FC2ブログ

The Sun Is Shining

2016.08.25.Thu.19:53

然の秘密のようにいつの間にかゆりなを中心とした肉欲のグループが出来上がっていた。それは不思議な事に、お互いがお互いを知る事なく、いくつかに分かれていて、いずれにもゆりなが加わっていた。年齢毎に緩やかにグループ分けが為されていたが、皆がゆりなを求めていた事に変わりはない。お互いを全く知らないことはなくても、ゆりなを相手にする時は、一人でいることが少なく、自然と同い年が集まった結果だ。

初体験以降暫くの間、ゆりなの相手は複数で、今から考えればそれはかなり特殊な事だと云える。しかし、当事者にしてみれば、昔から連んでいる仲間で、一緒に遊んでいた延長に過ぎなかった。だから、セックスばかりの繋がりでもなかったのが、ちょっと変わった連帯感を持っていたのだ。だから、皆仲が良く結束力が強いと、何も知らない大人達には評判だった。

そして、ゆりながそのグループで最年長になる頃には、そのコミュニティーにも変化が訪れた。先輩達の多くは進学で地元を離れていったし、新たに後輩が幾人か参加した。気がつくとゆりなと初体験を済ませた連中ばかりで連んでいて、いくつかに分かれていたグループもまとまって一つになっていた。地域の繋がりが薄くなり始めていた時期で、放課後の寄せ集めのような集まり自体が、無くなってきたのだ。

強引に関係を迫って欲望を果たした男達が、その頃になると自分たちのために身体を開いてくれるゆりなを、特別視するようになり、いつしか彼女に一目置くようになる。まるでお姫様のように扱い、ある時にはゆりなを守るように結束し、またある時にはゆりなに云われるがままの行動を取った。いわば逆ハーレムのような世界が出来上がり、ゆりなはその中心に堂々と君臨していたのだ。




ふうらい姉妹 マンコ・ナメナハーレ 身体をまさぐる裏ビデオ 無修整




熟女倶楽部 無修正動画 期間限定



スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

Honey, Where You Going

2016.08.24.Wed.00:19

女を奪った男がいないとき、やはり水泳の練習後に集まった部屋で、ゆりなは初めて自分の初体験が、既に仲間内に知れ渡っている事を知った。気がつくと数人のグループの中に女はゆりなだけで、それは珍しいことではなかったのだが、なにがしかの意図が働いている予感はしていた。ただ、周囲には同い年の男の子達ばかりで、いくらか気が緩んでいたのも事実だった。

無理矢理とまでは云わないまでも、半ば強引に関係を迫られ、ゆりなはそれを許してしまった。しかも、いきなり複数の男達を相手にする事になったのだ。それは、Mさんが仕組まれた3Pに追い込まれたのよりもずっと稚拙で力任せだったが、なし崩しに経験をしてしまった事実は似ていた。ゆりな自身にも好奇心があり、巻き込まれるような格好で、その欲望を満たしていたのも同じだった。

技術は拙い代わりに、知識だけは豊富なのは、そこにいる男達もゆりなも同じだった。半ば実験のように、男達の手はゆりなを裸にして、様々な格好をとらせた。射精する事が目的ではなく、まるでプロレスの技を試すような具合にも見えなくもなかった。その部屋の住人は、机の引き出しの奥から隠していたエロ本を持ち出して、そのグラビアと同じ格好をさせたりした。

男達は皆童貞だったが、そうやって遊びの延長のようにしてゆりなを相手に経験を済ませた。もちろん、最初の一度で興味が尽きる事はなく、それからことある毎に青い乱交パーティーが繰り広げられた。男達は入れ替わっていたがその中心には、いつもゆりながいた。一度大きな壁を乗り越えると、ゆりなも男達も欲望の赴くまま、身体を寄せ合って思いを遂げていたのだった。




ふうらい姉妹 マンコ・ナメナハーレ 身体をまさぐる裏ビデオ 無修整






Baby, Don't Say That No MOre

2016.08.23.Tue.23:58

体験はその男子高校生と晴れて念願が叶う形で、ゆりなが十五歳の春に果たされた。幼い頃から水泳をやっていたおかげか、ゆりなはもうその頃体つきはすっかり大人に近かった。未だ青臭いところはあっても、同年代から比べると成長はいくらか早かった。大きくはないが、オッパイも膨らみ、艶めかしい身体のラインに、ゆりな自身が淫靡な感情を抱くこともあった。

