎奈々 長嶋なぎさ 青沼優子 恵藤明子 斉木久子 山田つね子 高松明日香 林愛 流郷由紀子 志田美穂子 稲崎栄利子 長野由美 依田順




総合アダルトサイトTokyo-Hot 向井ゆき 貴田裕美 青木恭子 萩森小椰香 倉本リオナ 奥寺ミキエロ 聖沢碧斗 久本真菜 山本佳子 天野安喜子 平田瑞貴 三崎奈々 長嶋なぎさ 青沼優子 恵藤明子 斉木久子 山田つね子 高松明日香 林愛 流郷由紀子 志田美穂子 稲崎栄利子 長野由美 依田順子 幸田千依 三熊博子 西岡奈緒子 鈴木綾子


Enbrace

2017.07.03.Mon.02:07

体が求める思いが爆発したのは、早速翌朝のことだった。Mさんの職場は出勤すると、まず朝礼から始まる。当然、部長がいる間は彼が主導で行われる。特に月曜日は一週間のスケジュール確認から、行程の見直しまで伝達事項は多い。いつもじっくりと時間を割いて行われるのが常だった。その時になって、Mさんはやっと部長に再会したのだが、その時自分の身体の変化にMさん自身が驚いた。

長いミーティングの間中、Mさんの下腹部は何かに弄り回されているかのように火照り、そして濡れてくるのが分かった。明らかに欲情しているのだ。まともに部長の顔が見られず、何処かソワソワしてしまう。下腹部の過剰反応に戸惑い、言葉なの土耳をそのまますり抜けてしまう。その自分の身体の変化は、いつまで経っても留まらず、ミーティングが終わってもずっと続いた。部長は、何事もなかったようにMさんにも仕事を振り、話しかけてくる。

受け答えをしているだけで、身体の芯がぼうっと曖昧になってしまうような錯覚を覚えた。その気持ちが抑えきれず、遂にMさんは仕事の合間に席を立ってトイレに駆け込んだ。事務職専用のトイレの個室に入って鍵を閉めると、待ちきれないようにMさんはショーツの中に手を入れた。案の定、自分でも信じられないぐらいに蜜を溢れさせ、クリトリスが突き立っていた。

息を殺してMさんはそこを弄り回した。身体がどうかなりそうで、行動は大胆だった。蓋をしたままの便座に腰掛け、ショーツを足から抜き去って足を広げると、ドアの向こうに秘部を晒すように自分で拡げた。ドアの前に部長が立っている妄想をしながら、Mさんはいつも以上に熱心に自慰に耽った。絶頂は瞬く間にやってきた。部長の顔を見ただけなのに、と驚きながらも、Mさんの身体を貫いた絶頂は、前日のベッドの上よりも何十倍も快感に満ちていた。




向井ゆき 貴田裕美 青木恭子 萩森小椰香 倉本リオナ 奥寺ミキエロ 聖沢碧斗 久本真菜 山本佳子 天野安喜子 平田瑞貴 三崎奈々 長嶋なぎさ 青沼優子 恵藤明子 斉木久子 山田つね子 高松明日香 林愛 流郷由紀子 志田美穂子 稲崎栄利子 長野由美 依田順






Throw Me Away

2017.06.30.Fri.17:06
 

めての夜の翌日からは土日の休日で、Mさんは悶々とした時を過ごした。日曜日の午後からは私と会う約束があったが、それ以上に身体の疼きが止まらない、という時間をひどく長く感じていた。土曜日の朝、自分が完全に部長のセックスの虜になっていることを、Mさん自身が認めざるを得なくなっていた。単純な肉欲が、ここまで自分を翻弄するとは思ってもみなかった。

部長に会いたいのはヤマヤマだったが、それはいかにも見え透いていると思って躊躇した。だが、本心では今すぐにでも部長のアパートに駆け込んで、ひざまずいてセックスを請うことぐらいやっても好いとさえ思っていた。それでもかろうじて理性がブレーキをかけ、日常の雑事に紛らわせて何とかやり過ごしていた。しかし、片時もケータイは手放さず、部長からの連絡を心待ちにはしていた。