そのせいなのか、好奇心が勝っていたせいなのか、初めて男の勃起を受け入れた最初こそ痛みを覚えて躊躇したが、それがゆりなの中で激しく動き、コンドームの中に精を放った頃には、彼女は初めてのセックスの快感を覚えていた。もう何年も前から、その辺を弄り回してはっきりとはしなかったが、エクスタシーのようなものも感じていた。その感触が何倍にも拡大して極まった感覚を初体験で味わったのだった。

いくらか羞恥の残っていたゆりなは、その快感に強く惹かれていたが、もっとたくさんそれを経験したいと自ら能動的になる事は出来なかった。欲望はあっても、それを素直には出せないお年頃がゆりなにもあったのだ。同様に、相手の男も思春期の欲望に塗れていたが、それほど積極的ではなかったのだ。その後何度か、二人きりになるチャンスをゆりなも狙っていたのだが、なかなか上手くいかなかった。

そうして欲望だけが膨らんでいる間に、ゆりなの初体験の話が、仲間内の男子の中にいつの間にか広まっていた。相手の男の方が口を滑らせた結果だったのだが、それはまたしても思春期特有の仲間意識の中で、異常な事態を生み出す結果になった。頑なにそれを秘密として持ち続ければ何でもなかったのだろうが、未だ自制の効かない年代のコミュニティーの中の突出した経験は、思いもよらぬ出口を求めて賑やかに跳ね回るものなのだ。




元祖リベンジポルノ もりすむmorisoon datsuzaru 香川の肉便器 [写真集][IV] 真紀(20070705-202906)のアルバム Winnyつこうて彼女とのハメ撮り画像を流出!「真◯ちゃん」 一高の真紀ちゃん 高知大学水泳部リベンジポルノ 元祖リベポ






Honest I Do

2016.08.22.Mon.23:27

休みなどの長い休みになると、強い選手は遠征や記録会で忙しいものだが、ゆりな達はいつもの練習が終わると予定もなく、その仲間達と連んでいる事が多かった。十代になる頃には、それが当たり前になっていて、そのメンバーの内の一人の部屋に、スクールの後に集まる事が普通になっていた。いわばその部屋が、彼女たちのたまり場になっていたのだった。

マンガを読んだり、ゲームをしたり、水泳を離れればごく一般的な学生と変わらなかったが、その仲間に年齢のばらつきがある、というのが時々おかしな方向に実を結ぶ事があった。お互いティーンズという思春期真っ直中、そして男女の別なく、水泳をやっているというだけの繋がりで一緒にいるのだから、自ずと何事か起こりそうな要因は元から孕んでいたのだ。

時にそれは、思春期特有の性的好奇心が突出する事もある。年頃の好奇心が、その欲望の行き先を身近なところに求めるのは、致し方がない事だったのかもしれない。特に男はその辺のコントロールをまだ上手くこなせていない時期だし、その中にいるゆりな自身も、興味がないわけではなかった。というよりも、いくらか強い好奇心を持っていたのだった。

加えて、ゆりなはその仲間の中の男子高校生の一人に憧れを抱いていた。その男に誘われれば、拒否するいわれはない。それが恋愛感情というものよりは、興味の方がいささか強く、性欲の行き場だけを求めていたとしても、当時のゆりなにそれがわかるはずもない。当のゆりなにしても、果たしてその憧れが、性欲抜きだったかどうかは怪しいところで、そのことと恋愛感情の区別も、まだはっきりとはしていなかったのだ。




もうお嫁に行けないリベンジポルノ もう外を歩けないリベンジポルノ 誰が見ているか分からないリベンジポルノ びっちゃびちゃお姉さん




アダルト無修正動画 もうお嫁に行けないリベンジポルノ もう外を歩けないリベンジポルノ 誰が見ているか分からないリベンジポルノ びっちゃびちゃお姉さん



Little Rain

2016.08.21.Sun.20:01

処にでもあるような地方都市で産まれたゆりなは、物心ついた頃からスイミングスクールに通っていた。彼女の住む地域が、学校を中心にスポーツに力を入れていて、その中に水泳も取り入れられていた。だが、水泳部というものがその地区にはなく、自然とスイミングスクールがその役割を担っていた。整った施設を求めれば自然とそこが選ばれる必然でもあった。