別れる間際にケータイの番号を交換しておいたが、そもそも、部長が一夜のことと割り切っている可能性もあった。それはMさん自身も覚悟していたことだったはずなのに、あの一夜を過ごした今、そう考えるだけでMさんは身を焼く思いだった。しかし、次の約束をきちんとしたわけではなく、それを否定するほど時間を費やしたわけでも無かった。仕事に行けば、少なくともあと一週間ぐらいは逢える、そのことが唯一の希望だった。

ただ、何とか私とのデートまで部長の思いをやり過ごし、後に私と会ったのだが、Mさんによればあまりに味気ない気分に戸惑ったらしい。まだ付き合って半年と少しの頃だ。仕事の都合で極端に会う機会が少なくなってはいたが、一応お互いをパートナーとして認め合った仲だ。それでも、その時私としたセックスがあまりに貧相で、がっかりしたのだという。それが反動となって更に部長とのセックスへの憧れが、ますます炎を燃え上がらせたのは言うまでもない。何をやっても解消できないその思いに、Mさんは敗北を感じていた。




玉木くるみ 泉ののか 小花まなみ 黒木澪 真田美樹 浜崎なお 白瀬心乙 西宮ゆめ 玉木なるみ 速水ライリ 瀬田ちさと 柊さき 河野アキ 落合まりえ 竹嶌美珠 佐々木萌美 赤星風見花 早見雪枝 女教師京子 江里




露出日記 yamidas 有名グラドル相本あ◯こ時代極秘映像 赤照日記 ええ格好しい日記 girlsdelta yukie ハッピーシンセサイザー 胸チラ yuri #4 パンツが濡れたオナニーインタビュー gcolle openload


Open Up

2017.06.29.Thu.01:28

計を見ると案の定日付が替わっていた。余韻を貪っているには、あまり時間が残っていなかった。Mさんはシャワーだけを借りることにした。気づかれることはなくても、やはり男の体臭を残して帰宅するよりは、石けんの匂いの方がまだマシだと思った。急に冷静に考えると、自分はひどく大胆なことをしている、と思えたのだ。何が、という細かいことは上手く頭を整理できなかったが、部長とひとつになったことを、大それたこと、とMさんは感じ始めていたのだ。

帰り支度をするMさんを、部長は送っていくと言ってきかなかった。歩いても五分と掛からない距離だが、さすがに夜道を一人で歩かせるわけにはいかない、と車で送っていくことを主張した。Mさんはその申し出を受け入れたが、部長は律儀にもう一度シャツを身につけ、ネクタイまで締めた。そのまま、マンションの前の駐車場まで送ってもらい、その日はそこで別れた。

帰ると母親は起きていたが、今日は疲れたからといってMさんはろくに会話もしないで自室に引きこもった。まるでそれは、ティーンズの如き初々しさで、Mさん自身が苦笑してしまった。しかし、さっき部長と別れた途端に、涙が出るほどの愛おしさをMさんは感じてしまったのだ。離れるのをそれほど惜しむ気持ちになるのはMさんには時々あることだが、まだ逢って間もない相手だ。ほとんど今日が初めてといっていい。そこでセックスまでして、こんな気持ちになるとは。

自分でも自分の気持ちを持て余していると、自然と身体の芯が疼いているの気づいた。先ほどまでのめくるめく時間が、肌の表面にこびりついているかのように、淫らに胸をざわめかせるのだ。何度も何度も絶頂を貪ったはずなのに、また下腹部が熱くなっている。Mさんは自分でも貪欲だと思いながら、その夜は自分で慰める以外方法がなかった。部長とのセックスがMさんの何かを変容させたように、その夜のオナニーはことのほか深い絶頂をMさんにもたらした。




玉木くるみ 泉ののか 小花まなみ 黒木澪 真田美樹 浜崎なお 白瀬心乙 西宮ゆめ 玉木なるみ 速水ライリ 瀬田ちさと 柊さき 河野アキ 落合まりえ 竹嶌美珠 佐々木萌美 赤星風見花 早見雪枝 女教師京子 江里




露出日記 yamidas 有名グラドル相本あ◯こ時代極秘映像 赤照日記 ええ格好しい日記 girlsdelta yukie ハッピーシンセサイザー 胸チラ yuri #4 パンツが濡れたオナニーインタビュー gcolle openload