学校から帰るとまっすぐプールに向かう毎日が日常で、自然と放課後はスクールの中のコミュニティーの中に放り込まれていた。それなりに有名なコーチの指導もあって、時々日本でもトップレベルの選手を生み出していたが、ゆりなはその端っこにぶら下がっている、といった感じで、それほど目を掛けられていたわけでもなかった。いわゆる平凡な選手だったのだ。

その点、一時はオリンピックを目指していたMさんとは違うのだが、そのことがゆりなの尊敬を惹いてもいた。Mさん自身、挫折した事をコンプレックスに感じていたが、ゆりなはそのレベルまで到達出来なかったことに悔いが残っていた。それでも、その頃は未だ希望に満ちて、まじめに練習を重ねていたのがゆりなだった。アスリートを根底から支えるのは、いつの時代もポジティブな意志なのだ。

学校を離れたところにコミュニティーが出来上がっていたが、それは水泳を中心にして、年代もばらけていた。その中で、似たような成績のいわゆる平凡な記録の選手達が、いつしかまとまって行動するようになっていた。先輩後輩という上下関係も緩く存在していたが、放課後を共有する仲間同士、という趣でいつしかスクールがなくても集まって行動するようになっていた。




もうお嫁に行けないリベンジポルノ もう外を歩けないリベンジポルノ 誰が見ているか分からないリベンジポルノ びっちゃびちゃお姉さん




山本雪乃 清水富美加 塩ノ谷早弥香 吉田真花 花乃まりあ 仙道さおり 原元美紀 小室淑恵 管加奈 細田博子 大城和恵 川内優子


Pretty Thing

2016.08.20.Sat.21:58

しくなって果ては肉欲を共有するようになった二人だったが、それぞれがそれぞれの性癖や経験を語り合う機会はそう多くはなかった。性癖やタブーの類いは、実際に経験しながら互いに探り合っていたし、今そこで行われているセックスに夢中になって、それ以上の過去を覗き見ようとは思わなかったのだ。だが、少なくともMさんはゆりなの過去については興味を持っていた。一度尋ねてみたいとは思っていたのだった。

お互いに隠しているつもりもないので、ゆりなは素直に私の3P初体験は、と語り始めた。それを遮って、どうせなら初体験から聞きたいわ、とMさんは重ねた。それには俺も興味あるな、とクンニを中断して彼氏が云った。別に普通ですけど、とゆりなは云ったが、それから語られた彼女の性の遍歴は、なかなか濃密だった。つい行為を忘れてMさんも彼氏も話に聞き入る事になってしまった。

ゆりなの初体験は十四歳の時だった。とはいってもまだ二十代そこそこのゆりなにとってはつい最近と云ってもおかしくない過去だ。それが早いのかどうか、今時の十代の性に明るくないMさんにはわからなかったが、自分もその頃夢中になっていた男の子にフェラチオをし、精液を飲んでいたな、と思いだした。欲望を上手くコントロールできずに持て余した世代だ。

Mさんの性遍歴が人生の大部分を占めるように、そこに寄り添う水泳という存在とも切っても切れない。ゆりなも同じで、六歳の時に始めた水泳が、今に至るまでずっと人生に付きまとい、その一部のように性体験が含まれていた。身体と肉欲とが密接に関わっているのと同時に、肌が感じる快感に忠実なのも、同じ様な経歴を歩んできた故なのかもしれなかった。




もうお嫁に行けないリベンジポルノ もう外を歩けないリベンジポルノ 誰が見ているか分からないリベンジポルノ びっちゃびちゃお姉さん




山本雪乃 清水富美加 塩ノ谷早弥香 吉田真花 花乃まりあ 仙道さおり 原元美紀 小室淑恵 管加奈 細田博子 大城和恵 川内優子



Boogie In The Dark

2016.08.19.Fri.21:48

つ事に関しては、若い大学生の二人は申し分なかったが、その若さ故に射精も早かった。それに加えて自己中心的な部分が挿入を果たしたのを境にあからさまになり、とにかく挿れては射精し、交代してまた射精する、という事を繰り返した。身体がおかしくなるんじゃないか、というぐらい飽きずにそれを繰り返し、外が白み始めるまでMさんに絡みついてきた。

一方のMさんは、ひたすら男達を受け入れるばかりで、結局一度も絶頂に追いやられる事なく、その交わりを終えた。二人がやっとMさんを介抱してシャワーを浴びたとき、身体がすっかり疲労に囚われた中で、せめてオナニーして自分を慰める以外に方法はなかった。それでも好奇心はある程度満たされたし、様々な勃起に触れる経験を積んだだけで満足する事にした。確実に快楽をもたらしてくれるものを、しっかりとつなぎ止めているのは、そういう時には心強いものだった。

そうやって関係に嵌まる形で3Pを経験させられた事を、ゆりなとその彼氏がセックスをしているのを見ていて思いだしたのだった。ゆりなに、3Pはその時初めてですか、と訊かれて思わず言葉を濁したが、今の自分も半ばゆりな達の計画の渦中にまんまと嵌まっているのだと確信した。あの時と同様、強い欲望のまではMさんはいつも寄り添う結果になってしまうのだ。

ゆりなは、話を聞いているウチに興奮してきた、といって彼氏にクンニを強要し、Mさんの話の最後の方はオマンコを舐められながら聞いていた。その様子を見ながら話を終えたMさんは、若さゆえ、という自分の大学時代とゆりなを重ね合わせていた。同じくらいに肉欲の虜になっていたが、ゆりなは更にもっとディープに欲望に忠実な気がした。あなたはどうなの?と当然のように聞き返したMさんに、ゆりなはウフフ、と意味深な笑いを返して、聞きたいですか?Mさんを見つめてきた。




もうお嫁に行けないリベンジポルノ もう外を歩けないリベンジポルノ 誰が見ているか分からないリベンジポルノ びっちゃびちゃお姉さん




山本雪乃 清水富美加 塩ノ谷早弥香 吉田真花 花乃まりあ 仙道さおり 原元美紀 小室淑恵 管加奈 細田博子 大城和恵 川内優子


Roll And Rhumba

2016.08.18.Thu.17:36

を突き出すと、やはり吸い付くように肉の口が勃起の先端を捉えた。饒舌男が訝しげに、その感触に戸惑っていると、まさしく飲み込まれるようにズブリと勃起が消えていった。Mさんの腰は僅かに動いただけだったが、勃起を宛がわれていた肉がまるで別の生き物のように、吸い付き飲み込んでいったのだ。Mさんの方から導いたような格好で勃起は収まり、続いて饒舌男を強烈な締め付けが襲った。

肉の蠢きに呼応するように、Mさんは全身をくねらせながら艶めかしい声を上げた。その声を聴きながら、今度は饒舌男の方から勃起を半分ほど入れ込む。するとまた、棹に絡みついて前後に擦るような肉の動きが勃起を捉えた。これは、と呟いたまま饒舌男は目を閉じて、そのまま一気に根本まで押し込んだ。それが思わぬ抵抗感を感じて、自然ゆっくりとした動きで中を蹂躙していく結果になった。

やはり、声を出したのは饒舌男の方が先だった。Mさんは貫かれた快感に声を詰まらせただけだったが、その歓喜ももしかすると饒舌男の方が強かったかもしれない。変な感じがする、と饒舌男は感想を述べたが、云って自分の表現の拙さ、不釣り合いな言葉に苦笑した。しかし、その感触はまさに、信じられないほどの体験だったのだ。あっという間に射精した男を今はもう揶揄する気にはなれなかった。

試しに饒舌男が前後にピストンしてみると、Mさんは強く、というよりも硬く勃起を締め付けて吸い付いてきた。Mさんの中で勃起が更に漲るのがわかった。更にピストンを加えると、もうその快感に歯止めはきかなかった。一度放って今はまだ射精感は襲ってこないことを饒舌男は感謝した。その分長く、Mさんのオマンコの中に留めるという幸運に、彼は興奮し、それを身体で表すように素早い腰振りをもう留めることが出来なくなっていた。




もうお嫁に行けないリベンジポルノ もう外を歩けないリベンジポルノ 誰が見ているか分からないリベンジポルノ びっちゃびちゃお姉さん




MOODYZ(ムーディーズ)ch もうお嫁に行けないリベンジポルノ もう外を歩けないリベンジポルノ 誰が見ているか分からないリベンジポルノ びっちゃびちゃお姉さん